クリストフ・マーツ一部2インタビュー


この記事を友達とシェア:

水ドーピングについてクリストフ・マーツインタビュー。 (2ièmeパーティー)

1èreパーティーをお読みください。

カティアルフェーブルが実施した水ドーピングについてC.Martzとのインタビューの全文は、書面に貢献しました アクションオートモトでパントンエンジン

このページのすべての事実と数字は、問題の記事は、より詳細にこのインタビューを議論していなかったことを証明し、本当の同情されています。

あなたは(私の書面による同意を得るために、条件付きで(口頭または書面)出版物や今後のブロードキャストにこれらの質問を使用することができます 私に連絡 ).

継続とインタビューの終わり

KL:まだTF1によってテスト車の場合(水なし+燃料混合物、で唯一の水バブラーがある)、私はかなりAquazolの原則との違いを理解していません...

(私の知る限り)不在の熱交換器のパントンを経由して水でドーピングに関連する研究では、私は結論することができませんでした。 そこに実際には大きな違いがありますが、原則は一般的なようだ:水の存在や汚染物質と消費こうして還元による燃焼改善します。

Aquazolについて私は(引用します このページを参照してください。 ):
« On constate, par des mesures effectuées sur des cycles normalisés (…) pour un carburant EEG comparé avec le gazole entrant dans la formulation de l’EEG :
- 15 30%のNOx排出量の削減。
- 30 80%の煙やすすの減少;
- 10%80粒子排出量の削減。
(...)
Rapportée à la base « gazole », on observe une légère tendance à la réduction de la consommation énergétique de 2% environ, explicable par une combustion plus complète des hydrocarbures en présence d’eau et conduisant ainsi à une légère amélioration du rendement. »

違いは、ドーピング、燃料と水のケースに格納され、独立して注入される、という事実にあります。 技術的には、これは利点(設定するには、乳化安定性の問題はない、ない流通ネットワーク...)だけでなく、欠点を(車両の変更のための二重タンク違法性を必要とする...)を有しています。

また、重要なのは、減少し、消費の面で結果がAquasoleより我々の場合には(20%に)もっと面白いように見えます。 補完的な技術的研究を正確パントン反応器を介して水ドーピングの原理を特徴づけるために必要とされます。

KL:水のクラッキングは、両方の圧力レベルの暑さの中で、取得するのは非常に難しい熱化学プロセスです。 私はインターネットを理解して考えとして、普通の水の注入とパントンの違いは、それはあなたが水素の存在を見つけていないということですか、水を分解することにある場合あなたの経験で?

C.M. : Parce qu’il n’y a pas d’hydrogène en sortie du « réacteur » ( ou trés peu, 1 à 2%, mesure effectuées dans le cas où des vapeurs d’essence passent dans le réacteur ). C’est pour cela que je préfere parler, dans le cas du dopage à l’eau, d’échangeur ( jusqu’à que l’on prouve qu’il s’y passe autre chose qu’un échange thermique ). Mais, d’un autre coté, il faut savoir que l’eau crackée ne prend pas forcément la forme d’O2 et d’H2, il y a d’autres possibiltés…énergétiquement plus intéressantes que l’hydrogène de forme H2…

KL:私はまた、私はそれがもたらすかもしれないものを理解していない、この1が低い...地磁気への参照を含む、私に軽薄登場し、インターネット上でいくつかのことを読んでください。 強力な磁石を入れていない理由を磁化するかどうか?

C.M. : Plusieurs expériences ont montré que la mise en place d’aimants ou d’autre artifices pour augmenter le champ magnétique n’ont pas amélioré le fonctionnement du « réacteur ».
交番磁界の確立によりに対して面白いもの(励起周波数の変動と速度変動)を示しています。 ここでも、研究が不足しています。

KLは:深刻なものがある場合は、教えてもらえますか?

