寒さから来た二酸化炭素

ワシントン大学(シアトル)の地球宇宙科学部のチームは、非常に高緯度の土壌の有機炭素含有量を大幅に再評価することを提案しています。


スダ・ブラウン

これまでのところ、北極圏周辺の砂漠では1億トン、北極圏の砂漠では17万トンと推定されていますが、ロナルド・スレッテンと彼の同僚はそれぞれ8,7億トンと2,1億トンを提案しています。これらのXNUMXつの領域について。

これらは、グリーンランド北西部の365 km2の地域でXNUMX回連続して夏に実施されたフィールドワークの結果に基づいています。

以前の研究とは異なり、分析された永久凍土サンプルは、土壌の表面部分(最初の25センチメートル)に限定されず、XNUMXメートルの深さまで採取されました。

研究者たちは、土壌の低地層に高レベルの有機炭素が存在していることに驚いていました。
彼らによると、この炭素の埋没は「極低温混合」の現象によるものだろう。

また読みます: Villeneuve-sur-Lot:制裁と燃料油の終わり?

確かに、調査対象のセクターは、地球規模で関係する極域の表面のわずか0,01%に過ぎません。 しかし、スレッテン博士のチームが行った外挿の妥当性が確認された場合、永久凍土の融解は、温室効果ガスの大量放出によって、地球温暖化で予想されるよりもはるかに劇的な肯定的なフィードバックを生み出します。

この作品は、アメリカ地球物理学連合の秋のセッション(サンフランシスコ、5月9〜XNUMX日)で発表されました。


ソース

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *