農業:問題や公害、新しい技術とソリューション5の殺虫剤や殺菌剤の日を食べます!

農業と土壌。 公害防止、土壌浄化、腐植、新しい農業技術。
アバタードゥutilisateur
Did67
Modérateur
Modérateur
投稿: 17408
碑文: 20/01/08, 16:34
場所: アルザス
X 7473

メッセージ以外のluパー Did67 » 21/07/13, 10:38

「有機」農業が言及されているので-非常に論理的に:

a)60年2013月の「XNUMX万人の消費者」のファイル、いくつかの分析...

b)一般にはるかに優れていますが、微量の農薬が残っています

c)したがって、はい、今日の消費者は、農薬を含む製品(「従来の」製品)とほとんど含まれていない製品(「有機」製品)の間で幅広い選択肢を持っています。 さまざまなebase製品が一方では専門市場で、もう一方では地元のスーパーマーケットで入手できます。

スーパーマーケットの製品の品質は専門店の品質と同じです-a)で引用された関係書類を参照してください

つまり、「システム」を非難して変化させる必要がある場合は、それ自体の行動と選択についても検討する必要があります。 ルールを変える必要があるとしても、政府の行動で「それが変わる」のが私には「子供っぽい」(悪い子のように振る舞う)ように見えるまで待ちます...インテリジェントライフの基礎( ;または私はそれゆえ私は思いますか? ")、責任、それは独自の行動を取ることです。 そしてその結果。

d)最後に、職業に近いので、10年でパラダイムが大きく変わったことを保証できます。 導入されている「edst」システム:専門の「オーガニック」アドバイザー、トレーニング、セクター...

e)しかし、農場の改造は簡単ではありません!

「オーガニック」の生産は時々気味が悪く(この寒くて湿った春)、「プロダクト」がないと、特定の生産ではお尻を締める必要がありました。

変換(「有機萌え」で成長するが「有機標識」を販売しない)は高価です...多くの場合、生産コストはXNUMX倍になります...

私が農業価格(農場からの牛乳25リットルあたりXNUMXセント未満)について上記で書いたことを思い出し、農家のひどい借金を(平均して)追加します...それは私ではありません私の庭で「遊ぶ」実験。 男は時々「生のためか死ぬか」(搾取-それが自殺でないとき)...

変換と2年間の認定生産(したがって、5年間の冒険)の後、フランスで唯一の「オーガニック」ホップを取り除くことを検討しています。生産はありますが、「ニッチマーケット」は見つかりません。 私たちがもはや運ぶことができない約100万ユーロの「穴」...

しかし、正直に言うと、「ジャックポット」があると言わなければなりません。「有機」ザワークラウトキャベツの生産(処理なし!)

さらに説明することなく、この証言だけで言うと、それほど単純ではありません。
0 x

アバタードゥutilisateur
クリストフ
Modérateur
Modérateur
投稿: 52887
碑文: 10/02/03, 14:06
場所: 惑星セレ
X 1302

メッセージ以外のluパー クリストフ » 21/07/13, 10:38

highflyaddictは書きました:明らかに我々は問題を抱えています....そしておそらく計画の様々な試みによって遭遇されたものよりはるかに深刻です。


西側で私たちが何も言わなかったか、またはほとんど言わなかったのは、ソ連の共産主義の崩壊時に、人口の大部分がこのシステムに懐かしいということでした!

highflyaddictは書きました:しかし、私は投機的な金融悪役に石を投げていません。 彼らの力は私たち全員が彼らに与えたいものだけです ...システムを実行することによって(羊飼いの友人が言うように群れの安全を守ること)。


一部のサメは非常に才能があります...誰にも(またはほとんど)尋ねずにこの力を発揮する...
0 x
Ce forum あなたを助けましたか? 彼も助けて 彼が他の人を助け続けることができるように- エコノロジーとGoogleニュースに関する記事を公開する
アバタードゥutilisateur
Did67
Modérateur
Modérateur
投稿: 17408
碑文: 20/01/08, 16:34
場所: アルザス
X 7473

メッセージ以外のluパー Did67 » 21/07/13, 10:53

新しい「東/西」論争、つまり、「監督された計画経済/規制された資本主義」は、より真剣な検討に値する。

絶滅すると、各システムはその「ノスタルジックな」ものを生み出します。 「ネオナチス」がいることを忘れないでください。 これは、ナチズムが優れたシステムであるという考えを「サポート」するための引数として使用できますか? 呼ばれる直前に、私は何を知りませんか? これは、常に嫌いな人、単心者、または「魂の他の破砕者」または「トラブルメーカー」が存在するという仮説をサポートするだけかもしれません...

私たちは真剣に議論します(しかし、多くの落とし穴があります!)。 私たちは農薬や有機物などについて話します...システムをそのまま「認める」ことで...

これは単なる意見です。
0 x
アバタードゥutilisateur
chatelot16
Econologue専門家
Econologue専門家
投稿: 6960
碑文: 11/11/07, 17:33
場所: アングレーム
X 238

メッセージ以外のluパー chatelot16 » 21/07/13, 12:23

私たちが計画について話すとき、なぜ私たちはいつもソ連邦を考えますか?

フランスでも戦後の経済復興に効果のある企画がありました!

農業は本当に純粋でハードな自由主義が悪い分野です

優れた安全性のためには、通常の年に大量に生産する必要があり、気候の危険がある場合に十分な量を確保する必要があります。

純粋なリベラルなシステムでは、生産量が多すぎて価格が下がらず、収入が十分でない場合は、生産量を少なくして生産量を減らし、気候災害が発生した場合にコミュニティの災害である場合はタンピスを使用することをお勧めします...そこにはまた、十分な利益が不足しています

物事をうまく整理するには、たとえばエネルギーと食用作物の両方を整理するなど、必要に応じて片側から反対側に移動できるように、少し計画を立てる必要があります

世界の四隅に生鮮品を買える大きな貿易と選択肢のない生産者がいると自由主義は悪い

やる気があり、あまり壊れていない消費者は小規模な生産者を直接サポートできますが、それは小規模です...より重要な進化のためには、集団的決定が必要であり、それは政治です!
0 x
JANIC
Econologue専門家
Econologue専門家
投稿: 9319
碑文: 29/10/10, 13:27
場所: ワインレッド
X 178

メッセージ以外のluパー JANIC » 21/07/13, 12:25

did67
b)一般にはるかに優れていますが、微量の農薬が残っています

残念ながら、これは避けられません! 有機農家はそれを使用しないこと、彼の環境が自由であることを保証しないことに同意します。 しかし、すべてのことを考慮すると、それらで飽和している製品を消費するよりも、痕跡がある方が良いです。
オーガニックになりたい農家にとって、それは本当に障害物コースであり、彼はそれを根気よく信じなければなりません。
スーパーマーケットで(そして残念ながら特定のいわゆる専門店でも時々)品質が主な基準ではないとき、彼らはそれが需要のある市場であり、需要が満たされなければならないのでそれを販売します(これも理由です)めったに新鮮な製品はありません); それはビジネスであり、生態学的または健康的なアプローチではなく、哲学的ではありません。
0 x

アバタードゥutilisateur
Did67
Modérateur
Modérateur
投稿: 17408
碑文: 20/01/08, 16:34
場所: アルザス
X 7473

メッセージ以外のluパー Did67 » 21/07/13, 14:05

はいはい。 これは批判ではありません-私はホップの変換や他のプロジェクトにどのように参加したかを示しました、それは私が反対していないということです。 個人的には、私は「非独断的」(したがって非独占的)な消費者です...

それは議論の要素です:「有機」農業に目を向けることは農薬を「逃げる」ことではありません...

少なくとも:

a)仕様は特定の「農薬」(文字通り:ミラディーのキラー)を許容するものです。 一部の天然物が最も有毒なパラミであることは誰もが知っています! クラーレ、コルヒチン(激しい変異原)、ヘムロック、ニコチン、アルコール、コカイン...リストは非常に長いです。 他のものは無害ではありません:銅? など...

b)「有機」栽培は従来の区画の真ん中で行われ、製品の「ドリフト」が発生します...

c)「有機」栽培は汚染された環境の真っ只中で行われています:発電所から放出されるダイオキシン、そのような産業の支配的な風の下に置かれた「有機」区画はどうですか?... ???

法的な観点から見た「オーガニック」は、「結果の義務」ではなく、「手段の義務」と呼ばれるものです。 つまり、合成品の使用は許可されていませんが、合成品がないことを保証するものではありません...

いいですね。 他のことをほのめかしたくありません。

しかし、「5日XNUMX回、影響を無視した汚物を食べなさい」にまで広がっている限り、それはタイトルによって提起された質問を完全に取り除くわけではありません...もちろん、それを減らしても、大幅に[「オーガニックを食べる」がkif kifだとは言いませんでした! 特にない!]
0 x
アバタードゥutilisateur
Did67
Modérateur
Modérateur
投稿: 17408
碑文: 20/01/08, 16:34
場所: アルザス
X 7473

メッセージ以外のluパー Did67 » 21/07/13, 14:19

chatelot16は書きました:私たちが計画について話すとき、なぜ私たちはいつもソ連邦を考えますか?

フランスでも計画がありました


なるほど!

これが私が「監督された経済」について話す理由です!

確かにフランスでは一般的な計画委員会がありました。 しかし、それは「示唆的な」計画であり、一種のオリエンテーションでした...私たちが関係する議論でそれが役に立ったとは思いません!

削除されました。

ウィキペディアにあるこの反射はとても興味深いです!

多くの反対がありました。たとえば、ピエールマセは「衝動的な自由主義の名の下に計画を抑制することは、その瞬間の独裁に対する彼の武器のXNUMXつの力を奪うことであろう」と言った。


計画ではなく、食品政策のすべての手段のゆっくりではあるが継続的な解体に疑問を投げかける必要があると思います。市場の組織、「公的」株、監視価格...このすべてが存在し、機能しました、それ自身の過剰(過剰生産...過剰在庫...)を生成するまではかなり良い。 正当化されたことは、どうやら、それが機能していたのが自由主義勢力であったときのその広大さ...(GATT合意、後にWTO ...)。

それはまた、略語であり、協同組合、保険、供給、連帯銀行(グラミンよりずっと前に)のキャンペーンの歴史的勢力である「相互主義」のゆっくりとしたドリフトです...今日、いくつかの広告の議論は別として、 CréditMutuelまたはCréditAgricoleとラムダラムダ、GorupamaとAxa、YoplaitとDanoneの違い...

はい、そうです。

楽器は存在しました。 歴史は彼らを一掃しました!
0 x
アバタードゥutilisateur
chatelot16
Econologue専門家
Econologue専門家
投稿: 6960
碑文: 11/11/07, 17:33
場所: アングレーム
X 238

メッセージ以外のluパー chatelot16 » 21/07/13, 14:48

農協が作成した機能の実行を完全に停止した問題を指摘するのは当然です。
0 x
アバタードゥutilisateur
Did67
Modérateur
Modérateur
投稿: 17408
碑文: 20/01/08, 16:34
場所: アルザス
X 7473

メッセージ以外のluパー Did67 » 21/07/13, 16:01

東西ではなく「哲学」を考えた場合、20世紀後半にどのような「謎」によって文明レベルの回帰が実装されたのかを知るという疑問は興味深いものです。

あるいは、私の意見では(それは私に飛びつく反応の要素です)、希少性の年の終わりに、「常により多くの物質的商品」はこれまで以上に幸福の代名詞であるという盲目の信念。 ..

または、私の田舎の文化を含む、複数の「文化」の代わりに実際の唯物論的中毒がどのように設定されたか-多くの側面を超えたとしても(いわゆる「レトログラード」の値、信念の重み、宗教、...)。

現在の危機は何よりも文明の危機であり、この「モデル」は終わりに近づいているように思えます。常により多くの不平等があり、常により多くの癌があり、常によりエマルションと暴力があり、貧困...

しかし、麻薬中毒者と同様に、より良い世界を考えることは、私たちにとって依然として非常に難しいようです。 早く、私の線量!!! そしてそのための準備ができています:青白い老婆を盗み、競合するディーラーを殺し、警官を殺します...
0 x
JANIC
Econologue専門家
Econologue専門家
投稿: 9319
碑文: 29/10/10, 13:27
場所: ワインレッド
X 178

メッセージ以外のluパー JANIC » 21/07/13, 16:13

それは議論の要素です:「有機」農業に目を向けることは農薬を「逃げる」ことではありません...
むしろ:農民が疑いの余地のない犠牲者でなく、十分な数の農民が使用の予防策に反していない限り、現時点では農薬から逃れることはできません。
少なくとも:
a)仕様は特定の「農薬」(文字通り:ミラディーのキラー)を許容するものです。 一部の天然物が最も有毒なパラミであることは誰もが知っています! クラーレ、コルヒチン(激しい変異原)、ヘムロック、ニコチン、アルコール、コカイン...
当然のことながら、安全性と同義ではありません。そのため、合成毒性のある製品を毒性のある製品に置き換えることを目的としていない科学的な有機農業人間のために) ナチュラル。
http://books.google.fr/books?id=7LdEAAA ... 9e&f=false
次に、「ホメオパシー」であり、非常に効果的な使用量を考慮する必要があります。
リストは非常に長いです。 他のものは無害ではありません:銅? など...
銅が作られたという事実であり、いくつかのABの間でまだ論争の的になっています。
b)「有機」栽培は従来の区画の真ん中で行われ、製品の「ドリフト」が発生します...
c)「有機」栽培は汚染された環境の真っ只中で行われています:発電所から放出されるダイオキシン、そのような産業の支配的な風の下に置かれた「有機」区画はどうですか?... ???
これはまだ正しいので、現在、特に将来の世代が被害に遭わないようにしたいのであれば、遅れて気づいたように、ますます必要かつ緊急であるという認識。内分泌かく乱物質またはアスベストと。
法的な観点から見た「オーガニック」は、「結果の義務」ではなく、「手段の義務」と呼ばれるものです。 つまり、合成品の使用は許可されていませんが、合成品がないことを保証するものではありません...
それはまだ公正です!
しかし、それは釘を打つようなものです! または、指を叩き続けます。 または、ハンマーによってもたらされるリスクにもかかわらず、必要な予防策を講じます。
0 x




  • 類似のトピック
    Réponses
    閲覧数
    Dernierメッセージ

":問題や公害、新しい技術やソリューション農業」へ戻ります

オンラインは誰ですか?

これを閲覧しているユーザー forum : マジェスティック-12 [ボット], Moindreffor そして、7ゲスト