ページ 1 シュール 13

消費とタイヤ圧:オーバーインフレアップ?

公表: 09/03/10, 15:43
パー クリストフ
タイヤの空気圧は、燃料消費において重要な役割を果たします。

オーバーホールから出てきて、タイヤが膨らんでいました(とにかく1.6 / 1.7の代わりに2.2 / 2.4)...この状態でタイヤを残してしまったのは恥ずかしいです......入力しません入力されていません!

しかし、ちょっと、これらのタイヤは18ヶ月です:それらは1シーズンだけ使用された雪のタイヤです...したがって、私はそれがこれらの条件でそれほど失われないとは思いませんでした...最後に。

オンボードコンピューターによると使用量が2.4%少ないため、この男はどこにでも10を配置しました... :) :)

私の質問は単純です。「安全」を維持しながら、「推奨圧力をどれだけ超える」ことができるでしょうか。 :安っぽいです:

公表: 09/03/10, 15:47
パー マクロ
それは多くのパラメータに依存します...夏には0.5が0.3の前に戻ります...しかし、冷戦と艦隊の下で...冬はpo ca ca con conに触れます...

公表: 09/03/10, 15:47
パー candas1
私が読んだことから、自動車メーカーが推奨する圧力は、騒音と快適性と消費の妥協点です。

安全のために、タイヤ自体のPSIに示されている圧力に制限する必要があります。

私はすでに3バー近くまで登りましたが、もちろん快適さの点で感じることができます。

編集:同じ、私は夏にそれを行う...

公表: 09/03/10, 16:19
パー Did67
別の要素:タイヤのトレッドの真ん中で異常な摩耗を促進し(後者はわずかに「膨らみ」ます)、それにより、タイヤをより早く交換するか、VPに支払うことになります。

公表: 09/03/10, 16:35
パー クリストフ
マクロは書きました:..冬はca con conでpoに触れる...


それはガレージです! :安っぽいです: :安っぽいです:

さて、正しく理解できれば、夏は「心配」せずに+0.4を入れることができると言えますか?

はい、「precaunisé」のプレッシャーは妥協のプレッシャーだと思います...他に2つのパラメーターを追加します。

「ノイズ-快適-消費+安全/グリップ+タイヤの摩耗」。

これはすべて、圧力をチェックすることはしばしば見落とされていると言うことです...私は生きている証拠です...私は純粋な愚かさから無駄になっていることに気付きました(私がマウントしたときに圧力をチェックしないでくださいスノータイヤ4か月前)約25 L ...まだ1/2フルまたは450-500km ... ... !!

ps:タイヤに表示されている圧力は、「バースト」または「超えてはならない最大負荷」の圧力ではありませんか? 同じ質量を持たない異なる車両にタイヤを取り付けることができるため...

公表: 09/03/10, 16:36
パー クリストフ
Did67は書きました:別の要素:タイヤのトレッドの真ん中で異常な摩耗を促進し(後者はわずかに「膨らみ」ます)、それにより、タイヤをより早く交換するか、VPに支払うことになります。


インフレ率についてですか?それともインフレ率ですか? インフレ下では、オーバーよりもはるかに速く膨張するため...

インフレを超えるPVはありますか? 私はサブのために考えました...

公表: 09/03/10, 17:19
パー zorglub
200グラムの過剰膨張は最大です
その後、接触面が減少するため、中央ストリップでのタイヤの摩耗と路面の保持が減少します。
濡れた路面ではこの現象が強調されます

公表: 09/03/10, 17:33
パー クリストフ
私はソフト/経済的/おじいちゃんを運転し、次に道路を保持します...
:安っぽいです:

Twingoでは、フロントタイヤが70 kmをカバーしました。 8) 8)

公表: 09/03/10, 17:54
パー zorglub
Twingoでは、フロントタイヤが70 kmをカバーしました。


はい。ただし、ベルギーはサボイではありません。または100 mごとに曲がります
私のxiantiaでは45 km走りますが、悪くはありません。
..しかし、おじいちゃんはコロラドハムシのように転がりません.....;

公表: 09/03/10, 17:56
パー クリストフ
ワロン道路の「伝説的な」状態を知らないもう一人の人... :Mrgreen: :Mrgreen:

コロラドハムシがあなたに言うことを知っていますか?

シモンズ:私たちは本当にベルギーではなく、ベルギーのアルデンヌにいます...
そして、ツインゴのkmの大部分はフランスで行われました...しかし、ちょっと私たちのプライベートな生活を広げることはありませんね!