C.M. : Oui et non, la composante magnétique existe mais elle n’est pas si flagrante et semble plus être une conséquence ( frottement de la vapeur dans un espace restreint ) qu’une raison d’une « réaction ». Ceci, comme d’autre abérations que l’ont peut lire sur internet, fait du tord au système…Mais il faut dire que le premier détracteur est Pantone lui meme. Par exemple, il prétend qu’il y aurait un phénomène de fusion froide et que l’on peut traiter des déchets nucléaire via son réacteur…Ceci n’est pas très sérieux surtout qu’il n’est pas capable de prouver ce qu’il prétend.

KL:そして最後に、あなたは深刻な数字の不在やパントンに緩い情報難解な制限害の存在だと思いませんか?

CM:はい凹部と私は強く非難します。 しかし、実際には、エンジンメーカーは、唯一の本当に深刻な事をする余裕がある人は本当に興味を持っていないようだ(まだ彼らは今...自分自身に多くの特許SSUR、改質水を注入するか、ボード上を導入している)ということですいずれにせよ、彼らはBEのプロセスとは独立して動作しません。 私は助けを求める連絡公共機関は、単に私に答えていません...

KL:私はジェラール・Belot、パントン上のPSAエンジニアに尋ねました。 それは彼が言ったことを読み取ることがあなたを驚かないだろう: "!それはそれが存在することをそこに長い時間を働いていた場合」
私は彼が問題に対処するために受け入れるためにかかるだろうか彼に尋ねたとき、彼は答えた:「誰かが私に提案が最初の特許とそのメートルを含ませる必要がありますサポートの専門知識UTACで、システムの動作を示している...このような場合は、見て!」

C.M : Argument détracteur classique mais non pertinent puisque PSA a evidement fait des recherches internes sur le Pantone. En effet; leur système de vieille leur impose de faire des recherches avec tous les systemes qui « trainent » sur le net ou ailleurs. D’ailleurs une vingtaines d’ingénieurs et techniciens de PSA sont allé voir un des tracteurs dopé à l’eau…Si cela ne les intéressait pas, croyez vous qu’ils se seraient déplacés ?



Une autre source, d’un ingénieur consultant externe, confirmerait leur intéret pour le système. Enfin, j’aurais une réputation, dans leurs services, de « fouteur de merde »…

最後になりましたが、おそらく最も関連性:改ボードと水注入に多くの特許は、現在、PSAまたは他のエンジンメーカーが提出されています。

さて、戻って自分の研究のために、私は明らかに彼らが行ったどこまで知りません。 私は彼らの研究の結果を知りません。 たぶん、彼らはまだ進行中ですか? 入札制度の関心が急速に限界が他の技術と比較して発見したので、多分それはすぐに放棄されていましたか? おそらく、そこに彼良い結果が、より不明瞭な理由のために使用できませんか? (状態の関心、理由のグループ、彼の車に水を入れて、ドライバのためのpsycologique外観...)または任意のまだI?

誰もがだまされていないと誰もが強いcolusions状態Petrolier-Builderとエネルギッシュなconsomationsに金融棚ぼたを知っているされています。 炭鉱事業者や蒸気機関construteursは、第1の熱エンジンビルダーを助けたことをあなたを信じますか? 明らかではありません...

1は、フランスでの風力発電の哀れな開発は良い例です...革新と発展のボトルネックは、おそらくエネルギーの分野で克服することが最も困難である、と言うかもしれどのような...ないだろうそれは、偶然、原子力発電の利益団体に関連していませんか?

KL:あなたはあなたの研究に持っていますかUTACによって汚染物質の分析でありますか? そして、あなたの結論は何ですか?

CM:ないUTACことではなく、単純な技術的なコントロールセンターではありません:すべての結果と結論されています このページでは そして、私の中で エンジニアの報告

私の結論? このように深刻な更なる調査を必要とする、有望が、ポイントから遠いプロセス...

私は助けのための呼び出しを起動するが、彼らは無駄なようです...


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *