持続可能な消費:責任消費、ダイエットのヒント「Pic stuff」、またはオブジェクトのピークはすでに到達していますか?

消費と持続可能かつ責任あるダイエッ​​トのヒント毎日のエネルギーや水の消費量を削減するため、廃棄物...食べる:準備​​やレシピ、健康食品を見つけ、季節や地元の保全情報食品...
アバタードゥutilisateur
SEN-無銭
Econologue専門家
Econologue専門家
投稿: 6444
碑文: 11/06/09, 13:08
場所: ハイボジョレー。
X 485

「Pic stuff」、またはオブジェクトのピークはすでに到達していますか?

メッセージ以外のluパー SEN-無銭 » 06/02/12, 12:04

Le MondeのWebサイトに掲載された興味深い話題:


http://ecologie.blog.lemonde.fr/2012/01/18/a-t-on-atteint-un-pic-des-objets/



「オブジェクトのピーク」に達しましたか?

数学的に表現すると、文明の軌跡は指数曲線になります。 XNUMX世紀を通じて、エネルギーと天然資源の消費、つまり論理的には温室効果ガスの排出量は、人口統計学と並行して増加しました。

しかし、今日、私たちは高原に達したでしょうか? 消費を減らし始めたか、少なくともそれを安定させたか? 節約は新しい贅沢になる道のりですか? これは、産業革命の起源であり、世界で最も裕福な国のXNUMXつであるイギリスが、それぞれが所有するオブジェクトの最大しきい値に達したと推定している最近の研究の予兆です。住民は、この量の減少を見る前に。 これは、ピークオイル(ピークオイル)またはピークガス(ピークガス)の脈の「ピークスタッフ」です。

したがって、過去4年間、特に経済危機以前は、英国は消費量が少なく、すべてのセクターを組み合わせたものでした。建設資材(2000〜2007年の間に18%)、水、紙( -3%)、食べ物(特に肉)、車や旅の数が減り、繊維製品や肥料が減ります。 一次エネルギー生産も同じ減少傾向(-XNUMX%)をたどった。 そして、国はまた、より少ない廃棄物を生産しました。 この間、GDPは増加し続け、人口も増加しています。

全体として、そして経済の量は30倍になりましたが、各英国人が毎年使用するものの総量(約1989トン)は、2001年から2003年の間に「オブジェクトのピーク」に達した後、XNUMX年のレベルに戻ります。 、毎月のTerra Ecoによって発掘されたアメリカのサイトFastcoexistを配信します。

同様の傾向がヨーロッパ全体で現れ始め、2009年の家計のエネルギー消費量は9年のレベルを2000%下回りました。フランス、スウェーデン、オランダでは、減少は15 %。

成長と消費の分離

このデータの起源は? クリスグドールは同時に、エコロジスト、エネルギーと気候問題の専門家、イギリスのグリーンパーティー立法選挙の候補者であると同時に、マッキンゼーの元コンサルタントでもあり、統計の処理に慣れていました。

「私の目的は、地球が大きな環境問題に直面することを否定することではありません。しかし、私が収集したデータは、経済成長が必ずしもこれらの問題と両立しないわけではないことを示唆しています」 。 それも逆になる可能性があります。 著者にとって、イギリスの例は、一定レベルのGDPで経済成長が加速するほど、資源の効率的な利用につながり、国が物質的なものをより少なく消費することを示しています。 したがって、XNUMXつの概念は互換性があるか、少なくとも分離されていることがわかります。

もちろん、グドールの論文は、環境保護論者と経済学者の間で、それが風変わりであるのと同じくらい活発な議論を引き起こしました。 一方では、ニューヨークのロックフェラー大学の環境プログラムのディレクターであるジェシーアウスベルのような楽観主義者たちは、これらの図で長期的な抑制できない傾向を見ており、これは経済学者の論理的な結果です発明者であるクズネッツサイモンの名前から、クズネッツ環境曲線と呼んでください。 この曲線は、国々が工業化するにつれて、彼らが資源を浪費し、大規模な汚染を発生させる初期段階を経て、それを超えて投資を開始する転換点に達することを示唆しています。より効率的なリソース。 次に、国内総生産のXNUMXドルを生成するために必要な材料とエネルギーの量が徐々に減少します。 Ausubelはこのプロセスを「非物質化」と呼んでいます。

消費産業の移転

「持続可能な経済への移行が市場に自由な手綱を与えることによって自発的に現れるという考えは誤りです」有名な著書「繁栄のない繁栄」の著者である英国の経済学者ティム・ジャクソンをガートナーは反論している。 同氏はまた、「物質的なものへの依存から脱却したと信じて安心できる。しかし、過去の分析によると、英国の消費量の低下のほとんどはかなり小さく、XNUMX年で数パーセントである。多くの場合、これらの数値は測定値の統計的な誤差範囲よりも低くなっています。

Goodallの研究では、資源消費産業の開発途上国への移転は考慮されていないことは言うまでもありません。 したがって、英国で石油、石炭、またはガスの消費量が減少している場合、総炭素排出量は、英国のラップトップ、おもちゃ、または衣類を製造する外国の工場からの排出量を再配分すると、定期的に増加し続けます国。

すべてにもかかわらず、「ピークスタッフ」のアイデアは興味深い質問を提起します。消費が再び増加しないようにする方法、および過去よりもさらに強力な方法は? そして、もし英国が本当にピークに達したなら、どうやってそこに着いたのでしょうか? それは単に産業ベースの経済からサービスベースの経済への移行であり、インターネットの重要性が高まっているのでしょうか? それともイギリス諸島がビジネス、住居、輸送のためのスペースを使い果たしているという事実? それとも、都市に住むことが多いため、相互に関連し合う人口が多いのでしょうか。

研究者はこれらの質問に対する答えをまだ持っていません。 しかし、その理由が最終的に発見され、他の国々が「対象のピーク」に到達するのを助けることは誰も疑わない。 重要なメッセージを伝えるには、9億人に間もなく届く世界で、少ないほど良い結果が得られます。

オードリー・ギャリック
0 x
シャルル・ド・ゴール」を天才は時々停止するときに知っているから構成さ」。

アーメド
Econologue専門家
Econologue専門家
投稿: 8683
碑文: 25/02/08, 18:54
場所: ブルゴーニュ
X 804

メッセージ以外のluパー アーメド » 17/02/12, 20:35

重要なメッセージを伝えるには、9億人に間もなく届く世界で、少ないほど良い結果が得られます。
...、成長と飲酒は両立しない可能性があることを主張しながら! あなたはそれをしなければなりません! :しかめ面:
0 x
「私はあなたを伝えること上記のすべての信じてはいけません。」
アバタードゥutilisateur
Flytox
Modérateur
Modérateur
投稿: 13832
碑文: 13/02/07, 22:38
場所: バイヨンヌ
X 544

メッセージ以外のluパー Flytox » 18/02/12, 07:59

アーメドは書きました:
重要なメッセージを伝えるには、9億人に間もなく届く世界で、少ないほど良い結果が得られます。
...、成長と飲酒は両立しない可能性があることを主張しながら! あなたはそれをしなければなりません! :しかめ面:


+1; ああ、あなたはあえてしなければなりませんでした! :Mrgreen:

一方、あらゆる分野で、何か、何でも、何かのピークを見つけるというアイデアは興味深いものになる可能性があります。 これは、これらの良いまたは悪いドリフト、「ファッション」の影響、またはバックグラウンド効果で社会を観察する「新しい」方法です。 :アイデア:
0 x
その理由は、最強の狂気です。 その理由は、あまり強くないことが狂気です。
【ウジェーヌ・イヨネスコ]
http://www.editions-harmattan.fr/index. ... te&no=4132
アーメド
Econologue専門家
Econologue専門家
投稿: 8683
碑文: 25/02/08, 18:54
場所: ブルゴーニュ
X 804

メッセージ以外のluパー アーメド » 18/02/12, 20:07

安心、心配? 「ピーク-でたらめ」は到達に近づいていません! :D
0 x
「私はあなたを伝えること上記のすべての信じてはいけません。」


戻る「持続可能な消費:責任消費、ダイエットのヒントとトリック "

オンラインは誰ですか?

これを閲覧しているユーザー forum :登録ユーザーおよび3ゲストはいません