川崎重工業が液体水素容器を開発

カワサキヘビーインダストリーズは、公道でテストされた液体水素コンテナを開発したと発表しました。 液体水素の量は、常圧での気体水素の量の800分のXNUMXであり、水素経済の発展を考えるとかなりの利点があります。

カワサキのコンテナは6 * 2,4 * 2,6メートルの大きさで、14,65立方メートルの水素を収容することができます。

タンクの断熱により、蒸発による製品の損失が0,7日あたりXNUMX%未満に減少します。

路上試験は、天崎の工場から東京の補給所までの輸送で構成されました。 日本の会社は40立方メートルまでの貯水池の開発を計画しています。

出典:Japan for Sustainability、26 / 04 / 2005
エディター:Etienne Joly、transport @ ambafrance-jp.org
361 / MECA / 1578

また読みます:  BioRafinerie:油を木に置き換えますか?

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *