オペルコルサ1000上の水噴射


この記事を友達とシェア:

ボンジュールàTOUS、
私は私のコルサのpantoniser 1000で忙しいんです。
反応器は、マニホールドと排気に装着されています。
二次噴射ランプは完了です。
反応器の混合物を吸引することができるガスのバタフライの前の部分が完成します。

これを行うことが残っています。

電子ボックスが豊かまたはその混合物を貧しくします。
ステンレス製の水バブラー。
排気ガスを作ります。
アセンブリの配管を接続します。
バルブのセットは、テストを変化させます。
それをすべて設定します。

簡単に説明します:
1)2つの調整可能入力(空気/排気)と水のバブラー
蒸気がに送信されます。
2)二ランプ4噴射ガソリンインジェクタ。
アイデアは、燃料油又は灯油を送信することで、ひまわり油であることができます...
電子制御は、インジェクタ制御パルスを長くまたは短くするために第2の直列ボックスとオリジナルケースに含まれています。
このランプは、蒸気と混合気化した燃料油を出力し、全体を反応器に送られます。
すべてのパラメータが調整可能です。
3)排気を通過し、コレクタを通って出るリアクタ。
コレクタと元の排気を除去し、1部屋の家を交換しました。
4)ガスの船首上記の元の部分はプラスチック製で、金属片の自家製によって置き換えられています。
反応器出口ガスの間のこの部分によって。

オリジナル噴射システムは保持され、コックピット内のスイッチのフリップによって、いつでもoppérationnelです。

出来上がりの卸売。


次のとおりです。 オペルコルサ1000上の水注入アセンブリ

すべてのパントンの備品にアクセスするにはここをクリックしてください

Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *