グローバルgeoengineering


この記事を友達とシェア:

この記事では、次の資料です。
地球温暖化と戦うために地球をクール

より多くを学び、議論するには: グローバルgeoengineeringと地球温暖化や気候変動に対するクールアース:フィクションや現実?

グローバルgeoengineeringや気候操作グローバル

「現在の政治情勢は動作しないようです。 私たちは魔法の杖を持っていることを言っていないが、それは絶望的な状況だと人々は、型破りな方法で考え始める必要があります。 予防大規模プロジェクトが必要とされています。」

PRジョンSchellnhuber、英国の気候の科学者の主なグループの先頭には、1月11 2004でガーディアンに引用されました。 この強調。

人工気候変動技術の使用へのコールは数年前から乗算されています。 だからジェームズ・ハンセンは、我々はより多く1度したかの温度が上昇、10年未満で排出CO2を安定化する必要がある」と考えています。 彼らは、私たちが半万年のために知られていない、と多くのことは、もはや停止させることができるものよりも高くなります。 我々はこれを回避したい場合、我々は今、「私たちは、アクションのために少し時間を持っている(...)(当社の重点を)新しい技術を実装する必要があります。 PR Schellhuberはgeoengineeringは、京都議定書が定めた措置よりも効果的かつ低コストはるかに現実的な選択肢を提供していますと思います。

1997からは、ウォールストリートジャーナル、エドワード・テラー、「スター・ウォーズ」の最も熱烈な擁護者の1(及び「博士の異常な愛情」キューブリックの文字の後ろにインスピレーション)で、使用して提唱地球を冷却するための素晴らしい方法。 彼の「地球のためのマンハッタン計画」は地球の周りを作成することである巨大な日焼け止めclimat.Cet未満億ドル年間かかると安定させるために日光をそらすために巨大なシールドを請求 - 課された措置未満京都議定書によります。 テラーの計算による、アルミニウムと硫黄粒子の一万トンは、地球の日射1%で、相殺し、温室効果に下落するだろう。 全球気候や生態研究所のロシアの気候科学者が同様の措置を提唱しています。

これらのアイデアは、すでに古い、1982でエルチチョンのもののような大規模な火山噴火の影響に関する研究の結果によって再活性化されています:二酸化硫黄粒子(SO2)は大気中の火山によって吐き出し大幅に下落しています数週間、あるいは数年のために地球の温度。 したがって、ピナツボ噴火(インドネシア、1991)は数ヶ月平均で約0,5°Cの地面温度を低下しています。 これは、北ヨーロッパなどの他、中の重要な一部の地域で冷却し、温暖化に実際に対応していました。 1992では、科学米国の国立アカデミーは、地球温暖化(「温室効果緩和策、適応と科学ベースの政策的含意」)を戦うために旅客機を使用する記事で検討していました。

L’utilisation de la géoingénierie est le moyen de permettre aux pays développés de ne rien changer à leur mode de vie. C’est ce que sous-entendait Colin Powell lors du Sommet sur le développement de 2002, au cours duquel il avait réitéré le refus des Etats-Unis de ratifier le protocole de Kyoto. Il avait alors révélé que les Etats-Unis étaient engagés « dans des actions pour satisfaire les défis environnementaux, y compris le changement climatique global, et pas seulement dans des rhétoriques », précisant qu’ils avaient déjà « des milliards de dollars dans des technologies de pointe » beaucoup plus efficaces que les mesures préconisées par ce protocole2. Le Centre national américain des recherches atmosphériques estime, lui aussi, que le moyen le plus efficace de réduction du réchauffement global est l’épandage par des avions de composés d’aérosols (particules en suspension dans l’air) réfléchissant une partie des rayons solaires dans l’atmosphère.

Le marché de la géoingénierie est un marché très prometteur. D’autant que le rapport Stern (octobre 2006) commandité par le chancelier de l’Echiquier britannique, a annoncé une récession économique ” d’une ampleur catastrophique » si rien n’était rapidement engagé à l’échelle planétaire contre l’effet de serre : le produit intérieur brut mondial (PIB) pourrait baisser de 5 à 20 % d’ici à 2100, entraînant un coût dépassant 5 500 milliards d’euros.

ロジャーHigmanグリーンピース」は、気候変動が私たちが直面している最大の環境的脅威である「他の専門家のようなことと考えている技術的解決策は、ガスの削減に失敗の言い訳として使用すべきではないと考えています温室。

気候システムと健康の生き物にこれらのプロジェクトのリスクの応用

エルヴェ・ルTreut、CNRSの研究ディレクター」は、エアロゾルは、私たちの世界を変える」ことを恐れ、酸性雨を生成リコール。 気候システムは、非常に複雑であり、非常に壊れやすいです。 それは、生物学的および物理化学的プロセスを介して大気、海洋、大陸と生物圏、を含むことを含みます。 エアロゾル注入の使用は、「他の人に集中冷却、一部の地域で冬に地元の温暖化を引き起こし、北極振動と呼ばれる自然現象」を混乱させる このようなグローバルgeoengineeringデバイスと、それが危機に瀕している雰囲気が、そのための気候システムだけではない」と付け加え、彼の側の気候学者エドゥアール・バード、フランスの大学のPRを懸念しています全体的に、これは偉大な複雑さの巨大なドミノゲームを言うことです。 地球規模での担保影響を予測・評価することは、すべての上に、気候学者、海洋学者、地質学者、天文学者、生物学者、農学者、等を含むかなりの科学的な作業が必要です 「(ル・モンド、10月30 2006)。 これらの操作は、ほとんどの国で任意の法律の対象にはなりません。

NASAによると、二酸化炭素(CO2)を吸収する能力を有するトリアルミニウムバリウム金属が使用される化学物質の一つであるだろう。 アルミニウムの毒性は、現在、アルツハイマー病のための係数を素因として認識されます。 アンリPezerat著名な毒物学者、CNRSの研究部長は6ヶ国で行われ、いくつかの疫学研究は、すべての水の過剰な濃度とアルツハイマー病の発生率の「有意に増加することを締結していることを報告し(この関係は考慮に入れ、水処理では、この金属に関連するリスクを取ることを拒否健康ウォッチ研究所によって拒否された)」飲みます。

バリウムは危険な要素です。 バリウム塩は、肺および口腔から体内に入ります。 吸入不溶性の塩は、長期暴露の結果として蓄積し、肺に蓄積することができます。 摂取したときに水や酸に可溶性の塩は非常に有毒です。 バリウムは不整脈、消化器疾患、重度の疲労と高血圧を引き起こします。 バリウムの分析は、非常に困難かつ高価です。 カナダで行われた試験は、雨水中の異常に高いレベルで、この金属の存在が明らかになってきました。

さまざまなソースから空気中に浮遊一般的な、増加したエアロゾルでは、呼吸器疾患、アレルギー、眼の刺激、頭痛、インフルエンザ様症状の発生増加なしに寄与し得ます発熱、メモリおよび精神錯乱、不眠症とうつ病の損失。 明るさの低下に起因する抑うつ症状がますます光療法によって治療される、冬にだけ北欧諸国では、これまで練習しました。

実験はすでに進行中ですか?

近年では、論争はすでに地球温暖化を緩和するために、10年以上にわたって行われている秘密の実験について、インターネット上で荒れ狂います。 気候操作理論の支持者は世界的なコメントで自分の意見を正当化する、約十年のために、飛行機の長い永続的な白い跡が空を十字。 回答者の当局は、これらのトレースは、高度で氷の結晶になり、高高度での航空機によって放出された水蒸気に等しいだけ「飛行機雲」(「結露プロット」の略)であることを応答します空気温度は-40がCを°未満である場合 彼らはまた、航空交通の増加強化を強調します。

「ケムトレイル」(「化学的痕跡」)の理論の支持者は「ケムトレイル」は数時間持続することができますが、それらの飛行機雲が、数分後に消えると主張しています。 彼らは最終的に24と36午後の間に私たちの頭の上に沈黙の壁を形成する、重ね合わせて厚く厚く、暗い雲にモーフィングする前に、乳白色のベールを形成するために徐々に広がりますこの溶射後。 (90°ターンのように)彼らは永続的な痕跡を残し、多くの飛行機が高度で飛行機雲が形成できることをするには低すぎる飛ぶことを主張し、彼らはしばしば空気廊下の外に飛んで、そして時には異常な軌道。 米民主党上院議員デニスKuccinichは左のように、北米では、「ケムトレイル」といくつかの人格に対するレスリング協会激しく、時には後退する前に、これらの慣行とその危険性を非難します。

テストは既に開始かいないことを、世界中の数年間は増加している地球温暖化についての大きな誇大広告は、geoengineeringの使用の必然性に心を準備することができます。 月2005では、米上院は「ファーストトラック」立法正式な気候操作(米国上院法案517と2995米国下院法案)を可決しました。

géoingénerieの軍事用途

Comme toutes les nouvelles technologies (biotechnologies, nanotechnologies…), la géoingénierie est étroitement liée au secteur militaire. Dès 1970, le conseiller à la sécurité de la Maison Blanche Zbigniew Brzezinski avait prévu dans son ouvrage « Entre deux âges » que « la technologie donnera aux dirigeants des principales puissances les moyens de conduire des guerres secrètes mobilisant un minimum de forces de sécurité ». Ainsi, « les techniques de modification du climat pourront être utilisées pour produire des périodes prolongées de sécheresse ou d’orage ». En 1977, alors que les Américains dépensaient 2,8 millions de dollars par an dans des recherches militaires sur les modifications climatiques, les Nations Unies votèrent la convention « ENMOD qui interdit ces techniques à des fins « hostiles » (la France et la Chine ne font partie des quatre-vingt dix signataires);

中国のような他の国が順番にそれらを開発している間しかし、1978に条約を批准し、米国、、またソ連でもないが、自分の研究を停止したことがありません。 (:1996の天気制御力の乗数として "時間)2025を2025空軍主催のレポートでは、米国が時間3を完全に制御を持っていることを計画していることを示しています。 オタワ大学(カナダ)のPR Chossudovskyはなく、に、気候変動だけでなくによる温室効果ガス(GHG)排出量であることが、同社のウェブサイト上の一連の記事で述べていますそのベースGacona(アラスカ州)から米軍によって操作。 彼によると、それは秘密軍事実験に起因する唯一の温室効果ガスのダメージアカウントに簡単な問題です。 2月1998、外務委員会、セキュリティと中央の動作環境上で可能な有害な影響に関する公聴会の一連のブリュッセルの欧州議会の防衛政策で。 彼女はWashington4との緊張を作成しないように、さらに行くことなく、質問に答えるために、米国の政権の拒否を嘆きました。

De leur côté, les Américains rendent régulièrement les Russes responsables de la multiplication des phénomènes extrêmes aux Etats-Unis, comme des ouragans de plus en plus dévastateurs5 . En 1997, William S. Cohen, Secrétaire à la Défense américaine de William Clinton, a accusé certaines groupes de « s’adonner à un terrorisme de type écologique qui aurait pour but « d’altérer le climat », et même de « déclencher des tremblements de terre et des éruptions volcaniques à distance par le biais et l’utilisation d’ondes électromagnétique6. Luc Mampey, chercheur au Groupe de recherche et d’information sur la paix et la sécurité (GRIP, Bruxelles) indique que le concept de « guerre environnementale » fait bien partie du langage et des manuels militaires.

S’il est difficile de prouver que ces technologies sont déjà utilisées aujourd’hui, que ce soit à des fins pacifiques ou militaires, le sujet fait l’objet de nombreux articles depuis les années quatre-vingt-dix dans les grands media étrangers, notamment anglo-saxons (CBS, CNN, le New York Times, The Guardian…) et russes (la Pravda, Novye Izvestia). Pour l’hebdomadaire américain Business Week, «une technologie capable de contrôler les conditions atmosphériques serait une puissante arme militaire et politique ». C’est seulement depuis 2006 la grande presse française se fait l’écho ces débats (Cf. par exemple « La météo comme arme de guerre » dans Courrier International). Et le mot « géoingénierie » n’a fait son apparition dans le quotidien « Le Monde » qu’en octobre 2006.



ジョエルPENOCHET著作権2007 - インテグラル再生が奨励は、彼らは著者とのハイパーリンクを持つこの記事のURLを言及しました。

ソース

リファレンス

世界気象機関(WMO)と国連環境計画(UNEP)により1に設立された(1998)。 サイト:http://www.ipcc.ch。

(2)を参照してくださいhttp://sierraactivist.org/article.php?sid=16287

(3) Col TAMZY J. House, Lt Col James B. NEAR, J, et al. : « Weather as force multiplier : Owning the weather in 2025 », août 1996, 54 p. www.au.af.mil/au/2025

(4)Cfの欧州議会、外務委員会、安全保障と防衛政策、ブリュッセル、ドキュメント。 いいえ。 A4-0005 / 99、14 1999 1月、および欧州のレポート、2月3 1999。

(5は)このように、アメリカの有名な気象学者スコット・スティーブンスは、2005にニューオーリンズを荒廃させたハリケーン・カトリーナの影響、の責任としてロシア軍を指定した後、CBSに辞任しました!

(6)http://www.freepressinternational.com/


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *