Hydroliennes:CNRSの意見

CNRSの研究ディレクターであるJean-Luc Achardは、潮turbineタービンの開発を研究しています

キーワード:再生可能エネルギー、水力、水力、回収、使用、海流、海、潮、潮流、風力タービン

「風力タービンに匹敵する可能性」

Jean-Luc AchardはCNRSの研究部長であり、グルノーブルのLEGI(地球物理学および産業フローの研究所)内で働いています。 彼はそこで特定のタイプのタービンの開発を特に研究しています(Harvestプロジェクト)。

XNUMX世紀から、ブルターニュで最初のタイドミルが作られました。 今後数年間、私たちは水中の流れを利用するための新しいシステムに賭けるべきですか?

ランスの潮力発電所は巨大なプロジェクトでした。この種のプログラムを妨げるのは初期投資のコストであり、これはかなりの量です。 重いプロジェクト、たくさんありました。 すべては、土木工学の財政的重さ、つまりコンクリートのために放棄されました。 問題は常に投資収益率の274つです。 また、ランス工場などのインフラストラクチャーでは、環境への影響もあります。水路が変更されました。 動植物は異なります。 カナダの会社がフィリピン政府に提案した「潮橋」は、サマール島とダルピリ島を結ぶ橋であり、1970基のタービンがコンクリートの過剰なコストの理由で放棄されました。航路へのアクセスがより困難になる可能性がありました。 したがって、潮のエネルギーの使用に関する特定の懐疑論はXNUMX年代から導入されており、多くのプロジェクトがカードに残っています。

カードを「表示」できるプロジェクトは何ですか?

また読みます: 太陽エネルギーの紹介と定義

私たちは現在、イフレマーとの関係で、非常に興味深いと思われるサイトでの研究を検討しています。 。 毎秒5メートルの潮に達することができます。 難点は、各サイトについて、非常に完全な評価を実施する必要があることです。 たとえば、潮流が逆さまになるリスクがある場合、漁師、サイト周辺に住む人々の経済全体が危機にatしています。 raz Blanchardの場合、「取る」ことができる一定量のエネルギーがあります。数値モデルによって補完されたフローの測定値があります。 しかし、注意する必要があります。 1974年、イフレマーの祖先によって研究が行われました。 平均電流が毎秒2メートルの場合、直径390メートルの10台のタービンをrazに装備することが計画されていました。 電力生産はランスの生産と同等だったでしょう。 当時、このプロジェクトは採算が取れないと判断され、放棄されました。 ステークの認識は異なり、それは多額の投資を意味しました。
米国では、コリオリと呼ばれる別の潮力タービンのプログラムが研究されていました。それは、フロリダ沖の湾流に242の潮力タービンを置くことを含みました。 これはすばらしい巨大なプロジェクトでした。ローターの直径は91メートルでした。 その後、プロモーターは機械的抵抗の問題があることに気づき、タオルを投げました。 さらに、メキシコ湾流の流れに影響を与えるリスクがありました。
今日、私たちはこの種のプログラムを夢見ることなく残すことができます。 理論的に利用可能な運動エネルギーのみに基づいて引用された数値は重大ではありません。 潮流の可能性は、風力タービンの可能性よりも大きいと思われますが、それでも匹敵します。 せいぜい、これは2050年までに大規模な水力セクターを概算することになります。これは、たとえばフランスのエネルギーの13%を表します。 また、私たちはいつどこから始めたかを常に念頭に置いておく必要があります。現在、再生可能エネルギー部門はフランスのエネルギーのわずか2%にすぎません。 しかし、例えば中国では、エネルギー需要の爆発に直面して、再生可能エネルギーのみで対応すると想像するべきではありません。 確かに、安全な原子力に再投資する必要があり、上流で長寿命廃棄物の処理とエネルギーの節約を統合します。 そして、エネルギー源を組み合わせます。

また読みます: ダウンロード:ソーラーモーター:ミントホイールのプロトタイプ

ヨーロッパで最も有望なサイトは何ですか?

サイトを使用するには、電流が1,50メートル/秒を超えている必要があります。 フランスの場合、彼らはコタンタンとブルターニュの北海岸に位置しています。 ヨーロッパで最も注目すべき場所は、主にイギリス諸島周辺です。ウェールズ南部(特にこの国の北西部と南西部のフィニステール)からアイルランドとスコットランドの北部までです。 。 しかし、イタリアのエネルマールプロジェクトの興味深い試みにもかかわらず、メッシーナ海峡の流れのエネルギーを捕らえるために、地中海側に期待することはあまりありません…

2005で行われたインタビュー

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *