農業:問題や公害、新しい技術とソリューションルポタジエデュナマケモノは:疲労せずにバイオよりもガーデニング

農業と土壌。 公害防止、土壌浄化、腐植、新しい農業技術。
アバタードゥutilisateur
Did67
Modérateur
Modérateur
投稿: 17435
碑文: 20/01/08, 16:34
場所: アルザス
X 7494

再:キッチンガーデンナマケモノ:バイオよりも疲労よりのないガーデニング

メッセージ以外のluパー Did67 » 20/10/16, 10:57

yurakは書きました:
彼の気候に合わせて彼の土地に適応した種子を選択してください...


私達はまた論議できる: その地形や気候に適応 しかし、インターネットを介してどこでも販売しています! コヒーレントですか?

しかし、実際には、私たちは多くのことに出会います...
0 x

Yurak
私はeconologic発見しました
私はeconologic発見しました
投稿: 7
碑文: 24/08/16, 15:42

再:キッチンガーデンナマケモノ:バイオよりも疲労よりのないガーデニング

メッセージ以外のluパー Yurak » 20/10/16, 11:17

Did67は書きました:
yurakは書きました:
彼の気候に合わせて彼の土地に適応した種子を選択してください...


私達はまた論議できる: その地形や気候に適応 しかし、インターネットを介してどこでも販売しています! コヒーレントですか?


私が同意します...私が見た最初の報告は実際にはFranceTVによって放送されたものであり、トマトに水をかけなくても栽培できるという事実を明らかに強調しています。 私たちが彼のビデオを見るとき(多くはありません)、それはもっと微妙です。
私が私の庭について学んだことは、私が自分の土地で成長することをどうにかして私自身の果物の種を手に入れるならば、病気(など)に抵抗力があるということですこれらの種子が生産する植物は徐々に私の生育状況に適応します。 それゆえ、その植物が抵抗した種子を回復させるために病気と戦わないことがP.Pootの願望である。
0 x
アバタードゥutilisateur
jean63
Econologue専門家
Econologue専門家
投稿: 2332
碑文: 15/12/05, 08:50
場所: オーベルニュ
X 1

再:キッチンガーデンナマケモノ:バイオよりも疲労よりのないガーデニング

メッセージ以外のluパー jean63 » 20/10/16, 12:09

Did67は書きました:
X2Gは書きました:オーケー、ありがとうございました。
確かに古いですが、私は数日で料金を期待しています。


確かに、「古い」BRFは「おがくず」と見なされるべきです...それはそのエネルギーを空にされました..

それは腐植物質の形成に寄与することがあり、「使い捨て」ではありません。 単純に、メカニズムを「後押し」するためには、少し時間がかかります...


それが私のBOSCH AXT 25 TCシュレッダーです。

私は梅の木に切られた古い乾いた枝を通り抜けなければなりませんか?
0 x
彼は最後の川が汚染され、最後の木を倒したときにのみ、最後の魚は、その人がそのお金は(インドMOHAWK)食用ではありません実現しますキャッチ。
アバタードゥutilisateur
jean63
Econologue専門家
Econologue専門家
投稿: 2332
碑文: 15/12/05, 08:50
場所: オーベルニュ
X 1

再:キッチンガーデンナマケモノ:バイオよりも疲労よりのないガーデニング

メッセージ以外のluパー jean63 » 20/10/16, 12:18

Did67は書きました:1)私は彼のビデオをはがしていないと認めます。 私はこの冬に時間があるならば、私はまだそれをやるつもりです。

2)それから、あなたが言うことで、私がビデオで見たパイプを説明してください(彼のものではありませんでした)。

3) 私はこれを書いたJean 63に答えていました :

Pascal Pootは野菜を育てるフランス人です。 水をまくことなしに! 彼の秘密のブーツ? " 意図的に何もしないでください。 そしてそれはうまくいきます。

しかし、これが私がこの声明を読んだのは今回が初めてではありません(決して水になることはありません)。 私はFrance3 JTの5または2 mnのようなレポートから同じことを保持していました...

そしてまた「科学でさえ理解できない…」または「INRAは勉強したが説明できない…」という事実が戻ってきます。

だから????

それで、もし彼が時々水やりしたら:CQFD。 奇跡はありません。 私は2015で水をやりました。 2016ではありません(残念ながら、天気予報の前日にサブカルチャーが行われたため、天気を見ていなかったためです)。


私は何も書かなかったが、単にこの情報を報告した。 私がコピーしたテキストはビデオの下に書かれていますが、私はこの夏、毎日トマトの大量生産をしているので、私は意見を述べません。 同じフィールドで、トマトの足の列を持っていて、非常に少ない水を持っていた私の妻、彼女は何も持っていませんでした..
0 x
彼は最後の川が汚染され、最後の木を倒したときにのみ、最後の魚は、その人がそのお金は(インドMOHAWK)食用ではありません実現しますキャッチ。
アバタードゥutilisateur
Did67
Modérateur
Modérateur
投稿: 17435
碑文: 20/01/08, 16:34
場所: アルザス
X 7494

再:キッチンガーデンナマケモノ:バイオよりも疲労よりのないガーデニング

メッセージ以外のluパー Did67 » 20/10/16, 12:37

jean63は書きました:
それが私のBOSCH AXT 25 TCシュレッダーです。

私は梅の木に切られた古い乾いた枝を通り抜けなければなりませんか?


1)あなたの意見を聞かせてください。

2)Nuancons:これはもはや「本物のBRF」ではありません。つまり、「生きている」木材には豊富な有機物質が保存されているということです...キノコがすでに存在している可能性は十分にあります。よく見えなくても「吸う」ために!

今、それはリグニンのままであり、それはキノコが「解体」する方法を知っている物質であり、そこから腐植物質を合成するということです。 非常に便利です。

簡単に言えば、窒素に富む物質がないことを考えると、あなたは「憂鬱な効果」を感じることができます。

だから、それはただ "あまり壮観ではありません"。 本物のBRFが、芽の芽のように植生の「爆発」を生み出すことができるところでは、古い枝はゆっくり腐植を生み出すでしょう。

だから、これは「本物のBRF」ではありませんが、それでもなお非常に便利です!

あなたは草の切り抜きのような新鮮な物質を加えることによって窒素の欠如を修正することができます。
0 x

アバタードゥutilisateur
Julienmos
グランドEconologue
グランドEconologue
投稿: 1032
碑文: 02/07/16, 22:18
場所: クイーン水
X 222

再:キッチンガーデンナマケモノ:バイオよりも疲労よりのないガーデニング

メッセージ以外のluパー Julienmos » 20/10/16, 14:35

こんにちは

私はK. Schreiberによる一連のビデオに出くわしました。非常に興味深いのですが、(少なくとも私にとっては)非常に困難でした。

それは私が私達が黒板の前で、そして私達が家庭菜園からビデオを作るならば(そして我々はラジエーターの近くの底で怠惰に)またすべきであると私に考えさせる :D ちょっとした理論を言えば、彼はこれらの複雑なことを理解しやすく明確にすることができるでしょう。

KSは干し草について語ることは決してありませんが、常に地被として「わら」と言っています、そして彼はさらにこの物質は多くの「エネルギー」であると言います。炭素(炭素=彼によるとエネルギー)。 わらは干し草よりもはるかに貧しいことを私たちは知っていますが...

しかし、私は「エネルギー」という言葉がディディエにとって異なる意味を持つと思いますか?

3ビデオ、特に「無料の固定器」の話はおもしろい…だから私が正しく理解しているならば、肥料を持ってくるという事実(例えば窒素が豊富な草刈りの形で)は有害であろう。それからバクテリアはもはや空気から窒素を固定しないのですか?

土壌被覆として、できれば可能な限り豊富な炭素材料(硬い棒、BRFなど)を選ぶべきですか?

このビデオへのリンク3 https://www.youtube.com/watch?v=6kR3a6IP0Vg

特にナメクジについていくつかの驚くべきことを学んだもう一つのビデオは害虫管理についてのものです https://www.youtube.com/watch?v=BkTQXyQYH4g
0 x
アバタードゥutilisateur
Did67
Modérateur
Modérateur
投稿: 17435
碑文: 20/01/08, 16:34
場所: アルザス
X 7494

再:キッチンガーデンナマケモノ:バイオよりも疲労よりのないガーデニング

メッセージ以外のluパー Did67 » 20/10/16, 15:10

私はKonrad Schreiberのビデオにかなり慣れています。 しかし、私はまた私の全シリーズのクラスを詰めなければなりません...

それは確かに私が非常に近いと感じるアプローチです...

彼は特に農民に話をします、そして、確かに、それが取るであろう干し草の量を考えると、モデル「phenoculture」は水を保持しません! したがって、それはこの可能性を排除します。

Cはエネルギーです。 それはまた「イメージ」です。 太陽エネルギーはそれらの間の炭素原子の結合とCとHの原子の間の結合に非常に正確に蓄えられます 有機分子のレベルでは、主に糖(グルコース、フルクトース、デンプンなど)および脂質(油)。

メタン(天然ガス)、ブタン、プロパン、炭化水素、油は注目に値する燃料です。

だから、わらにはエネルギーがあります。 また、木(リグニン)のように、とてもよく燃えます。

これに加えれば、私たちのような土壌生物は、私たちと同じように「唯一の」エネルギーをもって生きることが、私の特定の角度であり、私の不条理なのかもしれません。 それらはまた蛋白質そしてそれ故窒素を含む多くの事を必要とする。

そして、ここで干し草はわらを「打ちます」、それは完全に乾燥した機能的な植物だからです。

だからわら=エネルギー、微生物や虫は土壌から窒素を「借りる」必要があります...分解はほとんど元素を与えません(特にK)。
そして、干し草=エネルギー+窒素+その他のミネラル:有機体や虫は必要なものを見つけ、分解は土を豊かにします!
0 x
アバタードゥutilisateur
Did67
Modérateur
Modérateur
投稿: 17435
碑文: 20/01/08, 16:34
場所: アルザス
X 7494

再:キッチンガーデンナマケモノ:バイオよりも疲労よりのないガーデニング

メッセージ以外のluパー Did67 » 20/10/16, 15:48

Julienmosは書きました:

それは私が私達が黒板の前で、そして私達が家庭菜園からビデオを作るならば(そして我々はラジエーターの近くの底で怠惰に)またすべきであると私に考えさせる :D ちょっとした理論を言えば、彼はこれらの複雑なことを理解しやすく明確にすることができるでしょう。



私はそれについて考えていました。 この冬、私の庭で物事を撮るのは難しいでしょう。 そして、私は肺炎にかかりません!

私はもう少し理論的な「講座」をやろうと思っていました...

私の本の執筆を再開するのと並行して、私は非常に正確に、何らかの研究をするようになります(大きな概念がありますが、時々、私は正確さ、数、期間、割合...)。 それが頭の中で新鮮である限り、私はそれから撮影することを考えました...
2 x
アバタードゥutilisateur
jean63
Econologue専門家
Econologue専門家
投稿: 2332
碑文: 15/12/05, 08:50
場所: オーベルニュ
X 1

再:キッチンガーデンナマケモノ:バイオよりも疲労よりのないガーデニング

メッセージ以外のluパー jean63 » 20/10/16, 15:51

Did67は書きました:
jean63は書きました:
それが私のBOSCH AXT 25 TCシュレッダーです。

私は梅の木に切られた古い乾いた枝を通り抜けなければなりませんか?


1)あなたの意見を聞かせてください。

.


私は乾いた枝を挽くつもりはありません、私はチェリーとカエデの他の枝+ヘーゼルサイズの結果、リンゴの木と他の生け垣の低木があります。

話題外:東からリスボンに行くのは運転の遠征です! 私はアルガルヴェのオーヴェルニュからバルセロナ、そしてスペイン南部、そしてバスク地方を通って1989(私は若い頃)に行きました。 リスボンは美しい街​​ですが、私はネットがビーチやコインブラから引かれていた場所を忘れてしまった名前の小さな港以外の周辺を知りません。
0 x
彼は最後の川が汚染され、最後の木を倒したときにのみ、最後の魚は、その人がそのお金は(インドMOHAWK)食用ではありません実現しますキャッチ。
アバタードゥutilisateur
Did67
Modérateur
Modérateur
投稿: 17435
碑文: 20/01/08, 16:34
場所: アルザス
X 7494

再:キッチンガーデンナマケモノ:バイオよりも疲労よりのないガーデニング

メッセージ以外のluパー Did67 » 20/10/16, 15:59

Julienmosは書きました:
3ビデオ、特に「無料の固定器」の話はおもしろい…だから私が正しく理解しているならば、肥料を持ってくるという事実(例えば窒素が豊富な草刈りの形で)は有害であろう。それからバクテリアはもはや空気から窒素を固定しないのですか?

土壌被覆として、できれば可能な限り豊富な炭素材料(硬い棒、BRFなど)を選ぶべきですか?



とても簡単です。 そして、そこに、確かに、それは私が私が少しzapéを持っていることを私が理解する非常に重要な点です...

適切に栄養(特にエネルギー)を与えられているならば、空気中の窒素を固定するという注目に値する性質を持っている土壌にバクテリアがあります。 それらは、窒素を土壌にではなく、土壌の空気に送り込むのではありません(それゆえ、土壌通気の重要性)。

これらの細菌のうち、2つの主要なグループ:

a)遊離細菌(例えばアゾトバクター)、これは何にも「関連」していない。 彼らは小さな固定活動をしています...

b)マメ科植物の植物と「取引」した共生細菌(根粒菌が最も知られている)(他の家族はアルダーのような他のp =科植物と取引する) 「私達は共生を呼びます:「あなたは私にあなたが光合成を通してそう簡単に作るエネルギーの豊富なあなたの分子を私に満たし、そして私は空気から窒素を捕獲するのが得意であるので私はあなたに窒素物質を与えます」

この「生産」は、平均してはるかに大きいです。 数字を見つける必要がありますが、最初のチャンネルでは20 kg / ha、2番目のチャンネルでは60です(最適です)。

そして、これらのメカニズムが「フィードバック」を持っているのは本当です:土壌にすでに十分な窒素があるならば、それらはバックバーナーに彼ら自身を置きます。

そう、はい、私が外生的な草刈りの貢献があまりにも重要であるならば、私はこのサイクルを「抑制」します。 しかし私の庭の場合、それは問題ではありません。 これは肥料の形で買われる窒素ではありません! それが芝生に固定されてから庭に移されたのか、それとも家庭菜園に固定されたのかは関係ありません。 重要ではありません。 それゆえ、この明らかな発散!

しかしそれが、私がBRF、枯れ葉、または藁の上に切り抜きを頻繁に載せる理由でもあります(昨年提供された2つの弾丸を使いました)。 そこに、私は不足があることを知っています、そしてそれでそれはバランスをとります。

そこでは、もう少し「技術的」になります!
0 x




  • 類似のトピック
    Réponses
    閲覧数
    Dernierメッセージ

":問題や公害、新しい技術やソリューション農業」へ戻ります

オンラインは誰ですか?

これを閲覧しているユーザー forum :登録ユーザーおよび7ゲストはいません