エネルギーの浪費

エネルギーの浪費

熱エネルギーを機械的エネルギー(使用可能)に変換するための多くのプロセスが、人間の活動のさまざまな分野で出現しています。

-輸送用:往復ピストンエンジンが主に優勢です(ピストンの配置やピストンの動きに関しても考えられるすべてのバリエーションがあります)が、ロータリーエンジンの産業用途は依然として逸話的です(マツダはWankelエンジンのおかげで1992年にマン)

-電気の生産のために:蒸気がボイラーによって加熱される蒸気タービン(またはガスタービン)。

-航空用:推力を発生させるために燃焼ガスの圧縮と膨張を行うガスタービン。

熱エネルギーを機械エネルギーに変換するためのこれらすべてのシステムは、数十年にわたって存在してきた非常に異なる技術を備えています いくつかの例外を除いて、最大効率(燃料消費量)は約35%です...

古い熱力学的原理に基づいて、これらのシステムの効率が低いことについて疑問に思うことは正当です。 これらのシステムは、消費される熱エネルギーの2/3を実際に「浪費」します。 つまり、車両で消費される100フランの燃料のうち、70フランが熱損失(熱)で浪費されているということです。

また読みます:  フランス憲章

熱機関の効率

現在自動車に使用されている往復エンジンの効率図。 PS:ディーゼルエンジンの効率はわずかに高いため、ディーゼルエンジンの消費量は少なくなります。

尽きることのないリソース

石油資源の減少に直面して、そのようなエネルギーの浪費はもはや受け入れられません。実際、石油生産は1990年代半ばに最大に達したようです(次の文書に示されているように)。 他の特定の研究では、このピークは2000年から2010年のXNUMX年の半ばに位置しています。

それにもかかわらず、石油の価格は実際の採掘コストよりも政治的および経済的概念に依存しているため、価格の上昇はまだ感じられていないことを理解する必要があります。 (サウジアラビアから2バレル4ドルからXNUMXドル)。

人類の2002日の消費量は、75年には約1991万バレルになることに注意してください。 この数字は、66年のサダムフセインの油井の火災による損失と比較されます。6か月でXNUMX万バレル以上です。 そして、それは世界中のすべてのメディアによって生態学的および経済的災害と見なされていました...

石油資源の生産と発見のフバート曲線

石油生産曲線と年次発見(出典:世界エネルギー委員会)

さらに、西側経済の大部分(おそらく、2年以上の準備金を積み上げ、かなりの資源を持っている米国を除く)は、OPEC諸国(の輸出国の組織油)。 そのような依存は非常に危険です(1973年と1979年の石油危機を参照)。 しかし一方で、この依存関係は、すべて均一なエネルギー価格の影響を受ける先進国と消費国の経済的ヘゲモニーを可能にします。 一方で、現在の石油への課税は、発展途上国の出現を非常に困難にしています。 この意味で、石油が地域紛争の原因である場合(生産国では…世界の現在の紛争の80%は石油起源である)、そのエネルギー独占は世界平和の保証です。

また、XX世紀の2番目のエネルギーである電気は化石燃料のおかげで60%で生産されていることにも注意してください(そして米国では現在も80%です)。

専門家は、約50年の石油埋蔵量が残っていると推定しています(絶対的には、消費の進化と新しい発見を考えると)...しかし、埋蔵量と搾取可能な資源を混同してはなりません。新しい石油技術のおかげで、抽出率はますます高くなっています。

人類が化石燃料を節約し、製造業者と有能な組織が合理化するために迅速な技術的および行動的措置を講じる時が来ました。 あまりにも長い間、企業は有利な短期コストという名目で環境コストとエネルギー節約を無視してきました。

また読みます:  CITEPA:フランスの大規模燃焼プラントによる排出インベントリ

グランデエコールが私たちにとてもよく教える方法を知っていることを適用する時が来ました:投資のグローバルで長期的なビジョンを持つこと。

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *