藻類食い入る二酸化炭素

この記事を友達とシェア:

二酸化炭素は、しばしば批判、しかし、有用な資源になることができます。 実際、化石燃料によって生成さCO2を悪用するために使用される異なる戦略が研究にあります。
したがって、実験室ブリンディジENEL Ricercaは、クロロフィル、光合成で吸収微細藻類の開発を加速するために二酸化炭素を使用する可能性を検討中です。 同じこれらの微細藻類は、その後、貴重な化学化合物を抽出したり、燃料を得ることができます。
Gennaro De Michele, le responsable du projet, explique :  » Dans notre laboratoire, nous sommes en train d'experimenter la possibilite de realiser des cultures de micro-algues en environnement de croissance enrichi, avec un taux de dioxyde de carbone egal a celui present dans les fumees des usines ». Il serait donc possible d'alimenter les bassins ou sont cultives les vegetaux directement avec les rejets des centrales. De Michele precise : « Nous travaillons actuellement avec l'algue Phaeodactylum tricornutum, qui a
非常に興味深い特性の。 この植物抽出物は、確かにオメガ3のファミリーに属する我々の組織のための貴重なより多くの多価不飽和脂肪酸です。 また、藻類バイオディーゼル」を抽出することが可能です。
有用な微細藻類の培養液に二酸化炭素を使用するアイデアも世界の他の国で続いている:米国例えば、二酸化炭素環境に富む微細藻類の培養は、すでに存在しています、このようなアプリケーションは、ブラジル、インドに示されています。
「我々は実験段階にまだある - デ・ミケーレは説明しています。 しかし、今日すでに実験室で、二酸化炭素の高濃度の存在下で、当社の微細藻類は、より速い3時間を育ちます。 「
しかし、このパスは、二酸化炭素の問題に対する包括的なソリューションではありません。 ミケーレは言う: "これは彼が異なるパラメータを持って行動しなければならないで非常に複雑な課題、次のとおりです。最初、設備の性能、再生可能エネルギーの利用、そして最後に、貯蔵および使用二酸化炭素。
Cette derniere voie est tres interessante et peut mener a l'obtention de composes chimiques precieux, comme les polycarbonates par exemple ; a produire de l'energie renouvelable sous forme de biomasse ; ou encore a produire des roches dans lesquelles le dioxyde de carbone serait definitivement fixe. La culture des micro-algues est l'une de ces voies mais, meme si elle etait utilisee pour la production d'un biodiesel, elle absorberait seulement une petite partie de la production globale de CO2. « 

ソース: イルソーレ24鉱石、11 / 11 / 2004


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *