インド:認定水素エネルギープロジェクト

国立水素エネルギー委員会である国立水素エネルギー委員会は、水素エネルギープログラムの第1段階である水素のプロジェクト、生産、貯蔵、流通、および使用を明確にしました。 このプログラムは、3年間で4,5億ルピー(約82百万ユーロ)を受け取ります。
同時に、公的資金のために、タタ・ソンズ、マヒンドラ&マヒンドラ、またはインド産業連盟などの民間部門との協力が求められています。 非従来型エネルギー省の顧問であるSK CHOPRAは、水素が輸送部門で迅速に使用されると述べた。 実際、2005では、インドの石油会社であるIndian Oil Corporationが、公共交通機関であるHyathane(現在使用されている圧縮天然ガスと10%の水素の混合物)、および2006で30%期待されています。

出典:ヒンズー教徒、16 / 09 / 2004
エディター:ROBIC Erwan

また読みます: 石炭は米国に戻ります

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *