ルノー21への水注入

コメントについては、まず最初にお知らせします。エンジニアリングの学生レポートは、私の夜と休暇の週のベッドサイドブックであり、自分自身を置く前にこれらの現象をよりよく理解することができました。実際には、リアクターの位置決めに4時間かかります(APTEから購入)。 それから私はこのバブラーを冷却液による加熱で4ヘクタールを費やして(これは私にはもはや役に立たない)、それから車以外で非常にうまく機能する電子自動充填をセットアップしたと言わなければなりません(私は苦しんだ...大衆に-があるので...)
そして解決策を探して私は車のメンテナンスをしました、そしてオイルフィルターを適切に分解することが不可能でしたので:BULLEUR A VIRER
そして、私は3時間でキャブレターベース(シンプルさを保証)で開始しました。ブリッジがないことを確認できないため、写真を除いてトリックが実行されました。いくつかの調整:完全にチョークし、ブッシェルを最大に開きます。そして、50cl / 100kmの水を消費し、明らかに燃料経済の18〜28%を与えるエアフィルターとしての大きな布(まだ進行中)私はそれをするのは私の妻であることを指定しますは85km /日の仕事に行くのに最もよく使われ、彼女はエンジンがより流動的で応答性が良く、より良く動作することを発見しました。私はフルニュートラルでテストを行いました。 200回転/分ずつ増加しますが、私はそれを長引かせませんでした。 残りの部分については、少し時間があればすぐに日産バネットを装備します。必要に応じてお知らせします。
じゃあまた会いましょう

また読みます:  Gillier Pantone水ドーピング計画とディーゼルエンジンに関するアドバイス

ルノー21への水注入

Forum ドーピング実験とアセンブリおよびエンジンへの水注入

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *