エンジンの水噴射:モンタージュと実験多点注射のパントン

編集やエンジン、経験、知見やアイデアへの変更。
romalebelge
私はeconologic発見しました
私はeconologic発見しました
投稿: 2
碑文: 07/11/05, 16:45

メッセージ以外のluパー romalebelge » 07/11/05, 17:11

こんにちは皆さん、私は長い間興味を持っていますし、さらに行きたいです。
しかし、私たちはディーゼル車やキャブレター車に修正が加えられるのをよく見かけます。
しかし、注射はどうですか?
取り付けは適応可能かどうか?
参考までに車はEFIシステムとパレット流量計を備えた1.3 1995カローラXNUMXガソリンです。
情報をありがとうございました;)
0 x

アバタードゥutilisateur
元オセアノ
Modérateur
Modérateur
投稿: 1569
碑文: 04/06/05, 23:10
場所: ロレーヌ - フランス
X 1

メッセージ以外のluパー 元オセアノ » 07/11/05, 21:20

これも注射で行われています。 ガソリン噴射がキャブレターの代わりに使用され、反応器はインジェクターの後に配置されます。

一般的に、注射車は次の図を尊重します。

エアフィルター - >インジェクター - >吸気管 - >シリンダー。

加えて、注射用車両は、注射されるガソリンの量を調整するための酸素センサ(ラムダプローブ)をしばしば有する。 彼は一人で自分を調整します...
0 x
【MODOモード= ON]
Zieuterあまりないと思います...
アンドレ
パントンエンジンの研究者
パントンエンジンの研究者
投稿: 3787
碑文: 17/03/05, 02:35
X 9

メッセージ以外のluパー アンドレ » 08/11/05, 03:28

romalebelgeに返信する
私は一点注入の水ドーピングアセンブリを持ち、それはかなりうまくいきます
私の他のビュイック多地点車のために私は私が原子炉を使うことができるとは思わない
しかし、あなたの場合は、トラフィックが楽になるはずです。
私が言うのはそれがx倍だということを私は理解している
排気ガス中の水でモーターを駆動すると、酸素が過剰になるか、少なくともそれがプローブが検出するものであるため、インジェクターへのパルスが増える傾向があり、これによって混合気が濃縮されます。
結局、私たちはドーピングのない場合よりもドーピングの場合が多いです。
これを回避するには、lamdbaプローブを切断するだけです。
エンジンが少し濃すぎるのでエンジンはプレプログラムの開ループで走行し、この方法は空気流を歪ませることをパレット信号とし、問題が解決され、ドーピングがうまくいった場合、水は経済的になる。
一般的にこの信号と0-4ボルトは制御のために4ボルト上の単純なポテンショメータを調整することを可能にします、それはエンジンまでは貧弱
足りなくなり始め、それから少し上がるのでそれは回る。 エンジンが暖まると、他の調整を行う必要がなくなり、すべての体制で機能します。
ドーピングが水を含んでいて機能しているときだけ、明らかにこの調整をしてください。
原子炉を水でドーピングし、その後反応器の水を切るとエンジンの回転が悪くなり過ぎると振動して打撃を与えます。
私の言葉では、それは私たちが水でドーピングをするときエンジンがより悪い混合物をサポートすることを意味します。 (私はそれを説明することはできません)しかし私の125の一次テストで私の小さな2002ccエンジンでそれを見てから長い時間が経ちました。
アンドレ
0 x
天使
私はeconologic学びます
私はeconologic学びます
投稿: 34
碑文: 12/10/05, 14:55

メッセージ以外のluパー 天使 » 12/11/05, 17:42

ボンジュール、
私はPantone原子炉をガソリン噴射エンジンに取り付けることについての私の謙虚な意見にちょっとしたコメントを付け加えたいと思いました。
ラムダの問題を回避するために解決策があります!
革新的なマーケット(ebayを参照)に、どこにでもある通常のラムダプローブ用のEMULANTブロードバンドプローブキットがあります。

ケーキの上のチェリーは、ラムダの本当の値の間のどんなシフトでも(プログラム)をindureすることができるものが計算機に送られる値です、

概して、問題となっているプローブで修正した後のラムダリールは1.1(非常に悪い)です。ラムダ1.0計算機で終わります。

そしてそれはすべて……本質とパントンに若者を転がす :D
0 x
アバタードゥutilisateur
NLC
Econologue専門家
Econologue専門家
投稿: 2751
碑文: 10/11/05, 14:39
場所: ナント

メッセージ以外のluパー NLC » 15/11/05, 17:18

私は2.0lマルチポイントエンジンである私の車でパントン体験をしています。 私が出会うであろう問題を、特にラムダプローブで共有することができるでしょう。

電子的で、必要な機器、デジタルオシロスコープなどをすべて備えています。電卓用のさまざまな信号を変更できるのはうれしいことです。

シリル
0 x




  • 類似のトピック
    Réponses
    閲覧数
    Dernierメッセージ

戻る「エンジンの水噴射:アセンブリと実験」へ

オンラインは誰ですか?

これを閲覧しているユーザー forum :登録ユーザーおよび4ゲストはいません