モーリシャスは、風力エネルギーを開発したいです


この記事を友達とシェア:

太陽エネルギーとバガスや石炭から製造した後、モーリスは、再生可能なエネルギー資源を最大限に利用できるように、その国の政策の一環として、風に変わり、PANAは水曜日、政府のソースから学びました。

Des discussions sont en cours actuellement à ce sujet entre le « Central Electricity Board » (CEB), fournisseur unique d’électricité dans l’île et la compagnie indienne Suzlon Energy Ltd, dans le but de créer un parc de production d’électricité à partir d’installations éoliennes à Bigara, dans le centre de l’île

世界市場で石油製品の絶えずコスト上昇与えられた再生可能エネルギー源の利用を好む国家政策と政府当局者によると、このフレームワークのアプローチ、。 また、この分野への投資を奨励するために、モーリシャスとインドとの間で締結された契約と一致しています。

« Ce parc de production d’électricité va comprendre une vingtaine de turbines éoliennes d’une capacité de production de 25 mégawatts. Mais l’électricité produite dépendra de la vitesse des vents dans la région concernée », a-t-il fait ressortir.

風力エネルギーは、風力タービンが1987後に放棄される前に、国連開発計画(UNDP)の支援を受けて、17、南部のグレートベースンにインストールされたモーリシャスに新しいものではありませんスペアパーツの供給問題に起因する動作のヶ月。

ロドリゲス島はキロ北東のモーリスと従属、それを持って、350以来3のタービンを持つ小さな生産工場を2003します。

島での電力生産の約56%が重質油によって提供され、水によるバガスと石炭と39%以上5%は、タービンを回します。

ソース


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *