ピカルディ農業協同組合は、一緒にバイオマスを開発します。


この記事を友達とシェア:

22ピカルディ協同組合は、地域の産業や社会のニーズに沿ったバイオマスサプライチェーンを開発するためにCoopénergie®ピカルディ協同組合を作成しました。

バイオマスは、バイオ燃料、燃料の木材や農産材料を通して彼女について話している時には、22ピカルディ組合がCoopénergie®協同組合連合ピカルディの周りに集まります。 経済的かつ持続可能なバイオマスセクターを作成し、これらの部門のための技術的なツールであることが:ピカルディの農業協同組合の地域連盟(ACBF)のリーダーシップの下で作成され、この協同組合は、二重の目的を持っています。
Coopénergieは、バイオマスプロジェクトに着手することを望む農家や産業や地域社会との間の接続をしたいと考えています。 組合は農家に公正かつ一貫性のある報酬を保証するために、第二に、顧客を終了するには、生存と持続可能な供給を確保するために、まず保証されます。 このためCoopénergieは、ローカルプロジェクトの開発を目的としたバイオマスの管理や流通の組織を前提としています。 Coopénergieは、加盟組合と地域の様々な入札の監視の代わりにバイオマスボリュームを収縮、様々なプロジェクトのためのミッションのリソース・プランを持つことになります。

続きを読みます


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *