農業:問題や公害、新しい技術とソリューションバルコニーでのトマトプランの奇妙な劣化(?)

農業と土壌。 公害防止、土壌浄化、腐植、新しい農業技術。
Swiss_Knight
私はeconologic学びます
私はeconologic学びます
投稿: 44
碑文: 06/11/16, 13:54
場所: フランス語圏スイス
X 10

バルコニーでのトマトプランの奇妙な劣化(?)

メッセージ以外のluパー Swiss_Knight » 22/08/20, 15:59

こんにちは、

バルコニーのビンにあるトマトプランのわずかに奇妙な劣化に気づいたので、できるだけよく説明しようと思います(ただし、私のトマトは地面のトマトではこの病気にかかっていないこと、さらにはまだ害はありません、私は木に触れます)。

これがトポです。 一部の葉は完全に乾燥し、緑から黄色、次に茶色に変わり、この最後の段階では(枯れた葉のように)もろくなります。
植物は、葉を茎の前に乾燥させることによって「分離」したいようですが、これはかなり古典的な反応だと思います。

植物の頂上は(まだ)影響を受けていないようですが、「それ」はうまく上がります。 上部の若い葉は少し丸くなっています(これはおそらくそれとは関係ありません)が、成長すると完全に正常な形になり、丸まった側を失います。
最も影響を受けた部分では、主茎でさえわずかに茶色がかった色になります。 カビの黒い「斑点」を年に観察すると、ここではそのようなものは何もありません。この着色をうまく行うのは茎全体であり、明確な境界はなく、緑のグラデーションになります(茎はまだ完全な形です)葉が乾燥している「茶緑色」に。 葉のように、花のつぼみや、私が残した一部のグルメの終点も茶色になり、乾燥してしまいます。また、葉と同じように、植物は、乾燥メカニズムを設定することによってそれらから分離したいと思われます。時間はそれ自体に固有のものであり、分離する部分には明確な制限があります。

それまでは、水が足りず、建物に残響があり、太陽がいっぱいで苦しんでいると私ははっきりと思っていました。 しかし...私は今までに見たことのない本当に奇妙なことに気づきました。 ココアまたはシナモン色のパウダーが影響を受けたリーフレットの少数の葉柄に(どこに)堆積(?)します(ただし、すべてではない)、私はそれを見たことはありません。真菌の攻撃と私は真菌の開発のように見えるものは何も見ていません。

環境データ;
標高〜800m
気候帯:スイス高原、中央ヨーロッパ、温帯海洋気候(ケッペンによるとCfb)湿った大陸制限(Dfb;アルプスとジュラによる)
バルコニーの向き。 南東(雨と風を防ぐ)
基板; 堆肥化プラットフォームからの堆肥+劣化した馬糞(2年)+表土(モレヒル)と鍋の底に5cmの粘土球を混ぜたもの。 ボリューム〜33x33x38cm
下地を湿らせておくために、水道水で定期的に水を与えます。
バラエティ; わかりません。果物は上が濃い紫、下が緑で、熟すと緑が赤に変わります。

いくつかの写真;
(クリック可能な画像->大きいサイズ)
0 x

アバタードゥutilisateur
Did67
Modérateur
Modérateur
投稿: 18363
碑文: 20/01/08, 16:34
場所: アルザス
X 8012

Re:バルコニーで撮影したトマトの奇妙な劣化(?)

メッセージ以外のluパー Did67 » 22/08/20, 16:27

写真をサイトにアップロードできますか?

メッセージを入力するための「ボックス」の下には、XNUMXつのタブ[「オプション」と「添付ファイル」]があります。 添付をクリックします。 写真の転送が終了したら、入力「ボックス」にカーソルを置き、「挿入...」をクリックします。

品種はインディゴタイプ(アントシアニンが豊富=抗酸化剤)であるようです。

それはまだべと病(または関連する病気-オルタナリアまたは他のタイプ)である可能性があります。 他の足を感染させるために放出される胞子である可能性が最も高い粉末...

