インド:エネルギーのプロジェクト認可水素

この記事を友達とシェア:

水素エネルギーのための国民評議会はインドだった、国家水素エネルギー委員会は、プロジェクト、生産、貯蔵、流通および水素の使用、水素エネルギープログラムの第一段階を明らかにしました。 このプログラムは、3年間で(€4,5百万程度)億ルピーを82ます。
同時に、研究の公的資金はタタ・サンズ、マヒンドラ&マヒンドラ、インド産業連盟を含む民間部門とのコラボレーションを証明し。 SKチョプラ、非従来型エネルギー省のアドバイザーは、水素は輸送部門で急速に使用することを指定します。 実際、2005で、インドの石油会社、インディアン・オイルは、公共交通機関のために開始します、Hyathaneは、混合物は、現在使用されて湿布を天然ガスと水素の10%を持っており、ここで2006 30%は混合物でした期待されます。

ソース:ヒンドゥー教、16 / 09 / 2004
エディタ:ROBICエルワン


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *