"Bonus-Malus"が返す...

この記事を友達とシェア:

ドミニク・ド・ヴィルピンは木曜日、1erの1月からグレイ・カードが「自動車の汚染の性質に依存する」と発表し、最も汚染された車のための「ボーナス・マルス」の形を再開した。

首相は、「他の車両については、この数値は中立である」としながら、「8%の車両ではグレーカードの倍増を意味する」と述べた。

そのサービスによると、キロあたり140 CO2グラム以上を放出する唯一の車両は、グレーカードの現在のコストに加えて課税されます。それゆえ支払うために、最も汚染の車のための唯一の「ペナルティ」になります購入一回。

首相が提起した最高税の8%が非常に大きいセダン、ミニバン、すべてがキロあたり4 CO4 gより多くを放出するいくつかの最も200X2、です。

フランスの自動車製造業者委員会(CCFA)のマニュエル・ゴメス会長は、「最大の自動車は最も罰せられるが、これはフランスのメーカーのオファーではない」と述べた。

しかし、140 CO2(20ガソリン車の%と40に登録されているディーゼル車の2004の%)の少ないグラムを発する車両用のペナルティやボーナスはないだろう。

続きを読みます

ディスカッション・フォーラムに参加

Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *