石油会社は加算市民であります


この記事を友達とシェア:

パリ(ロイター) - 経済大臣は、彼がポンプで燃料の価格を下げるために石油会社に依頼すると発表しました。

France 2についての質問によれば、Thierry Bretonは「企業市民」として行動しない場合、利益に例外的な税金を除外しませんでした。

同氏は、9月の16バークで「石油業界のすべての選手」に集まり、石油価格の高騰により過去最高の記録を残していると語った。

「私は状況がそれを必要とするため、私は彼らから、具体的な有形提案を期待することを彼らに言った、」言った原油価格がいたことを強調大臣、「実質的に1年で倍増しました。」

「企業市民として行動してもらうよう求める」と付け加えた。 「例えば、それは、彼らはポンプで価格の減少を実践していると考えられる、それが戻って、フランス(...)に例外的な状況に対応する例外的な利益の一部を与える、と言うことです。 "

石油会社はまた、再生可能エネルギーやクリーンカーのプログラムに「大幅に投資する」よう勧めることができます。

続きを読みます


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *