油圧、風力、地熱、海洋エネルギー、バイオガス...インドネシアとエチオピアはフランスではなく地熱発電に移行

太陽熱または火力以外の再生可能エネルギーforum下に専用の):風力タービン、海洋エネルギー、水力と水力、バイオマス、バイオガス、深部地熱エネルギー...
futuranat
私はeconologic理解します
私はeconologic理解します
投稿: 64
碑文: 14/11/08, 16:09

インドネシアとエチオピアはフランスではなく地熱発電に移行

メッセージ以外のluパー futuranat » 27/10/09, 16:43

そしてフランス?
世界の良い記事: http://www.lemonde.fr/planete/article/2 ... _3244.html
地熱発電と風力発電の比較優位性については論議したくありませんが、この記事では、国ではなく(フランスではない)、環境税の選択を明確にした場合にどうなるかを示します。デザインの悪いカーボン。
0 x

アバタードゥutilisateur
Did67
Modérateur
Modérateur
投稿: 16700
碑文: 20/01/08, 16:34
場所: アルザス
X 7025

メッセージ以外のluパー Did67 » 27/10/09, 17:19

そしてそれを読んで考える必要があります。それは本当の地熱エネルギーです。つまり、特に火山地域で活発な地球の熱の利用です。 アイスランド、イタリアそしてフランスには地熱発電所があります(フランスでは、アルザス北部のSoultz-sous-Forêtのパイロットプロジェクトでさえも)。 それで私達は土壌中の高温を探し、私達はタービンを蒸気で動かしそして汚染なしで「自由な」電気を得る(まあ、私達は植物を湿らせなければならずそして深い掘削)...

PACタイプの地熱エネルギーは名前のハイジャックにすぎません。太陽によって暖められた地面の高い層を「熱い」熱源として使用しているからです。と温度と熱を上げる...それはそれを地熱と呼ぶのはつまらないです。 証明:あなたはやった!
0 x
moinsdewatt
Econologue専門家
Econologue専門家
投稿: 4376
碑文: 28/09/09, 17:35
場所: イゼール
X 440

メッセージ以外のluパー moinsdewatt » 03/07/12, 20:35

GDF Suez:2 MWのインドネシアにおける新しい地熱プロジェクト

インドネシアを代表する独立系発電会社の1社であるIPR-GDF SUEZ Asiaは、PLNとの2つの2 MW地熱プロジェクトについて、30年の期間で220電力購入契約(PPA)を締結したと発表しました。インドネシアの公益事業会社。
インドネシア共和国の財務省は、Muara LabohとRajabasaと名付けられた2つのプロジェクトに対する政府保証書を発行し、これらの契約に基づくPLNの義務をカバーしています。

PT Supreme EnergyとSumitomo Corporationが後援する2つのプロジェクトは、スマトラ島で建設される予定です。 彼らはこの地域に電力を供給するでしょう、そしてそれはエネルギー需要の強い成長を経験しています。

これら2つのプロジェクトは、インドネシア政府の第2次加速エネルギープログラムに含まれており、そのほぼ4 500 MWは地熱起源のものでなければならないでしょう。.

PPPの署名は、地熱資源の探査のための掘削を開始するために必要な前提条件です。 これらの資源の存在を確認した後、当事者はプロジェクトの資金調達契約ならびにエンジニアリング、供給および建設(EPC)に関連する契約を交渉します。

これらのステップを完了するのに必要な時間を条件として、これらのプロジェクトの試運転は2016で計画されています。

これらのプロジェクトで35%の出資比率を持つIPR-GDF SUEZ Asiaは、総資産で1 280 MWの運用資産と815 MWの建設仮勘定を保有しています。 また、昨年、丸紅とPT Supreme Energyとの間で220 MW向けの別の地熱プロジェクトの開発に関する合弁契約も締結しました。 Rantau Dedapと呼ばれるこのプロジェクトはスマトラ州南部にあります。



http://www.enerzine.com/4/13593+gdf-sue ... esie+.html
0 x


戻る「油圧、風力、地熱、海洋エネルギー、バイオガス... "

オンラインは誰ですか?

これを閲覧しているユーザー forum :登録ユーザーおよび7ゲストはいません