ページ 1 シュール 1

公表: 03/07/03, 09:16
パー Misterloxo
私は面白いかもしれない広告を同封しています:

2月23日からXNUMX日まで:
再生可能エネルギーをテーマにしたボランティアワークショップ
ゴージョン(オートソーヌ、70)



特別なスキルや体力は必要ありません:ユーモア、再生可能エネルギーに関する興味や好奇心、ボトルオープナー(決して知らない)、地元の名物のレシピ、古着、法定多数と一緒に来てください。
さまざまなさまざまな活動に参加することで、次のことができます。

-さまざまな作品(石工、ブラシカットなど)のための汗と水

-また、再生可能エネルギーの交換または学習(太陽光発電、熱、木材、小風、マイクロ油圧、これらのアプリケーションはすべてサイトに掲載されています)、

-夏の観光名所としてはあまり知られていない施設や地域を訪れる

-羊の糞を歩く(オーガニック)、

-クラフトビール(およびソーラー)を味わう。

weスラブの注水(建設現場2001)


あなたには機会がありません:
-完全な日焼けを取得し、

-エッフェル塔を見るには、

-クラブに行くには、

-ララファビアンを聴きながら砂丘で4X4に行く、

-バンジージャンプ、

-最新の携帯電話を表示して、コンクリートミキサーに落ちるのを恐れて、

-手を柔らかく保ちます。


「Gourgeonne」でのタラソセッション(建設現場2001)



このサイトは、再生可能エネルギーおよび代替エネルギー開発協会(ADERA)の本部で、協会のメンバーである有機農場と一緒に古い工場の場所で開催されます。

協会は、交換、情報、実証の場(工場とその周辺)で再生可能エネルギーを促進するという目標を設定しています。 これを念頭に置いて、今年のプロジェクトは、太陽光発電所の設置に焦点を当てた教育パスを作成する最初のフェーズに焦点を当てます。



小さな実用的な詳細:

-「農場でのキャンプ」での宿泊と、協会が対象とする食べ物や活動に関連する費用。 あなたがしなければならないのは、施設を清潔に保ち、電気を設置し(もちろんソーラー)、調理し、あなたが活動で何をしたいかを私たちに知らせてください(上記のリストに留意してください)

-個々のテント(機器をお持ちの場合に持参するため)またはMarabout(これは定義されていません)で寝ています。 どちらにしても、寝袋を持って行きましょう。

-車両がない場合は、協会のメンバーがVesoulステーションでお客様をお迎えします。

6営業日につき6時間の作業に対してすべて(はい、XNUMX !!!!)。


ゴーホップ、みんな料理をしている(建設現場2002)



まあ、まあ、メニューは質素ですが、敵対的な環境に適応する方法を知っている必要があります(ヴォージュの週末、建設現場2002)
登るのは誰ですか?? (maraboutsに供給する太陽光発電パネルの設置、建設現場2002)


本日から、登録するか、Fabriceに連絡して確認してください。

A + MisterLoXo