"Bonus-Malus"が返す...


この記事を友達とシェア:

ドミニク・ド・ビルパンは、登録文書が1月1erのように「公害車に基づいて」されることを発表し、木曜日「ボーナス・マルス」で最も汚染の車のためのフォームを復活させました。

内閣総理大臣は、「8%の車両については、これは登録カードの量を倍にする」と述べているが、「他の車両については、この措置は中立である」と述べた。

そのサービスによると、キロあたり140 CO2グラム以上を放出する唯一の車両は、グレーカードの現在のコストに加えて課税されます。それゆえ支払うために、最も汚染の車のための唯一の「ペナルティ」になります購入一回。

首相が提起した最高税の8%が非常に大きいセダン、ミニバン、すべてがキロあたり4 CO4 gより多くを放出するいくつかの最も200X2、です。

「大きな車はほとんど罰せされ、金はフランスのメーカーのオファーの心ではない、」木曜日のフランス自動車工業(CCFA)マヌエル・ゴメスの社長は述べています。

しかし、140 CO2(20ガソリン車の%と40に登録されているディーゼル車の2004の%)の少ないグラムを発する車両用のペナルティやボーナスはないだろう。

続きを読みます

Participer au débat sur le forum


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *