クリストフ・マーツインタビュー


この記事を友達とシェア:

水ドーピングについてクリストフ・マーツインタビュー(1ere部)

アクションオートモトを示すためにとカティアルフェーブルが実施した水ドーピングについてC.Martzとのインタビューの全文は、書面に貢献しました cetteのページ

このページのすべての事実と数字は、問題の記事は、より詳細にこのインタビューを議論していなかったことを証明し、本当の同情されています。

あなたは(私の書面による同意を得るために、条件付きで(口頭または書面)出版物や今後のブロードキャストにこれらの質問を使用することができます 私に連絡 ).

インタビューのスタート

カティアルフェーブル:どのように電力を損失することなく消費の増加を説明することができますか?

クリストフマーツ:特定の条件に注入された水の一定量は、内燃機関の燃焼を向上させます。 ゲームの現象は、自然の中で、複数あり、ビルダーは密接に問題を研究してきたことは確かです。 、電力を損失することなく粒子とNOxの大幅な低減を可能にするこの研究の最も具体的な例であるaquazole、...あまりにも悪いそれがより普及していないです...(少なくとも公式に)

KL:どのように多くリットルの水100キロには、パントン・プロセスを搭載した車両を消費しますか?

CM:これは明らかに、アセンブリとエンジンの質...だけでなく、車両の運転条件に依存...非常に可変です。 我々はまだ残酷なフィードバックの欠如が、値は5と燃料消費量の25%の間です。

KL:水がないようパントン搭載した車両は、それが「普通に」働くことができますか?

CM:はい。まあ、単に蒸発器それ以外の場合は、フィルタリングされていない空気が吸い込まれることになる前に、エアフィルタを置くために注意を払います。

KL:パントン備えるエンジンの寿命は何ですか?

C.M. : Nous n’en avons aucune idée puisque nous manquons de recul pour le moment mais une chose est sure : de nombreux expérimentateurs ( sur tracteurs agricoles notamment ) ont constaté que leur huile moteur se « salissait » moins vite ( ceci est une preuve flagrante d’une meilleure combustion ) et que leurs moteurs « fatigués » retrouvaient des performances honorables tout en polluant beaucoup moins qu’avant la transformation ( au moins sur les suies et fumées noires ). La Zx-Td modifiée par Olivier a déjà réalisé plus de 20 000 km. En mécanique quand un système modifié doit casser il casse généralement assez rapidement.



KL:パントンシステムの重量は何ですか?

CM:再びそれは実装の品質に依存します。 市場上の任意の産業用キットが存在しない場合には、我々は正確にお答えできません。 基本的には、約十キログラム(水なし)の質量は、システム内で予想されます。 一般に、これはシステムの批評家の引数である:その消費と汚染を減らすために、車両の重量を量ります。 あなたは新しい車の平均質量は、とりわけ、のために同じ理由を成長し続けることを考えると、この引数は明らかに許容されません。 触媒コンバータおよび凹部を行くすべての管理は、従来の鍋よりもはるかに重い重量を量ります。

KLは:私たちは、新しい車両に適合することはでき、それは、触媒コンバータとターボチャージャーを搭載したと言うことでしょうか?

CM:モンタージュはDCIについて行った:10%の消費量増加が観察されました。 触媒コンバーターの面で、短所、余分な水蒸気排気ガスのリスクに(または注入された水が冷たすぎる場合、またはシステムが正しく設定されていないときに未燃焼のガソリンエンジンを遅くする)ための変換する際に問題を引き起こします。 メーカーとのさらなる研究は、この仮説を確認するか、反論することがあります。

KL:いない場合は、我々はアフターマーケットのために古い車両でこの種の技術を予​​約しませんか?

CM:結果は、おそらくより良い燃焼レベルを最適化されている新しい車よりも古い車両に、より興味深いものになります。 上記の言ったようしかし、コモンレールの車両の組み立てが動作しているようです。 彼らはシステムに興味を持っていた場合、何ができるビルダーのようになります。最後にすべてが資源や研究の質問はされますでしょうか? しかし、おそらく彼らはすでに自分のボックスに、より良い解決策がありますか? 証明:シトロエンECO2000 1983で、3キロにガソリン100Lを消費していること。

K.L. : Dans le cas de la voiture testée par TF1 le 15 novembre dernier, la consommation « naturelle » de la voiture est à la base anormalement élevée (11,7 l au 100 km). Doit-on vraiment regarder sa baisse de consommation comme spectaculaire ?

CMは:確かにこの消費量が上昇していると私は(この報告書のプレゼンテーション中私のウェブサイト上のコメントで述べています このページを参照してください。 )。 それにもかかわらず、それは重要であり、それは、再び、20%の消費削減を確認実現比較測定です。 10年間でBMWに同僚オートプラスによって確認さ対策( このページを参照してください:記事のautoplus )。 しかし、本当の問題は:20%は個人によって得られるのであれば、どのビルダーを得ることができますか?

続きを読みます


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *