ページ 1 シュール 1

ディーゼルClio VS Peugeot iOnのCO2レート(:)

公表: 27/04/11, 09:56
パー 梨ベルエレーヌ
ボンジュールàTOUS、

私が小さな質問を投稿するようになっていないので、長い時間でした :Mrgreen:

ですから、私は投稿する前に検索を試みましたが、開いている複数の主題と私が読んだ多くの答えは、私が探しているものと一致しないことを認めます。

ここで私たちの会社は最近町の私達のさまざまな場所間のシャトルを確実にするためにイオンを買う。
今日まで、これらの都市の旅に使用されたのはディーゼルClio 70cvでした。

このクリオは1日平均12 km、47週/年で移動します

だから私は他のものの中でイオンのおかげで空中に送られないであろうCO2の量が何であるかを調べようとしている?
私はあなたが私を助けて、この車についてあなたの意見を私に与えることができると思います。
私は昨日テストするためにそれを運転しました、そして、私はそれが素晴らしいと認めます。

ご協力ありがとうございました。 良い一日を。 抱擁 :Mrgreen: 梨ベルエレーヌ

公表: 08/05/11, 11:38
パー クリストフ
おっと質問が表示されません。 あなたが少し待っていたように、私はあなたに素晴らしくて完全な答えをするつもりです

2の場合はCO2の間接的および直接の拒絶を比較しなければなりません。

間接=製造、リサイクル。
直接=燃料および電力生産からのCO2(実際には「半分」直接ですが、間接よりも直接的です:p)

すでにエコグローバルアセスメントに入っているi-Mievはバッテリー41gr / kmを拒否しています 交通電気/三菱電気発光MIEVドco2 41-G-あたりKM-t6280.html

iMievとiOnは双眼鏡であるため(偽ですが、とにかく双眼鏡)、同じ数を取ることができます。

それからあなたは電気kWhあたりのgr CO2を加えなければなりません:フランスのための90 gr / kWh。

1ここでのアプローチ、から抽出 交通電気/三菱電気発光MIEVドco2 41-G-あたりKM-t6280.html

町で小型車を進めるには、約0.2 kWh / km(概算)かかります。

フランスでは、平均は90 g / kWhなので、これらの18 gまたは41 g / CO59に2グラムを追加する必要があります。 とてもいいね! (ありがとう核)

一方、ドイツでは、平均は600 g / kWhであるため、破滅的な結果になります。161 g / CO2(hdiが6.2 L / 100を消費するのと同じ)

ヨーロッパの15の平均:0,46 kg CO2 / kWh el。


2iemeアプローチ:

従った 交通・電気/リストと価格・オブ・車・電気2011-新しいフランス-t10338.html iMiev / iOnは150kWhのバッテリー容量に対して16 kmの自律性を持っています

80%のロード効率を想定しているので、16kmにするには0.8 / 20 = 150kWhを使用する必要があります。

そのため、私たちは0.13 kWh / kmを消費します(おそらくブレーキの回復や他の電力管理の最適化のために1ereアプローチよりも低く、おそらく負荷効率も少し低いです)。

それで、結局私達はに終わりました:41 + 0.13 * 90 = 53 gr / kmフランス.

「CO2排出量」の部分は「灰色」の部分よりもはるかに重要ではなく、比率は1/5から4/5であることがわかります。 原子力が低率のCO2を認めているフランスにのみ有効です。 ドイツでは、600 gr / kWhで、次のようになります。41 + 0.13 * 600 = 119 gr / kmは、経済的運転における最近の平均的な自動車と同等ですが、小型ガソリン以上のものです。

しかし、私がよく言うように、電気自動車を「守る」と言っています。人生にはCO2だけが存在するわけではありません。 都市の大気汚染は交通事故以上のものを殺します。 健康公害防止/デッド・オブ・公害-t1901.html

その上、完全に正直であること 私達はまた熱自動車の灰色エネルギーを考慮に入れなければなりません。 その製造は、移動した20 000 kmとほぼ同等であることが認識されています(非常に可変的ですが平均)。 新しい輸送/製造-と-車と環境-番号-t8713.html

(〜)CO2.5 /自動車製造の2トンについて! 2500 kgのCO2 caは、走行した140 g / km約18 000 kmを表します。


したがって、200 000 kmの存続期間にわたって、これらのCO2.5の2 Tは、2500 / 200 = 12.5 gr / kmの増加になります。

リサイクルは25 gr / kmと同じ(私には信頼できるように思われる)を表すとしましょう。

興味深いことに、私たちは同じ割合で自分自身を見つけますが、逆になっています。

サーマル= CO1グレーの5 / 2、CO4推進力の5 / 2
Electric = CO4グレーの5 / 2、CO1推進力の5 / 2(フランス国内)


それで、結局、灰色のエネルギー/リサイクルを考慮に入れるために、私たちはCO2 /サーマルカーのkm / km 25 gr / kmの割合を増やさなければなりません。

参照してください: nouveaux-transports/opel-ampera-consommation-1-6l-100km-et-co2-40gr-km-t10759.html

だから、あなたの場合は、ナシ、これらの数字を適用することがもっとあります!

公表: 13/05/11, 13:52
パー 梨ベルエレーヌ
クリストフキスありがとう :D