石油資源の枯渇:グローバル社会をどのように再編成するか?

このテーマをより正確に定義するために、OMNISスクール(ストラスブールビジネスアンドマネジメントスクール)のマーケティング、管理、コンサルティングの専門マスターの第3サイクルの学生が会議を開催しました。

これは、3ラウンドテーブルと2通信を中心に行われ、さまざまな視点に従って、この避けられない現象のサポートを扱います。

  • 1eラウンドテーブルは、石油資源の枯渇の経済的および戦略的側面に関係します。Bariland Brentの過剰引用の問題、OPECの将来、その設立国および石油グループです。
  • しかし、また、世界経済への影響はどうなるでしょうか、資本主義モデルは疑問視されますか?

  • 2eラウンドテーブルは、フランスの消費者システムと企業の生産システムの真の変化の政治的意思に関する主要な質問を含む、政治分野に対応します。 財政措置は、国内および欧州レベルで具体的かつ迅速に実施できますか?
  • 最後に、3eラウンドテーブルは、生態学的な観点から、石油に代わる新しい代替エネルギーの出現を扱いますが、将来のエネルギーはありますか?
  • また読みます: ステファン・ヘッセル、ナントのスピーチ。 グローバル社会について分析します。

    さらに、プログラムには2つの通信があります。

    -第一ラウンドテーブルを導入するもの:したがって、石油資源の枯渇が世界経済に与える影響に関する石油戦略の専門家の提供に関係する。

    -環境に関する2番目のコミュニケーションと、第3ラウンドテーブルを導入するために必要な温室効果ガス排出の危険性に対応する緊急の必要性。

    日付と場所:水曜日30 11月2005、パレスオブミュージックアンドストラスブールコングレス。

    コメントを残します

    あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *