合成加速木材油(Article S&V、1980)

原油植物油、ジエステル、バイオエタノールまたは他のバイオ燃料、または植物起源の燃料...
アバタードゥutilisateur
クリストフ
Modérateur
Modérateur
投稿: 62211
碑文: 10/02/03, 14:06
場所: 惑星セレ
X 3427

合成加速木材油(Article S&V、1980)




パー クリストフ » 20/07/11, 13:47

誰が何百万年もかけて石油が形成されたと言ったのですか?
山の下の森の突然の埋葬でも同じ結果が得られます。 経験から、分解、熱、圧力を加速すると1時間でオイルが生成されることがわかっています! 私は数年前にそれについての記事を読んで、そのような実験に言及したことを覚えています。この時点で生産する(1950に向けて)...誰がテストするのに十分なマスコミを持っているでしょうか?

個人的に、私は海岸から離れた牛の糞でいっぱいの変形可能な容器を浸したいと思います...
-熱の供給は圧力自体によって提供されます(4000 mバックグラウンドは400バーを与えます)。 コンテナの隔離を機能させるために残っています。
-1時間後に揚水してタンカーの港に戻ります。

...それが、石油が「再生可能エネルギー」になる方法です。
反min動物が消費している現在の植物のCO2。

楽しそう?


(2006のメールから抽出)

Science and Lifeの記事、6月の1980(以下のPDFバージョン)

加速油

半世紀以上の努力の末、木材廃棄物からの油の製造が加速され、代替エネルギー技術が追加されています。 さらに、木材油
他と経済的に競争するでしょう。 5月、オレゴン州アルバニーのパイロット工場から、完全に木材チップで作られた1バレルのオイルが出てきました。 サンフランシスコ近郊のローレンスバークレー研究所で開発されたプロセスのおかげで、1時間で完了しました。
アイデアは非常に単純なので、なぜこれまで考えなかったのか疑問に思うでしょう。 実際、私たちはそれについて考えました。 1920では、ドイツのフランツフィッシャーは、おがくずからアントラセンオイルと混合したオイルをすべて圧力下で取得しようとしました。 残念ながら、このプロセスはパイロットプラントの段階には至らず、非常に高価でした。 木材チップを高温で乾燥させてから、機械的にスプレーする必要がありました。 さらに、使用したオイルは高価でした。
それでも1972では、米国鉱山局がフィッシャーのアイデアを取り入れました。 それをわずかに修正することで、彼は実験室で興味深い結果を得ました。 そのため、彼はアルバニーで小さなパイロット工場を開始しました。
原料。 プラントがまだ建設中である間、プロジェクトは米国エネルギー省(DOE)の前身であるERDAに送られました。

1976で、Bechtel CorporationはDOEとこの調査を完了するための契約を結びました。 成功なし。 1年後、DOEはローレンスバークレー研究所に、
リレー。 そして、この研究所の研究者であるSabri Ergunは、Bureau des Minesによって開発された方法を放棄することを決定しました。 なんで?

ドイツのプロセスのように、それは高価だったからです。 さらに、オイルと混合された木粉は膨張する不幸な傾向があり、ポンプを注入することになっていました
原子炉内のおがくずはいつでも落下し、木材パルプの塊で詰まります。 要するに、プロセスを実験室から試験プラントに移すことは不可能であることが判明した。
その後、バークレーグループは、単に水を使ってオイルを交換するというアイデアを思いつきました。

「実際、」チームメンバーの1人であるジェームズラットホールは次のように述べています。
pHを2にするのに十分な酸と、混合物の重量の75%になるのに十分な水を加えます。 次に、約180分間45°Cに加熱します。
その後、チップは、多少細かく、非常に砕けやすい粒子に崩壊します。 その後、均質な泥を得るために、リファイナーで混合物をすばやく通過させるだけで十分です
流れるポンプをふさがないという貴重な資質を持っています。」

次に、混合物は反応器に送られ、そこで木材のオイルへの変換が行われます。 少しずつ、タンクの内側に向かって力を加えることにより、200雰囲気に圧力がかかります。
一酸化炭素と水素からなる還元ガス混合物。 同時に、温度は360°Cに上昇します。 その後、反応は約10
分。 「私たちは触媒を使用しようとしました。 40を正確にテストしました。 炭酸ナトリウムのようなものは非常に安く、
比較的効果的なもの、例えばヨード化合物などは非常に効果的ですが、非常に高価です。 塩化第二鉄のような他のものは、取得することを可能にします
炭化水素は実質的に純粋で比較的安価ですが、腐食の問題があります。 バークレーのチームは、理想的な触媒がまだ見つかっていないことを認めており、そのような化学物質を反応に加える必要があるかどうかさえ疑問に思っています。 木材-水-硫酸プロセスは、アルバニー工場に移される前に実験室でテストされました。

「100 gの木材では、80 gの液体が得られました。9,2gはオイルでした」。 アルバニーでは、工場は元々バークレーで開発された方法に従って機能するように設計されていなかったため、結果はそれほど良くありませんでした。 45,36 kgの木材を152 kgの水と80 gの硫酸で処理すると、2,56 kgのオイルが得られました。 すべてのバークレー試験で、408,24 kgの木材を処理し、22,68 kgのオイルを生産しました。 「油」相は、0,6%の固形物、7,1%の水、および92,3%の油そのもので構成されていました。 後者には、81,2%炭素、7,9%水素、0,1窒素、および10,8%酸素が含まれていました。 その発熱量は、1 kgあたり8 740カロリー、および1,09密度でした。

さらに良いことに、操作のエネルギーバランスは非常にプラスです。60と70%の間です。 言い換えれば、これは、1バレルの木製オイルを生産するために、オイルのバレルあたり3 / 1に相当するエネルギー消費量を作成する必要があることを意味します。
スタンフォード研究所の1979では、バイオマスを使用してさまざまな部門で生産されたエネルギーのコストに関する比較研究で、小さなプラントが
バークレー法による1日あたり1000 tの木材は、現在の価格と比較してバレルあたり$ 48の石油を生産します。 しかし、サブリ・アーガンは、彼が提供したデータは
スタンフォード研究所はすでに改訂されています。 今日、パフォーマンスが向上し、コストが低下しています。 木材油はおそらく1バレルあたり約$ 29で商業的に生産でき、販売された1バレルの石油の価格と実質的に競争力がある
OPECによる。 原料は木材産業からのチップ、廃棄物を使用するため、ほとんど無料です。 ただし、切り捨てられた各ツリーの26%はチップの形で失われます。
バークレーのチームは、木油重量の比率と製造される製品の品質を改善したいと考えています。 確かに、アルバニー工場は、
ビューローデマインズは、水と硫酸で前処理された木材の液化に完全に適するように修正する必要があります。

現在、バークレーはアルバニーから新しいバレルを受け取り、生産されたオイルに関する一連のテストを実施する予定です。 現在、その品質は
石油化学により適していますが、プロジェクト全体に資金を提供している米国エネルギー省は、軽油やガソリンに代わるのにより適した石油を好むでしょう。 「知っている」
Wrathall氏は説明します。「私たちの油はよく燃え、蒸留できること、処理後にガソリンを得ることができることを知っていますが、産業で使用する方が良いと思います。プラスチック; この場合、取得する基本製品を変更する必要はほとんどありません。 いずれにしても、結果は同じです。
2つのケースでは、輸入石油の経済を許可しています。
クレジットが不足していない場合、事態は非常に迅速に進む可能性があります。今年の終わりまでに、アルバニーのパイロットプラントは、プロセスによりよく適合するように完全に変更できます。
来年の初めから、新しいテストが実施され、4月1981までにすべての結果を保持して、Sabri Ergunのチームは計画を設計できると考えています
今回は商業規模のプラントで、1日あたり2000 tの木材チップをオイルに変えます。

フランソワーズ・ハロワ・モナン


バージョン.pdf: https://www.econologie.info/share/partag ... 3OWVf5.pdf

バイオマスから石油への変換における最近の進歩について詳しく知る: https://www.econologie.com/liquefaction- ... -2989.html
https://www.econologie.com/forums/les-biocar ... t4504.html

ps:それは有名な「laigretpetroleum」を彷彿とさせます: https://www.econologie.com/c-est-quoi-le ... -3940.html
https://www.econologie.com/forums/du-petrole ... t5802.html
0 x

dedeleco
Econologue専門家
Econologue専門家
投稿: 9211
碑文: 16/01/10, 01:19
X 7




パー dedeleco » 20/07/11, 15:19

とてもおもしろいです。

しかし、化石燃料と石油は地下にあるため、大気中のCO10を何倍にする2がたくさんあります(自然発生的に56百万年ある場合!)そして、すべての酸素を燃焼させるのに十分です私たちが呼吸すること(!!!)、バイオマスで石油を作ることは必須ではありませんが、化石燃料の燃焼によって放出されるCO2を正確に補償するために、地下で数百万年にわたって効果的に貯蔵することです! !
したがって、このバイオマス(チップまたは液化木材、藻類、 ブルターニュで過剰に )枯渇した油井内、たとえば、CO2で化石燃料を通過させた炭素の量に等しい炭素の固定量で!!
地下に注入されたこのバイオマスは、地下に注入したいCO2よりもはるかに安定した炭素を持っています(地下でゆっくりと終了します)、そのガスははるかに簡単に戻ります!!

したがって、バイオマスを地下に注入するソリューション(CO2の代わりに)は、石油への変換のすべてのステップを削除する方がはるかに良いでしょう。

石油会社とガス会社は、化石燃料の形で炭素燃料と同じ量のバイオマス炭素(液化木材、海藻)を地下に注入することを余儀なくされるべきです。

したがって、自然は何百万年もの間私たちのために行ってきたので、このバイオマスの石油またはガスへの変換を節約します。多くの場合、実際には不合理です。

!!
0 x
アーメド
Econologue専門家
Econologue専門家
投稿: 10096
碑文: 25/02/08, 18:54
場所: ブルゴーニュ
X 1311




パー アーメド » 20/07/11, 22:02

バイオマスからオイルへの変換、およびCO2隔離目的の地下貯蔵は、原則ではなく心の見解です(ただし、最初の仮説については、パフォーマンスについて多くの疑問を抱いていますが)発表)、しかし桁違いに。

実際、私たちのエネルギー消費量の過剰は、バイオマスの非累積生産が途方もなく低いほどです。フランスの森林は、20eの初めに石炭によって、そして第二次世界大戦後に石油によって救われたことを思い出してください。

バイオマスを大量に使用すると、CO2の観点から中立(および2番目の仮説の場合はプラス)のままであっても、非常に重大な結果をもたらし、環境の劣化を加速します。

エネルギー作物(森林伐採の代替案)とそれらのいわゆる肥料不足(miscanthus)、または干ばつへの抵抗(ジャトロファ*)に関する理論的推測は、価値のない主張です:現実には十分な収益(および経済がそれを制御する)を望む場合、最初のケースではインプットが不可欠であり、2番目のケースでは良い土地です。
これらの2つの例にとどまるために、これらの文化は逆説的に、一方は油の使用に関するものであり、他方は食用作物との競争に関する、よりエキゾチックなものです。

*アイボリアンの森の「発展」の簡単な図解:
http://www.deficreation.com/phorum5/read.php?2,55356
0 x
「何よりも、私があなたに言っていることを信じないでください。」
moinsdewatt
Econologue専門家
Econologue専門家
投稿: 5063
碑文: 28/09/09, 17:35
場所: イゼール
X 541




パー moinsdewatt » 20/07/11, 22:22

燃料液を作るための森林廃棄物の使用は、シンテティック石油ではなく、エタノール(いわゆる「セルロース系」エタノール)の製造の方向に進んでいます。

特にカナダでは、産業家がセルロース系エタノールに参入しています。

しかし、上記の投稿で提起された大きな問題は、実際には原材料の供給です。

収益性の高い植物を作るには、膨大な量の材料が必要です。
0 x


 


  • 類似のトピック
    Réponses
    閲覧数
    Dernierメッセージ

戻る「バイオ燃料、バイオ燃料、バイオ燃料、BTL、非化石代替燃料...」

オンラインは誰ですか?

これを閲覧しているユーザー forum :登録ユーザーおよび10ゲストはいません