ページ 1 シュール 2

風サイトとBetzの限界

公表: 30/04/04, 11:00
パー Bibiphoque
:P
こんにちは、
このサイトを見つけました/ forum、それはまったく悪くありません! :D

値下がり

公表: 01/05/04, 21:34
パー クリストフ
悪くない、ランダムにクリックして読むことができます:

ベッツ制限は、移動する流体の運動エネルギーのあらゆるタイプのセンサーに適用されます。

この値は16/27または0,59259の価値があります

移動する流体(空気、水など)の運動エネルギーの59,259%しかキャプチャできません。




ただし、一部のポンプ(多く)は、タービン(たとえばペルトン)の効率が60%を超えています....これは、水力タービンによって捕捉されたエネルギーの一部も潜在的であるためです... ?

リンクを完了するには: http://fr.wikipedia.org/wiki/Limite_de_Betz

公表: 09/05/04, 03:49
パー Stato
こんにちは、

実際、特定の水力タービン(エネルギーを回収しないポンプは「ベツィアン」の考慮事項に役立たない...)の収量は、ベッツ制限の「運命的な」59%より高い値に達する可能性があります。 (タービンから離れた)ポンプへの無限の上流と下流の流れの間の圧力差のため。 したがって、これらの閉じた流れにより、運動エネルギー(動的圧力= 1 /2.rhô.V²)に加えて、圧力エネルギー(静圧= P)、さらには位置エネルギー( rhô.gh)液体に含まれています。 これは、オープンフローでは実現できません。ローターディスクの上流および下流の静圧は、大気圧(10exp5パスカル)にほぼ等しいままです。 ベッツのデモで使用される圧力ジャンプでは、ローターディスクのすぐ近くで測定された圧力のみが考慮されます。

風力タービンの歩留まりにもたらす小さな精度:それらの値は、常に基準電力の関数としてではなく、このベッツ制限の関数として表されます。 説明してみましょう。ローターによってスイープされた表面に対応する参照表面(またはマスタートルク)、およびSと表記されている場合、風によって「輸送される」電力はPref = 1/2rhô.S.V3です。 したがって、風力タービンで回収できる最大電力は、Pbetz = Pref.0,59に相当します。 またはPeolの風力タービン。 そのパフォーマンスは、Peol / Pbetzの価値がありますが、XNUMXつ以上の人が間違っていることにつながるPeol / Pref .....ではありません。

公表: 09/05/04, 11:45
パー クリストフ
これらの詳細をありがとう!

ポンプ/タービンに関して、一方が回復し、もう一方が流体にエネルギーを供給しても、寸法計算と一般理論は同じままです!

ベッツの制限に対する利回りについてはOKです。これは、「絶対」利回りを得るために、coefを適用する必要があることを意味します。 0.6風力発電で与えられる利回り?

公表: 10/05/04, 15:18
パー Stato
正確ではない...

...つまり、1,67つのケースが発生するということです。発表された歩留まりは、ベッツの制限に関して既に計算されている(歩留まり= Peol / Pbetz)か、全体の電力に関して計算されている(歩留まり= Peol / Pref)、そしてこの全体の歩留まりに1(0,6 / 0,6)を掛けて、ベッツに基づく歩留まりにフォールバックする必要があります(Pbetz = 1,67.Prefのため)。 したがって、風力タービンの効率は、ベッツ限界と比較して計算すると0,4倍高くなります。 これは、一方では基準電力(XNUMX.Pref)の一部を回復することはできないため、論理的なアプローチに対応しますが、一方では買い手に提示するより高い利回り値に対応します。風力タービン....気をつけて、私たちを含め、誰もがそれをします

たとえば、全体の出力の30%(最高の場合)を回復する風力タービンは、ベッツ制限と比較して50%の歩留まりがあると見なされます。 さらに、この歩留まりは明らかに風速によって変化します。つまり、歩留まりは必ず風速に関連付けられなければなりません。

最終的に重要なのは、特定の速度での実際のパフォーマンスではなく、マシン速度の全範囲で正しいパフォーマンスです。 これにより、最適な年間エネルギー生産が可能になります。瞬時電力(kW)よりもむしろkW.hに依存することになります。 kWではなく購入(または消費)....これが、風力タービンの効率または出力曲線よりも多くのパラメーターを考慮して、移植。 確かに、例えば、そのような場所で遭遇する風のタイプに適応する風力タービンモデルを正しく選択するか、機械を慎重に配置する必要があります。悪い場所は生産に大きな違いをもたらす可能性があるためです。

公表: 10/05/04, 21:08
パー クリストフ
だから私の0.6係数といえば正しかった...:)


残念ながら、kwhとkwについては、これはますます巨大に設置された力を主張する現在の開発政策ではないようです。低電力?

