世界を変える、プログラム全体。 JM Jancoviciによる

温暖化と気候変動:原因、結果、分析... CO2などの温室効果ガスをめぐる論争。
アバタードゥutilisateur
SEN-無銭
Econologue専門家
Econologue専門家
投稿: 6705
碑文: 11/06/09, 13:08
場所: ハイボジョレー。
X 639




パー SEN-無銭 » 13/04/12, 12:11

Remundoは書きました:
ピークオイル(天然オイル)とピーク燃料(新しいコンセプトは何ですか?)を混ぜないでください。

はい、弱いニュアンスがあります。多くの「ピーク」があります...従来の液体ピーク、非従来型のものを含む全液体ピーク、すべての炭化水素を組み合わせたピーク...

しかしねえ、それは根本的に問題を変えることはありません。


燃料を作ることができるすべてのものを数えると、状況は大きく変わります。
ピークオイルの予測については、それらは正しいので、私たちは新しい時代の夜明けにいます...戦争の!
0 x
「エンジニアリングは、いつ停止するかを知ることで構成される場合があります」Charles DeGaulle。

dedeleco
Econologue専門家
Econologue専門家
投稿: 9211
碑文: 16/01/10, 01:19
X 7




パー dedeleco » 13/04/12, 13:47

未使用の4%という現在の技術的可能性の広大さを考えると、CH99,9や石炭などの炭素質のものを使って石油を作ることができます。

非生物的石油は、基本的な化学的感覚のために本物です!!!
高圧下のCH4と地下のような触媒鉱物は、最終的に石油になります!!!!!! (ロシア人と永続的な動きよりもはるかに現実的なものを参照してください)!!!
600億年の地下蓄積があり、10万年前のヨーロッパからの分離のように、CO2を56倍にするのに十分です。

ピークオイルで、あなたは巨大な操作の犠牲者です!!!

最後に、私たちは金属が不足し、本質的で、石油よりもはるかに価格が爆発している銅で非常に明確になります!!

そして、それは終わっていません!
私たちが海水などの貧しいミネラルの有益な抽出を開発するまで!!! また、確実性。




そして私たちは犠牲者になります
0 x
dedeleco
Econologue専門家
Econologue専門家
投稿: 9211
碑文: 16/01/10, 01:19
X 7




パー dedeleco » 13/04/12, 13:58

二重にトラウマを負った日本人は、もはやヤンコビッチにまったく同意しません。

http://www3.nhk.or.jp/daily/english/20120413_01.html

温室効果ガスは原子力なしで削減できます

日本の環境省の専門家委員会は、再生可能エネルギーの使用を劇的に増やすことにより、温室効果ガスの排出量を25年までに2030%削減できると述べています。

政府の中期目標では、2020年までに同じ割合で排出量を削減することが求められています。

昨年の福島原発事故後、政府は原子力への依存を減らし、同時に地球温暖化対策に取り組みたいと述べた。

政府は、中期目標の見直しを含め、地球温暖化対策の検討を省の専門家委員会に任せた。

パネルは、2030年のレベルから1990年までにどれだけの温室効果ガス排出量を削減できるかを推定しました。

委員会は、原子力に依存しなくても、再生可能エネルギーと省エネ対策の採用を大幅に増やすことで、排出量を25%削減できると述べています。

13年2012月06日金曜日38:0900 + XNUMX(JST)


そして、彼らは私たちに再生可能なアジア人を売ることによって彼らの行動でそれを証明するでしょう!
0 x
アバタードゥutilisateur
Remundo
Modérateur
Modérateur
投稿: 10310
碑文: 15/10/07, 16:05
場所: クレルモンフェラン
X 1323




パー Remundo » 13/04/12, 13:59

SEN-NO-SENは書きました:燃料を作ることができるすべてのものを数えると、状況は大きく変わります。

総生産量が分散し、技術的に可能である場合、はい、年間総生産量で経済的に可能である場合、いいえ。

GTL(気体から液体)またはCTL(石炭から液体)の製造に伴う大きな技術的困難とそれに伴うコストのため

GTLの場合、炭化水素鎖が短すぎるため、再形成する必要があります。CTLの場合、逆になります。鎖を分解します。

それは簡単ではなく(大規模な処理と精製設備)、エネルギー的にもコストがかかります。

GTL / CTLが石油液体の混合において重要であるとすれば、それは非常に悪い兆候(巨大な価格/ Lとホモサピエンス石油の終焉)...重大な地球温暖化の通過と潜在的に移行を伴うでしょう強く妥協したエネルギー。

@+
0 x
画像画像画像
アバタードゥutilisateur
SEN-無銭
Econologue専門家
Econologue専門家
投稿: 6705
碑文: 11/06/09, 13:08
場所: ハイボジョレー。
X 639




パー SEN-無銭 » 13/04/12, 14:07

dedelecoは書きました:未使用の4%という現在の技術的可能性の広大さを考えると、CH99,9や石炭などの炭素質のものを使って石油を作ることができます。


私たちは植物(農業燃料)、藻類(藻類燃料)石炭(ドイツ人は第二次世界大戦中にそれを作った)で非常にうまく燃料を作ることができます。

しかし、私たちが「ピークオイル」と言うとき、それは石油埋蔵量を指します。 自然に利用可能.

上記の手段は、インフラストラクチャの観点から高価な技術的手段を必要とし、主に疑わしい利益をもたらします。
しかし、指数関数的経済成長の現在の論理では、大量かつ低コストで利用可能なリソースのみが特に重要です。
油は、簡単に抽出して自由に輸送できるという利点があり、さまざまな製品に簡単に変換できるという利点があります。そのため、私たちはそれに関心を持っています。

非生物的石油は、基本的な化学的感覚のために本物です

50年代の理論..。
非生物油の可能性はあり得ますが、嘆かわしい量であり、これは単なる推測です!
0 x
「エンジニアリングは、いつ停止するかを知ることで構成される場合があります」Charles DeGaulle。

dedeleco
Econologue専門家
Econologue専門家
投稿: 9211
碑文: 16/01/10, 01:19
X 7




パー dedeleco » 13/04/12, 14:09

当初は不可能だった物(300年前のパイプ、ベルサイユの鉛、強力なコンピューター、電子レンジ、液晶画面など)を毎日たくさん使っているので、この過剰なコストは確実に削減できます。可能なのでやる気があります!!
そしてそれはなります!!!

非生物油の可能性はあり得ますが、嘆かわしい量であり、これは単なる推測です!

いいえ、科学的研究とその証拠、たとえばフランスなど、地中海の至る所で油田を見ないように戦わなければならないほどの石油の量を参照してください。

http://www.notre-planete.info/
0 x
アバタードゥutilisateur
SEN-無銭
Econologue専門家
Econologue専門家
投稿: 6705
碑文: 11/06/09, 13:08
場所: ハイボジョレー。
X 639




パー SEN-無銭 » 13/04/12, 14:15

dedelecoは書きました:当初は不可能だった物(300年前のパイプ、ベルサイユの鉛、強力なコンピューター、電子レンジ、液晶画面など)を毎日たくさん使っているので、この過剰なコストは確実に削減できます。可能なのでやる気があります!!
そしてそれはなります!!!


そしてそう?
果てしない「エクストラクティビズム」を続けることは、まったくの狂気です。
ヤンコの介入で興味深いのは、彼が成長が終わったと正直に言っていること、そして将来はフィールドで汗をかく人が増え、フィールドで人が少なくなることです。オフィス!

それはピークオイルの否定ではないでしょうか? :) :Mrgreen:
0 x
「エンジニアリングは、いつ停止するかを知ることで構成される場合があります」Charles DeGaulle。
ダーク・ピット
Econologue専門家
Econologue専門家
投稿: 2081
碑文: 10/01/08, 14:16
場所: イゼール
X 67




パー ダーク・ピット » 13/04/12, 14:51

確かに、あなたのすでに老齢にもかかわらず、あなたが石油生産の減少を経験する可能性は十分にあります。
今日、私たちは山頂の頂上にある一種の「波状の高原」に先験的に数人います。
下のグラフは、2000年代の終わりの予測が1973年にピークに達した理由を示しています。XNUMX年以前の消費者動向は継続していませんでした。 この傾向は、最大値を数年シフトしなければ、世界の生産の全体的な形を大きく変えることなく変化する可能性があります。
画像
0 x
画像
私の署名をクリックします
アバタードゥutilisateur
SEN-無銭
Econologue専門家
Econologue専門家
投稿: 6705
碑文: 11/06/09, 13:08
場所: ハイボジョレー。
X 639




パー SEN-無銭 » 13/04/12, 15:11

dedelecoは書きました:
非生物油の可能性はあり得ますが、嘆かわしい量であり、これは単なる推測です!

いいえ、科学的研究とその証拠、たとえばフランスなど、地中海の至る所で油田を見ないように戦わなければならないほどの石油の量を参照してください。

http://www.notre-planete.info/


どのような証拠ですか?
非生物的石油の理論は、ほとんど(99,9%)の地質学者によって無効であると考えられています。
非生物的オイルのポケットは最小限の量で「存在する可能性があります」...

あなたがおっしゃる油田は、運営費が儲からなかったので、何年にもわたって完全に無視されていた油田です。

現在、いわゆる「非在来型」油は、非常に深い場所にあるため、または頁岩の形であるため、経済的に実行可能であり、したがって「発見」の外観は、全体的な目的ではほとんど表されません。

科学的現実を否定していても、他の否定主義を簡単に扱うことができるのは非常に興味深いことです。
子供たちが言うように:それがそうだと言う人です!
0 x
「エンジニアリングは、いつ停止するかを知ることで構成される場合があります」Charles DeGaulle。
dedeleco
Econologue専門家
Econologue専門家
投稿: 9211
碑文: 16/01/10, 01:19
X 7




パー dedeleco » 13/04/12, 15:33

私たちは何よりも温暖化を経験しており、これが主な問題であり、現在のCO20によって、将来の数千年で海面が容赦なく2m上昇します。 燃料のピークは見えず、以前のようにさまざまなタイプの用途を変更するだけです。

特に銅と非常に貴金属の急増がはるかに速く見られます。

私たちはずっと前に電気になるすべてのもののためにブロックされます!!!


昨年ほど加速してCO2を排出したことはありません!!!

地質学者のほとんど(99,9%)が無効と見なしている非生物的石油理論


イル屋 60年以上にわたって、ほとんどの地質学者は同じことを言っており、大陸移動には無効です。 ほぼ明白な議論の余地のない証拠にもかかわらず、Wegenerで!!
子供、私はまだコースの章の終わりにウェゲナーの数行を読んだことを覚えています、そして地理学の間にこれらの本質的で忘れられた事実についてもっと知ることが不可能であることに非常にイライラしました!!

瞬間のファッションは証拠ではありません、 事実だけが証拠です。

太陽系、したがって地球にはCからのHが詰め込まれています、鉄、したがってこれは4ポンドのCHXNUMXと非生物油で私たちを満たすのに十分です、 比例して、私たちが必要とするものと比較して巨大なXNUMX分のXNUMX(空気中の酸素のXNUMX分のXNUMXのように)、 そしてそれは表面に向かってわずかに上昇し、鉄は地球の中心に向かって下降します(銅も表面にまれです!!)!!!
タイタンはCH4、液体の海でいっぱいです!
地球もいくらか守ってきました!!
そして、この秒が地下に存在しないと主張するのはばかげています、CH4と石油は、あらゆる種類の地下の触媒鉱物を使って、非常に高圧で高温で自然触媒作用によって地表に向かって上昇します!!!

ウェゲナーはCQFDの基本常識!!
0 x


戻る「気候変動:CO2、温暖化、温室効果... "

オンラインは誰ですか?

これを閲覧しているユーザー forum :登録ユーザーおよび12ゲストはいません