東南アジアの汚染が好む融解北極の氷

この記事を友達とシェア:

特に東南アジアでは、人間の活動によって生成される微粒子物質の一部は、北極の氷の融解に寄与するであろう。 コロンビア大学のドロシー・コッホ、宇宙研究ゴダード研究所のジェームズ・ハンセン(GISS)は、モデルによって収集し、atellitaire撮像データを試してみました
GISS(循環モデル)によって開発されたグローバルな大気循環は、北極上記炭素粒子の起源を決定します。

彼らの地球物理学会誌に発表された作品は、融解の間の相関を示し、時間と空間で、北極の氷河と20ème世紀の間に人間によって生成される「すす」の量。 確かに、すす粒子は、氷の上に堆積された場合、解凍と北の空で自分の存在の空気を加熱することによって、天候を変化させるの加速、光の吸収を促進します。 現象は、地球温暖化の結果だけではありません。

北極、東南アジアにおける炭素排出量、森林火災や自然の中で他の燃焼や産業煙の残りの部分と西洋の自動車公害の三分の一から三分の一で汚染の起源について。 先進国からの汚染が比較的低い大気の流れに流れながら、アジアからの1は対流圏に、より高い上昇経路を借ります。

LAT 24 / 03 / 05(空挺煤が北極を溶融に追加し、研究が見つかっ)
http://www.nasa.gov/vision/earth/environment/arctic_soot.html


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *