「Bonus-Malus」は...を返します。

Dominique de Villepinは木曜日に、最も汚染の多い車のために「ボーナスマルス」の形式を再開し、グレーカードは1月XNUMX日から「車の汚染の性質に依存する」と発表しました。

首相は、「車両の8%の場合、これは車両登録文書の量のXNUMX倍に相当する」と指定し、「他の車両の場合、この措置は中立になる」と指定しました。

そのサービスによると、グレーカードの現在のコストに加えて、140 kmあたり2グラムを超えるCOXNUMXを排出する車両のみが課税されます。したがって、最も汚染された車両に対してのみ「ペナルティ」が課せられます。一度だけ購入してください。

首相が言及した最も課税された8%は、非常に大きなセダン、一部のミニバン、およびほとんどの4X4であり、これらはすべて200 g CO2 km以上を放出します。

「最大の車が最も罰せられるだろうが、これはフランスの製造業者の申し出の核心ではない」とフランスの自動車製造業者委員会(CCFA)のマヌエル・ゴメス委員長は木曜日に観察した。

また読みます:  エアコンはCO2を持っています

一方、CO140の排出量が2グラム未満の車両(20年に登録されたガソリン車の40%とディーゼル車の2004%)には、ペナルティやボーナスはありません。

続きを読みます

の議論に参加する forum

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *