エンジンの水噴射:モンタージュと実験フィードバックを求める「G +」+植物油。

編集やエンジン、経験、知見やアイデアへの変更。
マシュー
私はeconologic学びます
私はeconologic学びます
投稿: 18
碑文: 01/12/07, 17:09
場所: ジロンド - エントレのドゥ量体

フィードバックを求める「G +」+植物油。

メッセージ以外のluパー マシュー » 27/12/07, 23:57

みなさん、こんにちは。そしてハッピーホリデー...

...誰かが、ディーゼルエンジンでの植物油(50%... 100%?)との燃焼を伴うG +システムの良好な共存があるかどうかを教えてくれます。

申し訳ありませんが私が答えを探し始めました forum、しかし私たちはいつも別の興味深い主題に逸脱し、それから私たちはもっとやります!

ありがとう
0 x

アンドレ
パントンエンジンの研究者
パントンエンジンの研究者
投稿: 3787
碑文: 17/03/05, 02:35
X 9

Re:フィードバックの呼びかけ "G +" +植物油

メッセージ以外のluパー アンドレ » 28/12/07, 00:30

ボンジュール
マシューは書きました:みなさん、こんにちは。そしてハッピーホリデー...

...誰かが、ディーゼルエンジンでの植物油(50%... 100%?)との燃焼を伴うG +システムの良好な共存があるかどうかを教えてくれます。

申し訳ありませんが私が答えを探し始めました forum、しかし私たちはいつも別の興味深い主題に逸脱し、それから私たちはもっとやります!

ありがとう


浸炭における石油市場の主な欠点のXNUMXつは、各コールドスタートでのファウリングです。
エンジンオイルの希釈のリスクあり
水でのドーピングは遅くなり、このファウリングは完全にはなくなりません(通常は冷たく、原子炉内の水をカットしますが、都市では低速で低速で実行しています)水)

厳密に言えば、水をドープする場合、ディーゼルを使用すると収率が向上します。
オイルが100%の場合、私の消費量はディーゼル+ドーピングよりも10〜15%高くなります。
100%オイルをドープせずに測定は行われませんでした。

多くのが、 forum反対側の数字で油っぽく到着すると、油の方が経済性が良くなります。インジェクターも、インジェクションポンプも使いすぎなかったのは事実です。
ウォータードーピング以外は、元の設定に変更するものはまったくありません。
私はまた、100%オイルで少し多くの水を消費する傾向があります。これにより、エンジンにパンチが与えられ、排気での香りが少し減少します。私はむしろ力を奪ったオイル。
100%オイルを運転するときは、エンジンをより多くの熱で操作する傾向もあります。

アンドレ
0 x



  • 類似のトピック
    Réponses
    閲覧数
    Dernierメッセージ

戻る「エンジンの水噴射:アセンブリと実験」へ

オンラインは誰ですか?

これを閲覧しているユーザー forum :登録ユーザーおよび4ゲストはいません