日本:2004年のハイライト

地球環境戦略研究所による調査によると
地球環境戦略研究所(IGES)、日本は
分野の2004メインイベントによって6をマークする
環境:

-自然現象によって引き起こされる重大な損傷(
夏の暑さ、台風の記録的な数、新潟地震);
-廃棄物リサイクルと3Rの開発(削減、再利用、
リサイクル);
-KEPCO原子力発電所での事故。
-外来種に関する法律の施行。
-スパの健康問題。
-京都議定書の発効と温室効果を低減するための措置に関する勧告の改訂。

この調査では、アジア各国の2004の環境分野における主な出来事をまとめています。
法律、自然災害の管理、管理およびリサイクル
廃棄物、生態系保護、水管理、または持続可能な開発のための国際プログラム。 この研究はIGESから入手できます。

また読みます: ジュネーブの会社が植物油を回収してディーゼルを製造

コンタクト:
-3Rイニシアチブ:http://www.env.go.jp/earth/3r/en/
-美浜原子力発電所の事故:
http://www.kepco.co.jp/english/index.html
-スパ:http://www.shirahone.org/(日本語)
-外来種:http://www.env.go.jp/en/topic/as.html
-首相府(旧バージョンの勧告):
http://www.kantei.go.jp/foreign/policy/ondanka/index_e.html
出典:アジアの環境に関するIGESトップニュース
編集者:Olivier Georgel、olivier.georgel @ diplomatie.gouv.fr
参照:357 / ENV / 1446

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *