エンジンの水噴射:一般的な情報パントンリアクター、個人的な反射

水の内燃機関の注射およびプロセス「パントン」:概要および一般的な情報。 切り抜きやビデオ。
アバタードゥutilisateur
NLC
Econologue専門家
Econologue専門家
投稿: 2751
碑文: 10/11/05, 14:39
場所: ナント

パントンリアクター、個人的な反射

メッセージ以外のluパー NLC » 10/11/05, 15:46

みなさん、こんにちは! :D :D

まあ、私は友人がpantoneシステムを発見しました。 3日以来、私はもはや眠りません。私はそれを自分の車に適応させるためにシステムをコギングしました!

しかし、何かをする前に、できるだけ細かく解析し、最適化して初めて動作することを確認しています。

ここに私の個人的な反省があります。それは私が思いついたとき、

バブラーの反射:
---------------------------

- 移動中、飛沫が原子炉に吸い込まれないようにする必要があります。 湿った空気が通過できるように出口を反応器に向かって保護する必要があるが、水滴は通過しないことが必要である。

- バブラーは水蒸気ではなく、湿った空気を生成する必要があります。 バブラーが水蒸気を発生させると、原子炉が仕事をするために空気中に水分が多すぎると私は思います。 また、水が多すぎると、反応炉が冷えて拾い上げる可能性があります。

- バブラーがうまく機能するためには、水を加熱する必要があります。 実際、温水中では、分子が活性化され、蒸発がより良好である。 湯は冷水よりも速く蒸発することが知られている。 一方、水が沸騰している必要はなく、そうでなければバブラーから出る蒸気のためである。 何が良いでしょう、それは特定の温度、例えば90°Cでバブラーの水を調節することでしょう。

- 吸引された空気が予熱されているとバブラーがうまく動作する可能性が高い

Reflexions sur le reacteur :
----------------------------

- 私は、茎の直径が非常に重要だとは思わない。 重要なのはおそらく、ステムとその容器との間の距離であり、0.5と1.5mmの間にあると思われる。 私は通過したい空気の流れに応じてステムとその容器の直径を調整する必要があると思います。 立方体の容量が大きいほど、吸入空気の吸い込み量が増えるため、普通の空気/湿った空気と同じ割合を保ちたい場合は、より多くの湿った空気を原子炉に通さなければなりません。

- Il faut imperativement que les tubes d'entrée et sortie du reacteur soient plus important que la surface entre la tige et son conteneur. Je pense que le diametre interieur des tubes d'entrée et sortie doit etre le meme que le diametre interieur du reacteur. De cette facon, on aura une bonne depression autour de la tige et une bonne acceleration de l'air.

- Le reacteur doit etre le plus chaud possible, donc je pense qu'il faut le mettre le plus pres possible de la sortie du moteur. Je pense qu'il serait pas mal egalement d'isoler thermiquement le reacteur du pot d'echappement, pour ne pas que le pot + la culasse n'absorbe la chaleur du reacteur. Car j'imagine que les gaz d'echappements sont bien plus chaud que le pot en lui meme. Donc si on est bien isolé, la temperature du reacteur sera plus importante que si on est mal isolé.

- 私は効果的であるためには、原子炉は水蒸気などのように空気を吸いすぎてはならないと考えています。 私は本当にあなたが湿った空気を吸わなければならないと思います。 したがって、バブラーを設計する必要があります。

- Je pense que s'il faut que les gaz d'echappements circulent dans le sens inverse de l'air du reacteur, c'est plus pour des raisons de temperature de l'air a la sortie du reacteur que de magnetisme ou je ne sais quelle autre raison. En effet, la sortie du reacteur sera theoriquement plus chaude que l'entrée, puisque les gaz d'echappements vont se refroidir en avancant. Du coup, on peut dire que l'air aspiré par le reacteur sera chauffé "en douceur".
Exemples theoriques :
反応器の入口は700°Cであり、出力は800℃(排気ガスに反応器とは反対に循環)している場合:
反応器に流入する空気は徐々に加熱され、800℃に近い温度に達する機会がある。
ここで800°Cにある原子炉の入力であり、出口に700°C(同じ方向の循環)がある場合:
入ってくる空気は突然800°Cに出ますが、すぐには届きません!
また、反応炉の温度が下がるので、800erの場合ほど1℃に近づけてはいけません。

- 前の点と比較すると、反応炉と燃料棒が長くなるほど優れている可能性があります。
私たちは徐々に経路のすべての空気を加熱するので、それは長いです、我々は原子炉出力の温度に近づく。 さらに、壁の分子の摩擦が電化を引き起こし、この電化がパントンプロセスの何かのものであるとすれば、それは長く擦ればいいと思う!

