どのように2インフレ

この記事を友達とシェア:

インフレ、通貨及び金融のいくつかの概念...(2 / 3)

部分を読む1

キーワード:お金、コスト、フリードマン、ケインズ、シカゴの少年、貨幣、中央銀行、ECB金利

1er項目:インフレとの闘い? しかし、これは1はい?

あなたは中央銀行や私たちの政府が「インフレ」を解釈し、測定方法で今まで興味がありますか?

インフレは通常価格の一般的なレベルの持続的な増加として定義されている場合には、(それはすべての価格を言うと経済の-s'achète交換をvend-することです)メディアで繰り返し報告された事実、インフレの数値は、実際に対応して「上昇消費者物価。」 したがって、すべての取引商品の価格は考慮されません。 そして、慎重に砦が「投資」について知られている価格の計算から除外されています。

投資として定義されている一方で、(ご購入時に年におそらく安く再販ん)消費者は、定義により、時間の経過とともに価値を失う(または:そこにも反映大会?)逆に一致することを意図し。 しかし、なぜですか? 私は冗談で返答:いくつかは豊富であるために他の人が少ない貧富ている間、彼らは不可欠であるため、(注意:定義により、富は相対的です)。

これらのものより豊かなだけ食べる(もはや安楽死annuitantsがシステム内に)投資し、出席! これが証明されることになっていました。

不動産価格が高騰していると公式インフレは有名な2%を超えていない理由をあなたは理解していませんか? もう探す必要はありません:住宅の購入価格は(新旧)はアカウントのインフレに入れません! 通常、経済学者は、我々はこの投資を検討すると言います! またはフランス語の55%は自分の家の「所有者」(実際には、多くの場合、彼らにお金を貸した彼らの銀行家を借りる!)です。 突然、新鮮な、シェア」住宅、水道、電気、ガスは「この擬似インフレの計算にトリクルに還元されます。

あなたはそれを考慮するか、高知りたいですか? 答えは、INSEEの敷地内にあり こちらをクリック

あなたは、すべて一緒に、あなたの家、あなたの水、あなたのガスとあなたの電気のためにあなたの総費用の13,4の%以上を過ごすために起こった場合は、[はい、その後...あなたは批判的に数字の耳を聞いて開始する必要がありますインフレJT 20時間与えられました。 特に最後の昇給の程度についてあまり確固たる結論を描画していません!

非常に深刻な経済問題の雑誌の7月2879 2005番号で、もともとエコノミストに掲載された記事では、「インフレ指標は議論の余地がある。」単に題しました 論争のは、小さな言葉です! 私たちは、わずかな30と比較(総消費者物価指数の13,4%の不動産重みに影響を与え、研究では、HSBC銀行のエコノミスト、米国で行われたことを知りました%)。 その結果、インフレが上に...群衆への公式インフレ率の倍のレベル、年間以上5,5%に跳ね上がりました。 非常にわずかな違い! もちろん、私は1つは、すべてのfianciers資産、金融分野で特に株式や製品の価格に加えて、組み込まれた場合、インフレの数値がどうなるかを想像することができます...

すべてのその投資(または想定)を除外し、(資本Iとの)インフレのこの限定的な解釈のために、影響がないわけではありません。 金融球が支配的になった時点で、不動産価格だけでなく、金融資産(株式、様々な投資、金融商品、および...)の価格を除外することは欠陥ではありません:それはビームであります! そして、明らかに言い換えれば、現在の金融資本主義の支持梁は...:それは(ほとんど)何です!

何も上に引用経済問題の記事は回想:

「中央銀行は今日、資産価格の動向を監視する必要があります考えは日付ません。 題する本の中で「お金の購買力、「アメリカの経済学者アーヴィング・フィッシャーは、金融政策の責任者には、商品やサービスの幅広いバスケットに基づいて価格指数を停止する必要があることを... 1911に主張しましたまた、財務および不動産。 "

このように、数年後に95 1911は、我々はおずおずすべてのほとんどがあるため、このような仮定の接近しないように行うための質問を春、現代の資本主義は、まだほとんどがあること、それ以上を望んでいません世紀。 現在の小節(意図的な)でバイアスされたインフレに対するいわゆる戦いは、その名前を話せませんあえて本当の詐欺です。

記事を述べたように、その後、このような物価指数を確立するという考えは、暗黙的に値上げすることを中央銀行(金融市場や環境を含め、真に独立した「投資家」)から想定しこれらの資産の、インフレを作成し、「有害な」である可能性があります。 しかし、このインフレはあっても、これらの金融市場の独立した自分自身を宣言誰が、いくつかを気にそこに見えるん。 しかし、彼らは文化的および個人的に、実際にありますか? 企業会計監査の想定独立性は、アーサー・アンダーセンのように、長いエンロン事件を含め、縁故主義と重複利益を抵抗しません...

はい、しかしない...インフレとインフレ、私の愛する先生があるので。 つまり、不動産は天に上昇またはCAC 40 25%が2005に登ったので、ジャン・ピエール・ガイヤールが、これはインフレではない、喜びと窒息することを! さて、ではなく、その1悪くはない、これは私の良い先生、良いです。 何を、正当な理由のために安楽死ではないannuitantsを行い一つは:この1は家賃を作成します!



悪いが購買力を維持するために、うなり声や需要賃上げをした一般の人々を、見ているものです。 この1つは悪いですが、あなたが言われます。 それはそうです、そして、それは最終的に理解し、主張しないでください...

マネーサプライの2ieme点制御:すべての回で、すべての場所のように、インフレは貨幣の起源である、経済にあまりにも多くのお金を入れないでください。

それは間違いなくとして厳しい経済・金融政策を想定科学者などの分野で非常に奇妙なことです。 例えばECBしてください。 公式1998に発売し、彼女は、つまり、プログラムされた進化を(私たちが知っているような条件で、2%の下でインフレを制御する以外に)目標を設定し、マネーサプライを設定していましたミルトン・フリードマンの戒律に従って、ユーロ圏における循環中の金額を-dire:インフレ目標プラス成長目標に等しい一定かつ予測値のマネーサプライを、成長しています。 したがって、(3 4,5%のインフレ率+%成長2の%+補正項)年間約2%の(M0,5と呼ばれる)マネーサプライの成長の目標を設定しました。

2005では、それは一見取る行くに連れて行ってくれたフィールド内のデータに(すべてこれは非常に最初に公表さも理解されていないので、確かに彼がしたいしなければならないが、それは本当です)。 そして、私たちが発見したかを推測: 2005で、マネーサプライは、ヨーロッパのほぼ8%で成長してきました。

あなたが言う孤立した場合? いや。 理由は、その発売以来、私は決して言うことはありません年間はよく1年間、ECBは4,5の%の目標を開催しています! 常にトップではなく、少し上。

作成され、循環に入れ1998で説明理論的進行、約20のユーロ%「余分」の結果、ほぼ1000億程度6000総マネーサプライについて億円となりました。

部分を読む3

続きを読みます

- 作者のWebサイト
- どのような消費者物価指数?
- 欧州中央銀行のウェブサイト


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *