フランス:プランソレイユ2005-2006

この記事を友達とシェア:

地図日2005-2006 - 太陽熱温水器、省エネのチャンピオン、ADEME、27 / 04 / 05

効果的な専門家のネットワークの開発(産業・ネットワークインストーラQUALISOL)品質の製品に頼っ:2000ので、その打ち上げの日には、日本プランは、動的かつ持続可能な太陽熱市場のための条件を作成しました建物とその居住者のニーズに合わせました。 したがって2004で、太陽熱温水器の市場は50%以上の成長率で、特にダイナミックでした。 1er 1月2005 15は、機器の支出 "再生可能エネルギー"のために40%までから渡されるので、この勢いは、特に税額控除のおかげで強化することが期待されます。 2005で集団太陽熱温水器のプロモーションを展開するには、ADEMEは、コミュニティや建物の管理者へのコミュニケーションを強化しています。
ADEME、地元当局や産業界のパートナーが率いる、プランソレイユ2000 / 2006は、フランスでの太陽熱アプリケーションの普及を確保することです。 それは、お湯と個々の住宅セクターを加熱するための両方の集団の用途(住宅や商業ビルを)に関するものです。 これは、インストーラのネットワークのトレーニングと資格の努力に国民の意識をもたらします。 2004では太陽熱市場は40 55のメートルの©〜設置したセンサ(中340 38 840)のインストールを超える2003%増加しました。

個人のための日プランの税額控除、 "触媒"

1er January 2005以来、メインハウジングの設備費「Renewable Energies」に対する税額控除は、15%から40%に増加しました。 すべての人が利用できるこの税制は、課税対象かどうかにかかわらず、地方の補助金で補完されます。 実際、多くの地方自治体(ほぼすべての地域評議会といくつかの一般協議会と地方自治体)は、平均して700の直接的な保険料を支払うことによって、太陽熱温水器の開発に引き続き関連している。
今年初めの傾向が35が続けば、これらの補助で、前の年に記録40 2005の%の成長見通しを上方修正することができました。 実際には、専門家は、最近2005の同期間と比較して、1月、2月、3月2004における太陽熱温水器の販売を倍増ADEMEに報告しました。

日プランは、エネルギー節約のための国民動員キャンペーンADEMEを組み込ん

2005は、Sunの計画のためのキャンペーンが調子に沿ったものである行動に進み、太陽熱温水器」に2004を開発しました! 「個別と総称し、必要かつ効果的に作用する能力を表示するには:一般市民のために、それは3補完的なコンポーネントで提供されます:メディアキャンペーン、地域のサービスにおけるコミュニケーションツールのregionalisedラジオキャンペーンと赤緯を。 キャンペーンは秋から集団お湯の促進のためのプレスキャンペーンによって補完されます。
最後に、今年、Plan Soleilは全国動員キャンペーン「省エネルギー」に統合されました。 それをすばやくやってみましょう、それは暖かいです!」ADNEの5月の2004で発売されました。

ソース

詳細:

Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *