ページ 1 シュール 2

パッシブハウス-パートナーを検索

公表: 07/07/08, 20:15
パー Chris1659
私は、フランス南部でパッシブコンセプトを適用するために、建築家、請負業者、または建築業者をXNUMX人以上探しています。

私は前回のニュルンベルク見本市で、パッシブハウス研究所によって認定された最初の建設業者のXNUMX人のマネージャーに会いました。 この会社はフランスで設立したいと考えています。

興味がある場合は、遠慮なく私に連絡したり、電話(06 81 58 36 66)で電話してください。

Cordialement、

クリス

公表: 07/07/08, 23:44
パー 私シトロエン
:矢印: フランスの南は素晴らしいです...明確にできますか?

どんな素材を使いたいですか?

公表: 10/07/08, 06:51
パー Chris1659
ポリスチレン入り

公表: 10/07/08, 10:48
パー 私シトロエン
Chris1659が書いた:ポリスチレン入り


これは、経済学者(VOCエミッター)の推奨資料ではありません。 :しかめ面:

フランスの南は素晴らしいです...明確にできますか?


:?

公表: 10/07/08, 11:23
パー minguinhirigue
より適切な絶縁体を使用して家の灰色のエネルギーを低下させようとしないことは、パッシブハウスでは残念です。ウッドウール、ヘンプウール、セルロース、コルク(高価な...)、ストロー、他の多く。

私がプロジェクトを知らなかった後、ポリスチレンが不可能である時または何か他のものがあります(時には予算のため...)。

パッシブハウス-灰色のエネルギー

公表: 10/07/08, 16:15
パー Chris1659
私が同意するのは、ポリスチレンの製造に必要な灰色のエネルギーは、天然の絶縁体、アヒルの羽、麻、わらなどに比べて良い点ではありません。

素材に住むことは良いことだと思いますが、ほとんど不十分です。 私にとって重要なのは、あなたの家は、その熱的および空力的な設計により、一方では、加熱するか、または温度を維持するかにかかわらず、無限に少ないエネルギーを消費することを可能にするということです一方、非常に耐えられ(<25°C)、他に類を見ないインテリアの快適さを備えています。 これは、パッシブコンセプトがもたらすものです。

パッシブハウスは、現在の基準に比べて建設よりも10倍少ないエネルギーを消費します。 でかい! 節約されたエネルギーと比較して、灰色のエネルギーがエプシロネスクになることがわかります。

教えてくれ、天然素材で「パッシブ」を作ろう。 もちろんお答えします! 簡単に言えば、いわゆる自然セクターには、これまでに開発する必要がある能力が限られているということです。

賭け金は高いです。 10年か15年でパッシブが標準になり、使われる材料が何であれ、省エネは記念碑的なものになると思います。それは必ずしもすべての人を喜ばせるわけではありませんが、それは根本的な傾向です。 誰もが適応し、バンドワゴンを取る必要があります。

再:パッシブハウス-灰色のエネルギー

公表: 10/07/08, 16:21
パー クリストフ
Chris1659が書いた:パッシブハウスは、現在の基準に比べて建設よりも10倍少ないエネルギーを消費します。 でかい! 節約されたエネルギーと比較して、灰色のエネルギーがエプシロネスクになることがわかります。


ええと、それは視点に依存します...

新しい家を建てるのに必要な灰色のエネルギーは重要であり、非常に重要です。一部の図では、20〜50年の暖房について語っています...および 家が断熱されていればいるほど、この数値は大きくなるため、必要なグレイエネルギーは重要です。

実際、年次請求額がゼロであるため(理論上)、私が計算するパッシブハウスは無限大になりがちです。

パッシブ住宅価格は、今日でもまだ大部分が抑止力です。

暖房要件が低く、よく設計された(バイオ)気候住宅(ペレットストーブ+小さなソーラー設備)の方が良いです...

公表: 10/07/08, 16:22
パー Chris1659
確かに、南フランスは素晴らしいです。 私はエクス地域にいます。 のおかげで forum、私は昨日からトゥールーズと連絡がありました。 短期的な目的は、ドイツ社会とのつながりを作り、それを維持することです。

公表: 10/07/08, 16:49
パー Chris1659
材料の製造と輸送に必要な灰色のエネルギーを生息地のエネルギー消費量と比較してください。そうではありませんが、これは必ずしもそれほど重要ではありません。 暖房の20〜50年分の数値を発表計算の詳細を教えていただきたい...

パッシブハウスの価格は主に抑止力です。 私はそうは思いません。 追加の取得コストは約10〜15%ですが、規模の経済はありません。 私が信じているのは、フランスの専門家は最適化されたコストで負債を履行するために必要なノウハウをまだ獲得していないということです。 ドイツでは、フランスにわずか10000〜10の所在するいわゆる受動的生息地がすでに20を超えています。

パッシブハウスの始まりでないとすれば、生物気候ハウスとは何でしょうか。 エコロジカルハウスは、何よりもまず必要なエネルギーが最も少ない住宅です。 推論を推し進めることで、家が熱の観点から「ザル」である間に、太陽や木材で自分を加熱するからではなく、エコロジーラベルを主張することができます。 木の足に石膏をのせることです。

公表: 10/07/08, 18:09
パー クリストフ
Chris1659が書いた:材料の製造と輸送に必要な灰色のエネルギーを生息地のエネルギー消費量と比較してください。そうではありませんが、これは必ずしもそれほど重要ではありません。 暖房の20〜50年分の数値を発表計算の詳細を教えていただきたい...


それが正しい場合...そして、それは販売と受動的な家の議論で考慮に入れられなければなりません(MUST)、さもなければそれは少し偽の広告です...セラーのつばまで満たされた50Lのオイルタンクで000ユーロで家を売ったようなものです。

図について: http://www.citemaison.fr/scripts/biblio ... eriaux.php

灰色のエネルギーとは、製品の製造、流通に使用するだけでなく、原材料を抽出し、最終的には製品の寿命が尽きたときに製品を排除またはリサイクルするために費やさなければならないエネルギーです。 アイデアを与えるために、 従来の方法で建てられた平均的な家の材料には、約700.000万から50万kWhが必要でした。 この灰色のエネルギーは約100〜XNUMX年の暖房と温水を表すため、その影響は非常に大きくなります。.


そして、私は近似値を与えられた値を半分にしました...


Chris1659が書いた:パッシブハウスの価格は主に抑止力です。 私はそうは思いません。 追加の取得コストは約10〜15%ですが、規模の経済はありません。 私が信じているのは、フランスの専門家は最適化されたコストで負債を履行するために必要なノウハウをまだ獲得していないということです。 ドイツでは、フランスにわずか10000〜10の所在するいわゆる受動的生息地がすでに20を超えています。


フランスではドイツに10%から15%あるかもしれません。

フランスでは、10%が太陽光の8m²の価格です...(VATを除き、地価を除く...)

Chris1659が書いた:パッシブハウスの始まりでないとすれば、生物気候ハウスとは何でしょうか。 エコロジカルハウスは、何よりもまず必要なエネルギーが最も少ない住宅です。 推論を推し進めることで、家が熱の観点から「ザル」である間に、太陽や木材で自分を加熱するからではなく、エコロジーラベルを主張することができます。 木の足に石膏をのせることです。


はい、しかし私が言いたいのはこれです:10%少ない消費量のパッシブハウスよりも標準より60%少ない消費量の100の生物気候ハウス...

建築環境の制御は必須です(可能な場合)。 私の知る限りでは、熱規制では断熱についてのみ言及しており、無料の太陽光利得については言及していません(方向についても同じです)。

そうでなければ、はい、断熱は家で最初に行うことです、さらにここに素晴らしい計算と推論がありますが、あなたを驚かせるかもしれません: https://www.econologie.com/comparatif-en ... -3858.html