- Peut etre faudrait il laisser une certaine distance entre la sortie du reacteur et l'admission, pour que l'air humide pantonisé se refroidisse un peu et devienne plus dense ?

-----------

私のパントン原理原理の理論:

L'air qui entre dans le reacteur est chargé en humidité, c'est a dire qu'on a des micro goutellettes d'eau en suspension dans l'air.
Au moment du passage autour de la tige, on monte la totalité de l'air a haute temperature (sans la tige, l'air au centre du reacteur ne chaufferait pas autant que l'air qui frotte contre les bord).
私は、高温で空気を持ち上げることによって、水の微粒子を、おそらくは水分子への正方形の小さな粒子に分解することができると考えています。 多分摩擦のために電化があれば、それはさらに微小滴を破壊するのに役立ちます。
Je pense qu'a ce stade, les mollecules d'eau ne sont pas encore crackée.
Ensuite cet air se melange avec l'air ambient et entre dans le cylindre. Je pense que c'est au moment de l'explosion du carburant, alors que la temperature monte tres haut, que l'eau se cracke et se transforme en hydrogene + oxygene, et participe alors a amplifier la combustion, donc gagner en puissance et surtout permettre une combustion plus complete ( donc moins de pollution ).

--------

バブラーの小さな反射:

私は可能な最大限の最適化がバブラー上で行われ、反応炉の出力をエンジンの入場にもたらす方法にあると考えています。
ゲームの目的はエンジンが原子炉から出る最大の空気を呑み込むことなので...

Pour le bulleur, et le montage actuel, y'a un truc qui me chiffone. Voici un schema tres simplifié :

画像

Il va falloir une certaine force d'apiration pour pouvoir aspirer de l'air dans ce type de bulleur, car pour aspirer de l'air il faut créer une depression suffisante pour que le niveau d'eau dans la prise d'air descende jusqu'en bas, afin qu'une bulle d'air puisse entrer.
C'est pour ca que sur certains sites, ils preconisent d'obturer la prise d'air d'origine, pour avoir une aspiration suffisante dans le bulleur et provoquer le bullage.

私のアイデアは次のようなものです:空気バブラーを吸うのはエンジンではありませんが、この空気を提供するのは私たちの責任です!
それと同じように、私たちは彼が必要とする以上の空気を彼に提供することもできます。
私はこの現在のバブラーシステムには満足しているので、アイドリングエンジンは十分なうつ病と泡立ちを引き起こすのに十分な空気を吸気口から吸い込まない。 また、街での旅行では、信号機や渋滞で待っているとゆっくりしているので、アイドル状態でもパントン空気が供給されます。

Pour cela, mon idée est d'intercaler une pompe a air entre le reacteur et le filtre a air. C'est elle qui aspirerait l'air dans le bulleur a travers le reacteur, et fournirait cet air au moteur.
その後、エンジンに送る空気の流れを電気的に選択することができます。 そして、ポンプでは、その空気を吸うエンジンがますます増えています。それを提供するのは私たちです。
アセンブリはさらに簡単で、エアーフィルターの後ろのどこかでポンプの出力を接続すれば十分です。バブラーに十分に吸い込むかどうか尋ねる必要はありません。
このシステムでは、元の空気入口を閉じる必要はありません。

ポンプの大きな利点は、各車両に対して、アイドル時の最小流量と最大流量を調整できることです。 次に、ポンプを多かれ少なかれ簡単に回して流量を調整します。

さらに、バブラー内で水が寒いときや、反応器が熱くない(センサを考慮することができる)場合など、ポンプを稼働させないでください。

電子プログラマーであり、コンピュータシステムであるので、一種の空気注入計算機を構築するために私を全く恐れません!

------

Installation sur mon vehicule :

私は自分の車にこのシステムをインストールしたい。 98、ガソリンエンジン2.0L、115chのラグナ段階Iです。 すべてのエンジン管理は電卓で行われますが、それは問題ではないと私は考えています。 私はあなたに理由を説明します:

車にはオンボードのコンピュータがあり、リアルタイム消費に関する情報を私に提供します(実際にテストすることができます)。

今私は具体的な例を取っています。平らな道にある100km / hで安定しているとします。
実時間消費は私に6.2L / 100kmを示し、私がアクセラレータの足を動かさなければ非常に安定したままです。 今、道路がダウンし、私は足のアクセラレータを動かしていないと、車はスピードを上げています、エンジンは交代しますが、消費は少し落ちます。 コンピュータが車の負荷が少ないことを検出するので、通常より少ない燃料を噴射します。
今、降下時に私が100Km / hに滞在すると、消費量は急激に減少します。なぜなら、車の負荷がより少ないからです。

だから私はフラットで、一定のスピードで安定し、パントンシステムが始まったとき、車はより多く進化する傾向があり、私は降下と同じケースで自分自身を見つけるだろう、または私は持ち上げない足や車の速度を上げているのは同じか、それほど少なくて済むか、あるいは私は起き上がり、消費は少なくなる。

だから私はパントンシステムが電子注入と両立しないとは思わない。

私は自分の車の技術文書を勉強し、注射は以下のパラメータとセンサーのおかげで規制されています:
- 水温(エンジンが熱いかどうかを知るため)
- 入場時の気温
- 吸気マニホールドのうつ病(私は思う車の負荷を計算する)
- スロットルの位置(したがってアクセル)
- ラムダプローブ

したがって、パントンシステムは、入場時に空気の温度に影響を与える。 空気が暖かくなると、電卓は空気の密度が低いと推定し、ガソリンを少なく注入して富を調整します。

唯一考えられる問題はラムダプローブです。 パントンシステムでは、エンジンが多くの酸素を拒絶するようです。 したがって、ラムダプローブは、混合物が非常に貧弱であると電卓に信じさせるので、より多くのガソリンを注入すべきである。

電卓があまり大きくなく、デフォルトになっている可能性があります。 最後に、ラムダプローブを使ってすべてが正常であることを電卓に伝えます。

Sinon j'ai mis ma voiture sur le pont ce midi (mon beau pere est garagiste, ca aide ;) )

反応器を配置するために、私は36の可能性がない、それは触媒の代わりに置くべきである。
私はシリンダーヘッドの4排気を持っていて、少なくともYNのシリンダーヘッドの60cmで会う。
だから私は、私が望むように原子炉を近くに置くことはできません。 Yの直後に、私はラムダプローブを持っています。

Et derriere la sonde lambda, j'ai un coude, puis 30 cm plus loin le catalyseur.
Je ne peux pas toucher au tube qui se trouve entre le Y et le catalyseur, car c'est lui qui integre la sonde lambda, et ca serait trop de boulot, car toute cette partie est entre l'habitacle et le moteur, donc completement inaccessible.

だから私は選択肢がない、触媒の場所に置く必要があります。 大きな利点は、5のボルトが緩んでいるため、原子炉の取り外し/リセットが簡単です! そして、何かきれいにする余裕があります。
Par contre j'espere que ca sera assez chaud :?

まあ、あなたは私の小説の終わりに達していて、あなたはあまりにも眠くないと思う :D :D :D :D

あなたは私の仮説やアイデアについてあなたの意見をくれますか?

さようなら
DernièreEditionのパー NLC 16 / 11 / 05、19:27、1は一度編集しました。
0 x

アンドレ
パントンエンジンの研究者
パントンエンジンの研究者
投稿: 3787
碑文: 17/03/05, 02:35
X 9

メッセージ以外のluパー アンドレ » 10/11/05, 17:09

こんにちはNLC

pour ce qui est de la lecture de consomation model injection
この計算の基礎は、インジェクタへのパルスの持続時間であり、時間およびインジェクタの数の関数として、ガソリンフィルタがインジェクタへの圧力の僅かな不足を持続し始めたときにわずかな誤差が生じる可能性があるが、彼らは共に信頼できる手段です。
Si tu as un oscilloscope sous la main tu mesureras le signal de la sonde lambda en marche actuellement et quand tu dopera a l'eau tu verras la differrence, le signal et ondulé c,est une moyenne, c'est un signal trés fluctuant en operation. j'ai renoncer a pres bien avoir consacré d'énergie a vouloir modifier ce signal, mais si tu est dans le metier vas dans l,ordinateur certain model sont reprogramable et le signal se boucle vers un un +1,4volts c'et lui qui determine le ratio, il suffit d'avoir la posibilite de changer ce voltage ,pour changer le ratio
Comme tout les systemes en boucle les sondes combattent un voltage et quand c'est a zero le systeme est en equilibre. Si tu travaille dans l'instrumentation tu sait tout cela....
アンドレ
0 x
アバタードゥutilisateur
NLC
Econologue専門家
Econologue専門家
投稿: 2751
碑文: 10/11/05, 14:39
場所: ナント

はい、このラムダプローブは私を恐れない

メッセージ以外のluパー NLC » 10/11/05, 17:28

Si jamais elle pose probleme je la vire et j'envois au calculateur la bonne tension qui permettra de lui dire que le melange est ok.

Sinon que penses tu de mon idée de pompe a air, pour eviter d'avoir a bricoler un venturi sur l'admission et s'acharner a faire des reglages ?

少なくともそれはもはやそれ自体を吸うエンジンではなく、それはそれを提供するシステムです。

明らかにエレクトロニクスを追加するので少し複雑になりますが、長期的には、注射用パントンの箱が良いと思います。

私の考えは、バブラーの水を加熱抵抗で加熱することです。 したがって、我々は℃付近にしたい温度を調整することができます。特に、アセンブリを簡素化し、冷却水を逸脱する必要はありません!

そうでなければ私の車では、1m1よりも短い距離の原子炉出力/入場を20mよりも短くすることはできません。

それはあまりにも多くないですか? :? :?
0 x
アンドレ
パントンエンジンの研究者
パントンエンジンの研究者
投稿: 3787
碑文: 17/03/05, 02:35
X 9

メッセージ以外のluパー アンドレ » 10/11/05, 19:41

ニックに返信
私はあなたがラムダプローブにオシロスコープを置いたことがないことを知っています
ce n'est pas un potentiomentre ni un thermocouple la sonde génere un signal ondulé qui est creter comme un squelch dans les radios ou un biais
電子的な言葉で言えば、単純な電圧ではなく、プローブを交換しようとする最初のことです。
パントンに吸入するポンプを設置するときは、小さなパドルポンプで実現可能ですが、熱に強く、潤滑が必要です(寿命が短い)
とにかくターボエンジンの場合、それはリアクタ内で下流のエンジンの小さな部分を熱望するようなものです。
低速では、特にディーゼルでは明らかに熱を欠いている原子炉をあまり使用しない。

我々は、原子炉を実行する簡単な方法を見つける必要があり、失われた熱エネルギーを使用して、バブラーが加熱され、それが終わったと信じていない、多くの熱を消費するという事実はすべてのバザードを冷却する水を蒸発させる
この蒸発を維持するためには多くの熱を必要とする(冷たい)
Pour un bulleur qui marche avec de l'huile a moteur, une torche propane (les petites bleu que l,on trouve dans le commerce) c,est insuffisant pour tenir en temperature un petit bulleur pour un 125cc, cela te donne une idée de la chaleur requise pour une automobile.
Petit conseil prend toi une semaine pour faire un montage sur un petit moteur avant d'entreprendre sur un auto, j'ai gossé pendant 3 ans sur un petit moteur et je croyais tout savoir, quand j'ai fait les montage sur les autos ,j.ai vus que j'avais beaucoup a apprendre, doper a l,eau c'est un tout autre histoire que marcher avec des carburants , juste le principe qui reste le même, avec quelques variantes.

アンドレ
0 x
アバタードゥutilisateur
NLC
Econologue専門家
Econologue専門家
投稿: 2751
碑文: 10/11/05, 14:39
場所: ナント

メッセージ以外のluパー NLC » 10/11/05, 19:57

シシ、ベースでラムダプローブは、排ガス中に存在する酸素のレベルを表す電圧を放出する。

Mais le truc, c'est que ce capteur n'est pas du tout lineaire, dès que richesse augmente un tout petit peu, genre 14/1, la tension du capteur augmente fortement.
他の方向でも同様、15 / 1のように富が少し減ると、電圧も急激に下がります。

C'est pour cela que la tension que tu as mesurée oscille et ressemble a un signal carré. Car le systeme ne peut pas reguler correctement avec ce type de capteur. En fait il fonctionne presque en tout ou rien. Si le calculateur detecte un melange trop pauvre, a peine il va l'enrichir que la sonde lambda va basculer de l'autre coté. Et inversement.

ラムダプローブの動作曲線を次に示します。

画像

酸素含量のわずかな変化が出力電圧を大きく変えることは明らかである。

Il existe maintenant je crois des sondes lambda plus chere, mais qui sont plus lineaire et permette une reelle regulation. Ici on est plus dans le tout ou rien. (d'ou les signaux carré )
0 x

アバタードゥutilisateur
ZAC
パントンエンジンの研究者
パントンエンジンの研究者
投稿: 1446
碑文: 06/05/05, 20:31
場所: ハーケン番目のレイ
X 2

メッセージ以外のluパー ZAC » 10/11/05, 20:19

こんにちはアンドリュー
Nlcあなたがリードを取る前に、簡単なソリューションを参照してください。 :笑:
les alimentations diverses ont toutes leur avantages et inconvénients;fait au plus simple pour débuter.Il y a 2 point primordial 1:une température suffisante pour que le réacteur "accroche".2:une bonne dépression dans le réacteur. :P
Apres quand tu auras respecté ces 2 points et que sa fonctionnera tu pourras faire évoluer le système avec de l'electronique ou autre!!!!
システムの進化のために、私は毎回働く(平均収量でさえも)単純なシステムを好んでいます。 :ウィンク: それは、しばらくの間(素晴らしいパフォーマンスで)走っているスーパーシステムであり、それは私たちを残りの時間にピエロのように見せます。 :泣く:
私が乗っている人には、公害防止システムを約束します。
任意のパイプのためにあなたの処分で。
@+
ZAC
0 x
アバタードゥutilisateur
NLC
Econologue専門家
Econologue専門家
投稿: 2751
碑文: 10/11/05, 14:39
場所: ナント

メッセージ以外のluパー NLC » 10/11/05, 20:22

Toandré:

Pour le chauffage electrique du bulleur, je ne pensais pas que l'evaporation de l'eau pouvait bouffer autant d'energie !
Donc je vais rester pour l'instant sur un bulleur rechauffé par l'eau du refroidissement.
0 x
アバタードゥutilisateur
NLC
Econologue専門家
Econologue専門家
投稿: 2751
碑文: 10/11/05, 14:39
場所: ナント

メッセージ以外のluパー NLC » 10/11/05, 20:32

ザックで:

正確には(私の意見では)より簡単なので、私はポンプについて私の考えを明らかにしました。
そして、はい、バブラーで効果的な吸引をする正しい方法を見つけるために実行する刺青はありません。 入院時にベンチュリを調整することもなく、...

私にとっては、ポンプは簡単に見えました。なぜなら、それは流入口の入口に問題を起こさずに、ベンチュリを必要とせずに、その出力を流れと一緒に成長させるからです。我々はパントンの空気が欲しい。 システムをカットしたい場合は、バルブまたはソレノイドバルブが不要です。ポンプをオフにするだけです。

Mais de toute facon, comme disait andré, je crois qu'il va etre difficile de trouver une pompe adequate...

私の懸念は、現在、原子炉 :(
Il va falloir que je trouve le moyen ideal de le monter.

La semaine prochaine, je scannerai une page de la doc technique de ma voiture, sur lequel y'a le plan de l'echappement.

Peut etre pourrez vous me conseiller sur l'emplacement le plus adapté.
あなたは36マフラーを壊したくないと想像しているからです;)
Mettre le reacteur a la place du catalyseur serait bien, mais ca me semble un peu loin de la culasse :?

いずれにしても、私はインストールの進捗状況をあなたに知らせます。 私はできるだけ早くそれを試してみるつもりです、私は牛乳であるのがうんざりです! :ツイスト:
0 x




  • 類似のトピック
    Réponses
    閲覧数
    Dernierメッセージ

戻る」:一般的な情報機関における水噴射」へ

オンラインは誰ですか?

これを閲覧しているユーザー forum :登録ユーザーなしおよび1ゲスト