これがバルコニーではなく、一般的に作物が平地よりも「乾燥」(空気/相対湿度)するのは不思議です
0 x
Swiss_Knight
私はeconologic学びます
私はeconologic学びます
投稿: 44
碑文: 06/11/16, 13:54
場所: フランス語圏スイス
X 10

Re:バルコニーで撮影したトマトの奇妙な劣化(?)

メッセージ以外のluパー Swiss_Knight » 22/08/20, 16:31

サイトで画像をホストすることは問題ありませんが、最初の投稿を編集することはできません。 編集ボタンをクリックすると、次のメッセージが表示されます。
情報:
このメッセージを編集または削除することはできません。

したがって、(再)ここに画像があります:

D71_0364.JPG


D71_0365.JPG


D71_0366.JPG


D71_0368.JPG
D71_0368.JPG(494.8 KiB)576回表示
0 x
アバタードゥutilisateur
Did67
Modérateur
Modérateur
投稿: 18363
碑文: 20/01/08, 16:34
場所: アルザス
X 8012

Re:バルコニーで撮影したトマトの奇妙な劣化(?)

メッセージ以外のluパー Did67 » 22/08/20, 17:43

はい、再編集できるのは「一定の時間」だけです。 その後、遅すぎる...

また、後で表示されるエラーを修正するために自分を引用することもあります。

はい、粉末はおそらく胞子です。

それはおそらく真菌性疾患です。

なぜここに他の場所ではないのですか? それは自然の神秘です。 朝の日陰? 品種感受性? 植物の弱体化の結果による過剰な生殖能力? そして2つのうちXNUMXつ? それともXNUMXつすべて? 自然は複雑です。
0 x
アバタードゥutilisateur
Did67
Modérateur
Modérateur
投稿: 18363
碑文: 20/01/08, 16:34
場所: アルザス
X 8012

Re:バルコニーで撮影したトマトの奇妙な劣化(?)

メッセージ以外のluパー Did67 » 22/08/20, 18:05

オルタナリアの暴力的攻撃に対する小さな傾向(e-phytiaサイトの写真が完全に対応していなくても、初期段階でのみ撮影したと思います):

http://ephytia.inra.fr/fr/C/24048/Tropi ... A-linariae

https://www.iriisphytoprotection.qc.ca/ ... ageId=8205
0 x

Swiss_Knight
私はeconologic学びます
私はeconologic学びます
投稿: 44
碑文: 06/11/16, 13:54
場所: フランス語圏スイス
X 10

Re:バルコニーで撮影したトマトの奇妙な劣化(?)

メッセージ以外のluパー Swiss_Knight » 22/08/20, 18:10

私はあまりにも好奇心が強く、この真菌による攻撃を本当に信じていません。それは不可能であり、私が観察したものとは一致しません。 本当にそうではありません。

それで、マクロレンズを取り出しました...この銅粉を少し拡大しました。

D71_0372.jpg

D71_0372_01.jpg


参考までに、この小さな葉の葉柄は直径1〜2mmです。

これらの小さな「ワーム」は何の価値も教えてくれません...特に肉眼では何も見ることが不可能だからです。

そして隠された果物を発見し......
D71_0375.jpg



そして掘って、たくさん掘って...これが見つかるまで:

Aculops lycopersici (トマトの青銅色の水疱症の原因であり、英語で私が観察するものと100%一致します。トマトのあずき色の蛾")、この汚れは元々オーストラリアから来たものですが、今日は国際的であり、多くのダニのように暑くて乾燥しているのが好きなので、主に温室で攻撃します。
50µmのbestiau ...

小さなドキュメント:
- https://ira.agroscope.ch/it-CH/Page/Ein ... ionId=3052
- https://www.agroscope.admin.ch/agroscop ... A2NQ==.pdf
- https://www.koppert.fr/la-parole-a/bioc ... en-tomate/
- http://ephytia.inra.fr/fr/C/5135/Tomate ... ycopersici
- https://fr.wikipedia.org/wiki/Aculops_lycopersici
-


今日は、少なくともそれを学んだでしょう。

あとは焼くだけです...トマト。 私は絶対にそこに着くことは決してありません。 :D :悪の:
0 x
アバタードゥutilisateur
Did67
Modérateur
Modérateur
投稿: 18363
碑文: 20/01/08, 16:34
場所: アルザス
X 8012

Re:バルコニーで撮影したトマトの奇妙な劣化(?)

メッセージ以外のluパー Did67 » 22/08/20, 18:23

トマトの「決定キー」を試してみたい場合は、このドキュメントの192ページからです(オンラインで無料)。

https://horizon.documentation.ird.fr/ex ... /36393.pdf
0 x
アバタードゥutilisateur
Did67
Modérateur
Modérateur
投稿: 18363
碑文: 20/01/08, 16:34
場所: アルザス
X 8012

Re:バルコニーで撮影したトマトの奇妙な劣化(?)

メッセージ以外のluパー Did67 » 22/08/20, 18:30

ああ、すばらしいマクロです!

そして、確かに、これらは真菌の胞子ではありません、それはかなり明確です...

私は温室のきゅうりにダニの問題を定期的に抱えています...しかし、先験的にはそうではありません。 しかし、トマトを詳しく見ていきます。 最初は真菌性疾患とはかなり異なります。 最終的には枯れた葉が枯れた葉のように見えます!

XNUMXつ同時に存在する可能性があるという事実を見落とさないでください。

ダニは、写真に見られるように、末端の葉の乾燥/丸めによく対応しています...

キュウリダニの場合、葉が乾燥する前に葉の典型的な「虹色」が発生します。 しかし、乾燥した金髪のタバコにもっと似ています。 「黒くなる」ことはありません。

このダニについては、わかりません。 いずれにせよ、私たちは葉の損傷の非常に進んだ段階にあります...
1 x
アバタードゥutilisateur
Did67
Modérateur
Modérateur
投稿: 18363
碑文: 20/01/08, 16:34
場所: アルザス
X 8012

Re:バルコニーで撮影したトマトの奇妙な劣化(?)

メッセージ以外のluパー Did67 » 23/08/20, 10:18

Did67は書きました:
ダニは、写真に見られるように、末端の葉の乾燥/丸めによく対応しています...



私は主張するために自分自身を引用します:あなたはそれから目を離さない必要があります! 葉が黄色くなり、乾く。上を向く。 病初期のカビは、「古い」葉の上にあり、下からより多く来ます...末端の葉は無料です。

マクロでは、これらの「ダニ」は、見えないほど細いキャンバスから、真空のように吊り下げられています。これは、知っているとすぐに飛び出すXNUMX番目の基準です。

しかし、トラップがあります。たとえば、下から上に乾燥する青枯れ(ただし、「ぶら下がる粒子」なしで!)...
0 x
アバタードゥutilisateur
Did67
Modérateur
Modérateur
投稿: 18363
碑文: 20/01/08, 16:34
場所: アルザス
X 8012

Re:バルコニーで撮影したトマトの奇妙な劣化(?)

メッセージ以外のluパー Did67 » 23/08/20, 10:27

注:ダニは通常、温室の害虫です。 暑くて乾燥した雰囲気が彼らに合います...あなたのバルコニーは温室を「模倣」しなければなりません! 雨は彼らを怖がらせます。

あなたの屋外のトマトが免れることは注目に値します。

家で、ウリで、映画を始めました。 翌日、すべてのマクロ機器を取り出して撮影、インストールなどを行います...そして驚き:24時間前に観察されたこれらのダニを見つけることは不可能です(そして、虫眼鏡で妻に数を示しました)植物学者!) 見つかりません。 映画が完成しませんでした。 きゅうりの回復には長い時間がかかりました。 最後に(温室で)再び健康な新芽があります。

私が何かを扱っていたなら、私はそれを結論づけたでしょう...それはうまくいくことに注意してください! 間違って。 これが「伝説」がインターネット上で生まれる方法です。 誤った診断(「カビ」-トマトの葉が乾燥するとすぐに「カビ」になります)。 ホエイ、アスピリン、または証人のいないものでの治療。 ユーレカ、効きました!
0 x


":問題や公害、新しい技術やソリューション農業」へ戻ります

オンラインは誰ですか?

これを閲覧しているユーザー forum :登録ユーザーおよび26ゲストはいません