RETOUR スクロール 停止 自動モード

科学技術CRISPR-Cas9、GMOが到着した男、ガタカへようこそ!

一般的な科学的な議論。 新技術の発表は、(直接、再生可能エネルギーやバイオ燃料または他のサブフォーラムで開発された他のテーマに関連していません)。
アバタードゥutilisateur
izentrop
Econologue専門家
Econologue専門家
投稿: 2945
碑文: 17/03/14, 23:42
場所: ピカルディ
X 154
お問い合わせ:

再:CRISPR - Cas9、GMの男が到着、ガッタカにようこそ!

メッセージ以外のluパー izentrop » 06/12/17, 08:45

倫理は科学の反対である道徳に基づいている。 これは世界を無知にし、ギリシア文明から再生に至る宗教の全能性を打ち砕いた。
産業時代は、私たちが今日持っているすべての知識だけでなく、人間の欲望のために汚染と地球温暖化をもたらしました。

テクノロジーの進歩は、このジレンマを解決するのに役立ちます。
倫理がもはやこの発展を遅らせることができなければ、ずっと良いことです。 問題は国家主義の台頭とどちらかへの撤退であり、これは私たちを独裁者の親指で元気づけ、知的な解決を奪う可能性が高い。
トランプを火の中でプレイすると、私たちはその道を辿ります。
0 x
私たちが信じる理由を持っていることを意味するものではありません信じる理由を持っています。

アバタードゥutilisateur
SEN-無銭
Econologue専門家
Econologue専門家
投稿: 5575
碑文: 11/06/09, 13:08
場所: ハイボジョレー。
X 211

再:CRISPR - Cas9、GMの男が到着、ガッタカにようこそ!

メッセージ以外のluパー SEN-無銭 » 06/12/17, 11:28

izentropは書きました:倫理は科学の反対である道徳に基づいている。


はい、しかし科学は自然の研究に基づいており、後者は物理法則に基づいています。 これは私たちに、宇宙を生きている全体として理解させ、エコロジーの原則がどこにあるのかを理解することにつながります。
このように、善悪の概念を超えて、時には主観的すぎることを除けば、それはバランス/不均衡の面であり、我々が推論しなければならない。
さらに、科学は人間によって作られていることを忘れてはなりません...

産業時代は、私たちが今日持っているすべての知識だけでなく、人間の欲望のために汚染と地球温暖化をもたらしました。


汚染と地球温暖化は人の欲求とはほとんど関係がありません。混乱してしまうのです。
これは、産業発展と世界の変革の過程の論理的な結果に過ぎない。
産業進化は、必然的に化石エネルギーの使用を伴い、支配的なイデオロギーを考慮して現在の結果を誘導しなければならない。
彼の選択の悲惨な結果が受け入れられたならば、それは貪欲からではなく、単に瞬間のエネルギーの中で最も散逸的なモデルであったため、貪欲は結果であり、この悲惨な問題の原因ではない。

テクノロジーの進歩は、このジレンマを解決するのに役立ちます。


残念ながら、これは非常に良い推論バイアスです。
テクノロジーとインテリジェンスは、問題を解決するのではなく、問題を解決することを目的としています。
1つは筋肉質の腫大を増やさず、シナプスのつながりを無意味なままにしませんが、絶えず努力を増やすことによって(制約はより公正になります)。
技術開発はアウトソーシングの原則に基づいています。つまり、現地の進歩は世界的な障害の増加に反映されており、私たちは純粋に「汚染」と呼んでいます! :笑:
より多くの技術がより多くの問題を解決すると信じるには、技術の概念について何も理解しないことです。

問題は国家主義の台頭とどちらかへの撤退であり、これは私たちを独裁者の親指で元気づけ、知的な解決を奪う可能性が高い。


そして、彼の専制主義者の一人が、人類に対する彼の技術的手段を使用して、私たちは完全な技術的封建制で生きていることは間違いありません。
1 x
シャルル・ド・ゴール」を天才は時々停止するときに知っているから構成さ」。
アバタードゥutilisateur
izentrop
Econologue専門家
Econologue専門家
投稿: 2945
碑文: 17/03/14, 23:42
場所: ピカルディ
X 154
お問い合わせ:

再:CRISPR - Cas9、GMの男が到着、ガッタカにようこそ!

メッセージ以外のluパー izentrop » 06/12/17, 14:07

「Greed」は正しい言葉ではないかもしれませんが、すべてを熱力学に戻すことは必ずしも最良の方法ではありません。 地球上では、太陽はまだ生きるエネルギーを提供するために少なくとも4億年もあります。

環境への被害は、新石器時代に彼の利益のためにそれを制御する方法を人間が知ったらすぐに始まりました。
そしてニュアンスは、産業時代からの惑星にとっての問題になりました。 だから私たちはそれらを特定し、有害なものを減らし、生態系のバランスを損なうだけです。

科学的合意は、地球温暖化の指数関数的な上昇は、その割合が非常に低いとしても、大気中のCO2レベルを主な要素として迅速に抑制されなければならないということです。
いくつかは前方への道を理解した http://www.slate.fr/story/100895/chine- ... climatique.
自宅で私たちは木材/エネルギーを好む :ショック: :泣く:

したがって、指導者を探すのではなく、適切な方向に進む救済策を促進する必要があります。 CRISPRがこれらの問題を解決するように生計を変えるのを助けることができれば、楽しく行こう。 :ウィンク:
なぜ簡単に貯蔵可能なリグニンを生産するためにシアノバクテリアを改変しないのですか?
過剰漁獲を止めるには、藻類を無毒で食欲をそそるように遺伝子組み換えで栽培する。
zumainsがしたくないことをする機会がいっぱい。

何もする必要はありませんが、人々はもはや予防接種を受けたくなく、蚊のゲノムを変更して私たちのために行います :)
0 x
私たちが信じる理由を持っていることを意味するものではありません信じる理由を持っています。
アバタードゥutilisateur
SEN-無銭
Econologue専門家
Econologue専門家
投稿: 5575
碑文: 11/06/09, 13:08
場所: ハイボジョレー。
X 211

再:CRISPR - Cas9、GMの男が到着、ガッタカにようこそ!

メッセージ以外のluパー SEN-無銭 » 06/12/17, 16:49

RCAの問題は実際にCRISPR 9のケースで解決策を見つけるかもしれませんが、私たちが望む方法ではないかもしれません.... :ロール:
0 x
シャルル・ド・ゴール」を天才は時々停止するときに知っているから構成さ」。
アバタードゥutilisateur
izentrop
Econologue専門家
Econologue専門家
投稿: 2945
碑文: 17/03/14, 23:42
場所: ピカルディ
X 154
お問い合わせ:

再:CRISPR - Cas9、GMの男が到着、ガッタカにようこそ!

メッセージ以外のluパー izentrop » 15/07/18, 00:33

La semaine du 2 juillet 2018, deux médicaments ont obtenu un avis favorable pour une autorisation de mise sur le marché européenne, le Kymriah et le Yescarta. Tous deux montrent des résultats impressionnants dans le domaine des leucémies (les cancers du sang). Administré chez des patients jeunes, pour lesquels un premier traitement n’avait pas eu d’effet, le Kymriah a permis à 83 % des patients d’entrer en rémission, même avec une seule dose. « C’est une révolution. Avant, on essayait de corriger les gènes défectueux en injectant un gène normal. Mais la partie défectueuse était toujours là et l’ADN introduit dans l’organisme allait s’intégrer n’importe où, ce qui avait même provoqué des cancers. CRISPR permet d’aller introduire ce gène dans un endroit sans danger », rappelle Carine Giovannangeli

Aujourd’hui, des centaines de laboratoires utilisent cet outil. Il s’est démocratisé au point que, pour quelques centaines de dollars, il est possible de se procurer un kit sur internet et de se livrer à des expériences de bio hacking dans sa cuisine. « Est-ce que cela peut-être dangereux ? Oui. Comme l’outil est simple d’utilisation et à la portée de tous, cela signifie qu’on peut éditer le génome comme on veut et en faire une utilisation inappropriée, comme l’eugénisme. Mais je ne pense pas que la menace passe vraiment par des biohackers qui mènent des expériences dans leur garage », souligne Anne Galy.

MONSANTO, LE SPÉCIALISTE DES OGM DEVENU UNE FILIALE DU GROUPE BAYER, A RACHETÉ LES DROITS DE CRISPR-CAS9 EN 2016

Dans l’agro-alimentaire aussi, les grands groupes n’hésitent pas à mettre au point des aliments génétiquement modifiés. Monsanto, le spécialiste des OGM devenu une filiale du groupe Bayer, a racheté les droits de CRISPR-Cas9 en 2016 auprès de l’institut Broad de Cambridge aux États-Unis. L’opération a alerté une partie de la communauté scientifique, qui craint que l’outil ne mène à des dérives.

Par mesure de précaution, l’institut Broad a émis trois restrictions à l’utilisation de CRISPR-Cas9 dans le contrat passé avec Monsanto. Interdiction de procéder à du « gene drive », une technique qui permet d’amplifier un gène et qui pourrait dérégler l’écosystème. Pas le droit de rendre des graines stériles, ce qui risque de mettre les agriculteurs sous le joug des firmes géantes qui produisent les semences. Et enfin, pas le droit de toucher au tabac pour le rendre plus addictif.
https://www.numerama.com/sciences/39455 ... mains.html
0 x
私たちが信じる理由を持っていることを意味するものではありません信じる理由を持っています。


戻る「科学技術」へ

オンラインは誰ですか?

このフォーラムを閲覧中のユーザー:いいえ登録ユーザとゲスト2