公表: 13/05/04, 16:39
パー Stato
真実を伝えるにはそれほど遠くない....

あなたが非常によく強調しているように、これらは設計事務所、特に投資家に好まれる「大きなプロジェクト」です...通常、これらは投資利益を提供するため、最も収益性が高いです。最も弱い(5〜2MWの艦隊で約3年)。 逆に、個人向けの小型風力タービンは、従来の風力タービンであろうと他の風力タービンであろうと、そのような損益分岐点を達成していません(まだ...)。 もちろん、財務的側面は実現可能性調査の最初の議論であるべきではありませんが、現在の考え方は私たちを残酷に地球に連れ戻します。 特にフランスでは、私たちが最初に問われるのは、「どれくらいの費用がかかり、どれだけの費用がかかるか」です。CO2排出量を削減できるかどうか、無尽蔵のエネルギーを生産できることを知らずに....要するに、考え方は変わらない。 言うまでもなく、法律は、太陽光発電の場合のように、家庭で小型風力タービンを促進することを目的とした援助レベル(ADEME、ヨーロッパ...)で実質的に何もありません。ウォン....

さらに、風速が低いことと、風速を回復するための手段について話していることがよくあります。 私たち(GUAL Industrie / www.gual-industrie.com)特に、プロペラ風力タービンの製造業者はこれの恩恵を受けるため、同じ意見を共有しないでください(ブレードへの努力により、15m / sからの電力制限が推奨されます...)。 確かに、「すべてバカな」例はきっとあなたの考えを変えさせます...

風によって運ばれる電力を取り、単位面積(1m²)を横断します。 この電力は、1 /2.rhô.V3に等しくなります(S =1m²のため)。 5つの異なるケースを考慮して、12年間に回収できるエネルギーの総量(kW.h単位)を比較してみましょう。10年(6か月)で一定の風を観測するか、6mの風を観測します/ sを5か月間、その他の0.5か月はゼロ風で、明らかに、平均年間速度は同じままです(1.225m / s)。 最初のケースでは、5 * 5 * 5 * 76.56 * 24 = 365 Wの瞬時電力、つまりP *時間(76.56 * 8760時間)= 671 * 0.5 = 1.225 kW.hによって生成されるエネルギーを取得します。 10番目の場合、インスタント= 10 * 10 * 612.5 * 24 * 182.5 = 2683 W、エネルギーP *時間(4.4 * 30時間)= 40 kW.h ....したがって、XNUMX倍のエネルギー。 特に風が非常に乱れている場合に、この例をXNUMX時間の風の間に起こることに置き換えると、強風を回復する利点がすぐにわかります。非常に激しい突風:生成されるエネルギーは、記録された電力ピークに強く依存します...それらを回復できるかどうか....もちろん、すべての風力タービンの場合はそうではありません。 ただし、XNUMXつの欠点は、「より多くの」瞬時電力を回収できることで、XNUMX年以上の生産が可能になることですが、これは技術的にも経済的にも大型のパワーエレクトロニクスを意味します。このような電力のチェーン(発電機、インバーター...)、およびそれが明らかにまれな強風の間に実現できる利点。 このような考慮事項は、特定のサイトでMeteo Franceから提供されたデータを考慮することにより、年間生産量をXNUMX〜XNUMX%改善することにつながります。

公表: 14/05/04, 08:40
パー Bibiphoque
:P
こんにちは、
ちなみに、たとえばネオジム磁石を使用した高効率発電機に関する技術的な研究はありますか?
A+ :D

公表: 19/05/04, 10:04
パー Stato
こんにちは、

はい、はい、......メーカーの箱によく隠されています....
私は発電機のメーカー(例えば、直接駆動のネオジム同期発電機)、または風力タービン自体のメーカーについて話している。 同時に、もしそのような機械を開発していたなら、私たちがそれらから利益を得る唯一のものであることを非常に嬉しく思います....

このため、特定の発電機メーカー(名前を付けずにLSが...)が風力タービンメーカーと独占契約を結び、チャンスを排除していることは言うまでもなく、これに関する詳細な研究を見つけることは非常に難しいのです。自分の製品に関する情報を取得するためだけに他の人に...ここでも、良い戦争ですが、再生可能なエネルギーを促進するのは戦争ではありません(もちろん...)。 。..

公表: 19/05/04, 10:59
パー Misterloxo
これらのStatoの詳細をありがとう。 このフォーラムは、知識を共有するために広く開かれています。

MisterLoXo