市民として召喚された石油会社

パリ(ロイター)-経済大臣は、石油会社にポンプの燃料価格を下げるように依頼すると発表した。

フランス2について尋ねられたティエリー・ブレトンは、彼らが「企業市民」として振る舞わない場合、彼らの利益に対する例外的な税金を除外しませんでした。

彼は16月XNUMX日金曜日にバーシーで「石油部門のすべてのプレーヤー」を集めることを指定しました。そして、それは現在石油価格の高騰のおかげで記録的な結果を示しています。

「状況に応じて、具体的かつ具体的な提案を期待していると伝えた」と、バレルの価格は「XNUMX年で実質的にXNUMX倍になった」と強調した。

「私たちは彼らに企業市民として振る舞うように頼む」と彼は付け加えた。 「たとえば、彼らがポンプの価格を下げること、つまり、例外的な状況に対応する例外的な利益のフランス(…)部分に還元することを想像することができます。 「」

また読みます:  避難したケミカルタンカーの乗組員であるシェルブール沖のXNUMX隻の貨物船の衝突

石油会社はまた、再生可能エネルギーまたは「クリーンカー」プログラムに「大幅に投資する」よう求められる可能性があります。

続きを読みます

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *