RETOUR スクロール 停止 自動モード

Ecoconstruction:HQE、HPE、生物気候、自然の生息地、気候アーキテクチャ古い家の床暖房

自然や生態系の生息地の建設:計画、設計、アドバイス、専門知識、材料、地球生物学...
Bardal
私はeconologic理解します
私はeconologic理解します
投稿: 110
碑文: 01 / 07 / 16、10:41
場所: と56 45
X 35

Re:古い家の床暖房

メッセージ以外のluパー Bardal » 16 / 01 / 18、16:43

ちょうど2つのポイント:

- モルタル敷設タイルにPCのパイプを含めることもできます。これにより、全体の厚さが少し減ります(モルタル+敷石+敷石)。

- PCは、特にこれらの厚さでは、慣性が激しくなります。 しかし、これは壁の慣性に付加されない(一方は熱の発生に関して不活性であり、他方は大気に対して不活性である)。逆に、壁の慣性は大きく減衰する少なくともハウスが恒久的に加熱され、連続的に加熱されなければ、熱放射PCの慣性の欠点である。 唯一の欠点は、シャットダウンや一般的な冷却後に熱くなるまでに長い時間がかかることです。
0 x

華やか
私はeconologic発見しました
私はeconologic発見しました
投稿: 7
碑文: 14 / 01 / 18、19:17
X 1

Re:古い家の床暖房

メッセージ以外のluパー 華やか » 16 / 01 / 18、18:27

確かに Bardal 壁の慣性と床の慣性が直接加算されるわけではありませんが、壁は大量になり、コルクのコーピングを薄くすることによってより大きな応答性を得たいと考えました。 すべての相対的な反応性は、明らかに、私は逐次加熱するのではなく、循環の速度および/または水の温度を調節することによって、知っている。 最も難しいのは、うまくいく規制を見つけることです。

いずれにしてもあなたの助けを借りてくれてありがとう/女の子 :笑:
0 x
Bardal
私はeconologic理解します
私はeconologic理解します
投稿: 110
碑文: 01 / 07 / 16、10:41
場所: と56 45
X 35

Re:古い家の床暖房

メッセージ以外のluパー Bardal » 16 / 01 / 18、19:46

私はあなたの懸念を理解していますが、パイプを含むスクリードの厚さは断熱材の性質とほとんど関係ありません。 スチールメッシュで武装することができないライムスクリードでは、補強されたセメントより少し厚くすることがほとんど必須です。 しかし、モルタルの敷設石を含むスクリードの6 cmはそれほどではありません...

慣性では、これらがPCと壁の2つの異なるプロセスであることが必要です。20°Cで安定化された家を仮定します。 壁は20°(おそらく15または16)に近い傾向にあり、そのようにとどまる傾向があります。 彼らは加熱や外部からの温度変化の場合に家の温度を安定させます。 それらの慣性は安定した快適さの要素を構成します...
この同じ状況では、PCはむしろより高い温度になり、損失をカバーする熱入力が可能になります。 外部入力の増加または減少の場合、このフロアの慣性は、それが新しいニーズ(その役割を果たすべき)に従うのを妨げ、過熱または過熱の状況につながります温度を安定させる傾向のある壁の慣性に影響を与える。 理想的なのは、壁のこの慣性を最適化するために外部断熱材を作ることができるということです...

最後には、パイプや断熱材の上に置かれたフェルマーセル(fermacel)プレートと表面コーティングを支持する超薄型床暖房ソリューションがあります。 一方、私はfermacel(繊維質プラスター)がライムタイルシールを適切に収容できるかどうかわかりません。 製造業者は対応できる必要があります。 その場合、4または5 cmスクリードの厚さ、敷設モルタルを含むでしょう...

良い考え、幸運...
0 x
華やか
私はeconologic発見しました
私はeconologic発見しました
投稿: 7
碑文: 14 / 01 / 18、19:17
X 1

Re:古い家の床暖房

メッセージ以外のluパー 華やか » 16 / 01 / 18、20:45

ああはい、私は、私はmisspokeと思います。 私はその下の絶縁体と直接スラブ10cmに私のパイプを置く場合より少なくなることをより直接的に/高速「復帰」熱に許可され、上記だけスクリードの下に断熱材を持っている+敷石するためのもの応答/速いです。 今、慣性の観点から、あなたは正しいです。 壁には、温度が安定し、PCは、損失を補償する必要がありますが、それは過熱の危険性がある「遅い」となります。 私は部屋と外部サーモスタットをする理由この現象を制限するようにそれは、です。 私は家の中で25°Cを持っているのではなく19 / 20の周りにあることを意図した後。 そして、はい、はい三回は、私が外から断熱材を作る必要がありますが、石は非常にきれいに接合し、率直に言って、それは、その文字の多くを失うことになります。

スクリードについては、コルクの下にあれば、事前に舗道を横切って4cmを読む(モルタルを加えずに、スクリードを引っ張る)。 10cmは大きな小石で安定したヘッジホッグに置かれたスラブを「硬い」(石灰のために、我々は理解する)。 私はノーマンの食器棚や500kgのクレデンザを持っていないと指定します。 重量がある唯一のポイントは、10001または15001のボールの下にありますが、コルクの断熱材はなく、ライムコンクリートのみです。 繊維スラブの面では、私はすべてとその反対を読んで、それは行わなければならない、それは役に立たない...我々は天然繊維、プラスチックメッシュを使用する必要があります...最後にあなたはその主題についてあなたの意見は何ですか?

PS:あなたはこのすべてでよく見える、あなたのパスは何ですか? 最後に、あなたが望むなら答えます、それは質問としてはかなり無分別です。
0 x
LOGIC12
私はeconologic理解します
私はeconologic理解します
投稿: 101
碑文: 28 / 01 / 08、05:41
場所: 12時ピレネー

Re:古い家の床暖房

メッセージ以外のluパー LOGIC12 » 16 / 01 / 18、23:23

こんにちは、ぬれた土です。 上昇する湿気がある可能性がありますが、海の近くで濡れた空気が冷たい床に凝縮することもあります。

家のいくつかの外部の写真がアイデアを与えるだろう。 あまり近づけないでください。
0 x

Bardal
私はeconologic理解します
私はeconologic理解します
投稿: 110
碑文: 01 / 07 / 16、10:41
場所: と56 45
X 35

Re:古い家の床暖房

メッセージ以外のluパー Bardal » 17 / 01 / 18、03:13

私の道? いいえ、物理学の訓練ではないにしても、4の家を建てることは、暖房床と断熱の問題に特に関心があります。

石の舗装(またはテラコッタタイル)の敷設は、粘土や砂の層に直接封印された伝統的なもの(封筒の4 cm)で直接...また、安定した地面に置かれたコルク(またはpse)自体に直接密封することもできます。 それはあなたの最初の投稿で提案したものです。 ヘッジホッグ(もう少しモダンなテクニック)はより効果的に排水できますが、厚さは約20cmです。 土がよく安定しているならば、厚いスラブは必要ありません。これは古い家屋の場合です...

あなたの場合、尊重するいくつかの制約があります:
- 重大なリスクのペナルティの下で基礎の下に行かないでください。 注意が必要です。古い家屋では、しばしば非常に浅い(約20cm)。
あなたは一貫性のある分離をしたい
- あなたは "通気性の"セットが必要です(そして、あなたは絶対に正しいです)

だからこそ、私はポゼラン、膨張粘土、またはバーミキュライト(膨張マイカ)のような通気性のある材料で作られた "ヘッジホッグ"を提案しました。これは良い10センチメートルを節約します。 10 cmのスラブは、敷設モルタルが加熱床のパイプを収容するのに十分な厚さであれば、義務ではありません。 繊維を導入することは、追加予防策に過ぎない。 伝統的に、我々は植物繊維(葦、藁、...)で石灰を "腕"付け、今日我々はファイバーグラス、ポリエチレン、または他のプラスチック性能を使用することができます(これは商人材料の); 避けるべき唯一のものはスチールで、石灰とは相容れない...

このようなアセンブリでは、あなたの「スラブ」は数cmに過ぎず、その慣性は従来の加熱床よりも重要ではありません。

もう一つのポイント。 私の考えでは、唯一の関連する規制は、水道法に関連する外部サーマルプローブによって制御される電動三方弁です。 室内サーモスタットは、外気温の変化と必ずしも位相がずれてしまい、不快になります。 明らかに、重要なバッファタンクが不可欠です(少なくとも1 m3、2 m3はより良いでしょう)。これは太陽熱と木材を保管するために必要です。

最後のこと:床暖房、快適性と現行の規則の範囲内にいたい場合)は、m120あたり約130-2ワットの最大熱流量を発生させることができます。 それがあなたの損失をカバーすることを確認してください...
1 x
LOGIC12
私はeconologic理解します
私はeconologic理解します
投稿: 101
碑文: 28 / 01 / 08、05:41
場所: 12時ピレネー

Re:古い家の床暖房

メッセージ以外のluパー LOGIC12 » 19 / 02 / 18、23:45

bonjour, Ne serait-il pas possible de drainer autour de la maison pour l'assainir, et de canaliser pour que l'eau parte plus loin et plus bas.

On peut aussi, et en plus faire des injections de résine dans les murs.

Il est important d'isoler sous un chauffage au sol, pour une meilleure efficacité et une moindre consommation.

A noter qu'une petite PAC AIR/AIR pour le bas, aurait tendance à assainir, et si le sol n'était pas froid, (même sans chauffage au sol) la maison pourrait être agréable, surtout dans l'Hérault, où ce chauffage est bien adapté et économique.

Mais pour avoir un sol qui ne soit pas froid, il faut que l'humidité ne remonte pas du sol, et mettre des lambourdes et du styrodur de même épaisseur entre, et du vrai plancher vitrifié par dessus. Juste à l'entrée, on peut mettre un peu de carrelage pour ne pas abimer le plancher.
0 x


 


  • 類似のトピック
    Réponses
    閲覧数
    Dernierメッセージ

戻る "Ecoconstruction:HQE、HPE、生物気候、自然の生息地、気候アーキテクチャ」

オンラインは誰ですか?

このフォーラムを閲覧中のユーザー:いいえ登録ユーザとゲスト1

人気のある検索