川崎重工業が液体水素容器を開発


この記事を友達とシェア:

川崎重工業は、公道試験を完了した液体水素容器を開発したと発表しました。 液体水素の体積は、常圧での気体水素の体積の800倍であり、水素の経済の発展を考慮すると、かなりの資産です。

Kawasakiコンテナは、6 * 2,4 * 2,6メートルを測定し、14,65立方メートルの水素を収容できます。

タンクの断熱により、蒸発による製品の損失を1日あたり0,7%未満に減らすことができます。

道路試験では、工場を天崎から東京の補給ステーションに輸送しました。 日本企業は、40立方メートルまでのタンクの開発を計画しています。

出典:Japan for Sustainability、26 / 04 / 2005
エディター:Etienne Joly、transport @ ambafrance-jp.org
361 / MECA / 1578



Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *