原子炉の異なる種類の

この記事を友達とシェア:

原子炉の第一世代はで開発された原子炉を含みます
特に50 / 70年、天然ウランfiliereのもの
フランスと英国のfiliere「マグノックス」の黒鉛ガス(GCR)。
水の原子炉の導入に見られる第2世代(70 / 90年)
(加圧水型原子炉は、フランスのために持っているとして、沸騰水
今公園以上の85%を構成しているドイツと日本)
原子力の世界での電力だけでなく、水の原子炉の設計
ロシア(VVER 1000)およびカナダの重水原子炉はCANDUがあります。
第三世代から引き継いで、ビルドする準備ができました
第二世代の原子炉、EPR(欧州か
加圧水型原子炉)原子炉または沸騰水SWRの1000モデル
FRAMATOME ANP(アレバとシーメンスの子会社)または反応器によって提案されました
ウェスティングハウスが設計したAP 1000。
第四世代、生の産業用アプリケーション
2040に地平線に介入可能性があり、検討されています。

原産地:ドイツのフランス大使館 - 4ページ - 4 / 11 / 2004

無料telechargez PDF形式でこのレポート:
     http://www.bulletins-electroniques.com/allemagne/rapports/SMM04_095

Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *