京都のアイデアは、将来のために彼のチャンスを失います


この記事を友達とシェア:

モスクワ、1月9 - RIA通信社のためのタチアナSinitsyna解説。 京都議定書に早くも勝利を収めたと考えられ、2005年はノートにはるかに悲観的な終了します。

雰囲気に人間の影響を軽減し、気候変動を防ぐためにと呼ばれるこの最初の国際プロジェクトの運命はますます不確実になります。 2006の見通しは暗いです。 多くの専門家は、このユニークなプロジェクトの将来についての彼らの懸念を表明しました。

悲観的な予測は最近、モントリオールでの国連気候変動枠組条約締約国会議の11eセッションに参加したセルゲイKouraïev、ロシアの生態センターの従業員によると、ベースとしています。 「京都議定書」という言葉を聞きたくない米国政府の厳しい立場を思い出すだけで十分である。 アメリカ人は、彼らが気候変動枠組条約締約国会議の11eセッションの症状を参加として、モントリオールに来る前に言った、彼らはの最初の会議のプログラムを議論しないだろう京都議定書締約国。 」京都議定書の制度的基盤を発展させるためのロシアの遅れもまたマイナスの役割を果たした」とKurayev氏は述べた。

しかし、モントリオール会議は、いくつかの進歩を遂げました。 自分たちの利益を守る京都議定書の150の署名の間の活発な議論が、自分たちの権利のインチを得るために拒否し、最終的にはマラケシュ合意の採択につながりました。 アコードは、合法的に温室効果ガスの排出量、共同実施プロジェクト、引当金の取引等の実現の観点を占め設定しました 協定はまた、酸素供給を与えられた森林大国への追加の排出枠の付与を規定し、これは直接ロシアに関係します。

国連文書として京都議定書の実現への道を舗装マラケシュ合意の採択。 しかし、個々の国の具体的な義務は、まだ検討中です。

2012は非常に鮮やかた後、先進国の温室効果ガス削減の第二トランシェを定義するための交渉の開始に関する議論。 国はこれらの交渉の形と方法に関するこの点やアイデアには具体的な提案を持っていません。 当事者はまた、将来の約束を露出させ、機構のボランティアの約束を対処開発するために、特別なワーキンググループを設置することで合意しました。

京都議定書はモントリオールで完全に動作になっていることを考えると。 温室効果ガスや大気の汚染の主要排出国 - しかし、それは米国、中国、インドのない効果的なのでしょうか? 彼らは京都議定書に付着し、ロシアがEUによって示され、サポートされている熱意が十分でないこともありません。 アメリカ人は排出量を削減するための国家の措置をとることを言います。 そして新興国 - インドと中国は - まだ先進国に遅れているそれらをキャッチする必要性を主張します。 これは、京都プロセスのほとんどチャンスを残します。


ソース: Novosti


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *