光電気化学太陽水素またはPEC

PECハウス:太陽水素電池プロジェクト による BE de l'Adit

厳密に言えば、まだ使用可能なエネルギー源ではありませんが、それでも水素は貯蔵手段として資本的に関心があります。 ただし、現在の主な問題は、「グリーン」な方法でそれを作成できることです。 ローザンヌにあるスイス連邦工科大学(EPFL)は最近、電極の表面で水を水素と酸素に分解できる光電気化学セル(PEC)の開発に着手しました。 ソーラーセルと電解槽の関連付けで構成される現在のシステムとは異なり、PECの主な欠点は効率が低いことです。 ただし、EPFLは、4,5年に約2009%、7年に2011%の利回りを達成することを望んでいます。

このプロジェクトは、EPFLエネルギーセンターによって調整され、植物の光合成に触発された同名の太陽電池の発明者であるマイケルグレッツェル教授が監督するフォトニクスおよびインターフェース研究所によって試験運用されています。太陽エネルギーを電気に変換します。 この作業は、90年代の終わりに、ジュネーブのJanAugustynski教授とBernのGionCalzaferri教授と共同で実施され、光電気化学「タンデムセル」の構築を可能にした作業に続くものです。有望。 このセルは、半導体と染料セルを組み合わせて、水解離反応に必要な電気入力を増加させました。

また読みます:  圧縮流体貯蔵

PECHouseと呼ばれる新しいプロジェクトは、より安定した材料を開発することにより、このデバイスの改善を試みます。 確かに、このタイプのセルの開発の主な障害は、手頃な価格を維持しながら腐食に抵抗する材料を見つけることです。 約3,1万ユーロの予算で、PECHouseは連邦エネルギー局によってサポートされており、材料を専門とする連邦研究所であるEMPAの専門知識とスキルの恩恵を受けることができます。

PECHouseのWebサイト: http://pechouse.epfl.ch
MichaelGrätzel、フォトニクスおよびインターフェース研究所、EPFL-tel:+41 21 693 31 12-email:michael.graetzel @ epfl.ch

出典:「EPFLは太陽水素の競争に乗り出している」-Le Temps- 17年06月2008日

詳細:

PECHouse、光電気化学による太陽水素電池
太陽濃度による太陽水素

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *