比較自動車用ガソリン、ディーゼル、ハイブリッド車や水素2020(出典MIT)

交通と新しいトランスポート:エネルギー、環境汚染、エンジンの技術革新、コンセプトカー、ハイブリッド車、プロトタイプ、公害防止、排出基準、税。 個々のないトランスポートモード:輸送、組織、カーシェアリングや相乗り。 なし以下オイルで輸送。
アバタードゥutilisateur
クリストフ
Modérateur
Modérateur
投稿: 60489
碑文: 10/02/03, 14:06
場所: 惑星セレ
X 2634

比較自動車用ガソリン、ディーゼル、ハイブリッド車や水素2020(出典MIT)




パー クリストフ » 11/03/16, 19:44

2020年までのエンジンのさまざまなエンジン技術の生態学的な比較、すなわち、次の6つの技術:

a)ガソリン
b)ハイブリッドガソリン
c)ディーゼル
d)ハイブリッドディーゼル
e)固定改質器付き水素燃料電池
f)オンボード改質装置を備えた水素燃料電池

... 2003年13月のScience&Avenirドキュメント... MITによる研究に触発されました(XNUMX年で確実に進化しました...):

スタック・可燃性の比較-の-MIT-pic84.jpg


私の分析(2004年):

言語の乱用とは、燃料電池に基づいて水素燃料エンジンを呼び出すことを意味します。 ただし、いくつかの詳細が必要です。

1)従来の燃焼機関(火花点火)は、より良い効率と信頼性のためにいくつかの修正を加えて純粋な水素を燃焼させることができます。 ...)。 主な難点は、水素の貯蔵にあります(空気の27倍の軽さで、ほとんどの材料に拡散するほど小さい)。このタイプのエンジンは、もちろん水素エンジンと呼ばれることがあります。

2)メディアが現在話題にしている「水素」エンジンは、実際には、水素(および酸素を変換」する燃料セル(詳細については、このテクノロジーの特定のページを参照)に基づいています。空気)を電気と水(液体または蒸気)に入れます。
したがって、排気を出る液体の水と蒸気のみがあります。
「ウォーターエンジン」(公式には存在しません)とのまだ大きな混乱の可能性は、それが私たちが消費するものであるのは水を拒否するためではないためです。 ガソリンエンジンはCO2エンジンと呼ばれていますか? 明らかにありません!

3)水素はエネルギーベクトルにすぎず、エネルギー源ではありません(もちろん、熱核融合については話していないと考えてください)。 単純な状態では地球上に存在しない(または非常に少ない)ため、他の化学要素、状態、輸送、保管から変換する必要があります。 これらのすべての段階でエネルギーが消費されるため、いずれかの技術のパフォーマンスと排出量を考慮する必要があります。 これがまさにMITチームのしたことです。
結果は残念ながら(その防御者にとって...)燃料電池に有利ではありません。

Science&Avenirからのこの抜粋は、MITが実施した調査から得られたもので、2020年に使用されたさまざまな推進技術を比較しています。

-エッセンス
-ハイブリッドエッセンス
-ディーゼル
-ディーゼルハイブリッド
-固定改質装置付き水素
-オンボード改質装置付き水素

著者は、これらの各テクノロジーの環境への影響を示しています。走行キロあたりのエネルギー消費量(Mj / km単位)とCO2排出量(炭素グラム/ km単位)。

彼は環境的には、ディーゼルハイブリッドは燃料電池車と強力に競合できると推測しています(すべての場合において、リフォーマーを搭載したPACよりも経済的です)。 経済的には、ディーゼルハイブリッド車がPAC車よりもはるかに安価になる可能性が高くなります(特に搭載されている改質装置の場合)。 したがって、ディーゼルハイブリッドは、現在利用可能な最も環境に優しい車両です。

特に、ディーゼルハイブリッドのコストと技術開発はすでにその時点にあり、PACの場合とはほど遠いためです! 市場への投入を制限しているのはマクロ経済的概念のみです。

水素の生産の7つのモード。

エネルギー水素を生成する7つの可能な方法を次に示します。

重質炭化水素の水蒸気改質

軽質炭化水素の改質

バイオマスガス化

水による石炭のガス化

加熱分解

電解核

再生可能エネルギー電気分解


また読みます: 新しい輸送/ - 水素エンジンと-OR-無し炭素t2163.html
0 x

アバタードゥutilisateur
エイドリアン(ex-nico239)
Econologue専門家
Econologue専門家
投稿: 9381
碑文: 31/05/17, 15:43
場所: 04
X 1878

再:2020年のガソリン、ディーゼル、ハイブリッド、水素エンジンの比較(ソースMIT)




パー エイドリアン(ex-nico239) » 07/02/19, 23:04

どのトピックを復活させるのかわかりませんが、今日テレビ(TF1)で、最終的には汚染が少なくなるため、ガソリン車よりもディーゼル車が再び好まれると聞きました。

同時に、ガソリン車が汚染のペナルティから「利益」を得ていることを学びました。

とにかく、もう何も分からない :Mrgreen: :ショック: :Mrgreen:
0 x
JANIC
Econologue専門家
Econologue専門家
投稿: 13167
碑文: 29/10/10, 13:27
場所: ワインレッド
X 1044

再:2020年のガソリン、ディーゼル、ハイブリッド、水素エンジンの比較(ソースMIT)




パー JANIC » 08/02/19, 08:09

とにかく、もう何も分からない
ディーゼルのようなガソリン車は、自由排気(燃焼ガス)を持っています。 粒子状物質であるディーゼルNoxの強力な拒絶により、製造業者は非常に効率的であるが高価なフィルターを追加するようになりました。これはトラックでは価格のごく一部にすぎません。 しかし、小型車では、その価格によっては追加費用が大きくなります。 したがって、それは、要件が多かれ少なかれ生態学的かつ経済的な一種の「ファッション」に従う猫とマウスのゲームです。 これらの同じガソリンメーカーがこれらの排出量を削減するために他の付属品を追加することで十分であり、ガソリンは直接汚染の点で好意的な頭を引き継ぎますが、明らかに汚染することによってこれらの付属品を製造しなければならない産業レベルではそれほど好意的ではありません。 !
0 x
「石で家をつくるように、私たちは事実で科学をつくる。しかし、事実の積み重ねは石の山ではなく科学ではなくなる」アンリ・ポアンカレ


 


  • 類似のトピック
    Réponses
    閲覧数
    Dernierメッセージ

戻る「新しいトランスポート:技術革新、エンジン、汚染、技術、政策、組織... "

オンラインは誰ですか?

これを閲覧しているユーザー forum :登録ユーザーおよび22ゲストはいません