潮汐エネルギーを促進するために解放された資金

Government News Network、プレスリリース、

エネルギー大臣のMikeO'Brienは、貿易産業省(DTI)によるプロジェクトへの3,85万ポンド(約5,5万ユーロ)の割り当てを発表しました。潮流からエネルギーを回収する装置の開発と検証のための「MarineCurrentTurbines Ltd」(MCTL、ブリストル)。 MCTLの子会社であるSeaGeneration Ldtが主導するこのプロジェクトでは、1 MWを生成し、2003つのツインローターを備えた海流タービンのプロトタイプの開発が可能になります。 同じ会社が300年XNUMX月に、北デボンのリンマス沖の海流からのエネルギーを使用する世界初の大規模プロジェクトを設置しました。 「シーフロー」と呼ばれるこのXNUMXkWのユニットは、ほぼXNUMX年間稼働しており、DTIおよび欧州連合と共同で開発されました。
Mike O'Brienによると、英国は海洋エネルギーのリーダーであるだけでなく、これらの技術を見つけて開発するのに最も適した場所でもあります。 実施されている政府の支援は、クリーンで持続可能なエネルギーを奨励しながら、この戦略的立場の維持を確保することを目的としています。 MCTLのディレクターであるMartinWright氏は、プロジェクトは商業化前の重要な段階にあり、このイニシアチブは前向きなメッセージを送るため、付与された資金に非常に満足していると述べました。
起業家に。

また読みます:  バグニュースレター!

情報源: http://www.gnn.gov.uk

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *