寒さから来た二酸化炭素

この記事を友達とシェア:

ワシントン大学(シアトル)の地球と宇宙科学省のチームは、土壌非常に高緯度の急激高い有機炭素含有量を再評価することを提案しています。


Sudhaブラウン

在庫が以前北極砂漠自体に北極の砂漠と1百万の周辺領域における17億トンと推定されたが、ロナルドSlettenらはこの2つの領域のそれぞれについて8,7と2,1億トンを示唆しています。

彼らは、セクタ365 km2北西グリーンランドでの3 successive're中に実施現地調査の結果に依存しています。

以前の研究とは異なり、永久凍土の分析のサンプルは、トップ土壌中の制限(第一25センチメートル)ではなく、深いメートルまで課されました。

研究者はその後、土壌の下地平に有機炭素の高濃度の存在を見て驚きました。
彼らによると、この炭素の埋葬は、「極低温混合物」の現象によるものです。

研究部門は、グローバル規模で、当該極性領域の面積のちょうど0,01%以上を表しています。 しかし、博士Slettenのチームによって作られた外挿の正当性が確認された場合、永久凍土の融解が起こり、大量のガス放出温室のために、はるかに劇的な正の反作用は、地球温暖化に予想以上。

これらの研究は、米国地球物理学連合(サンフランシスコ、5-9年12月)の秋のセッションで発表されました。


ソース

Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *