インフレーションのしくみ2

インフレ、お金、金融のいくつかの概念…(2/3)

部分を読む1

キーワード:お金、コスト、フリードマン、ケインズ、シカゴボーイズ、為替、中央銀行、ECB、政策金利

1点目:インフレと戦う? はい、でもどれですか?

中央銀行または私たちの政府が「インフレ」をどのように解釈し、それを測定するかを知りたいと思ったことはありますか?

インフレは通常、すべての価格の一般的なレベルの永続的な上昇として定義されますが(つまり、経済で取引されるすべての価格(売買される)の価格)、実際、メディアで何度も出回っているインフレ数は、実際には「消費者価格の上昇」に対応しています。 これは、すべての取引された製品のすべての価格が考慮されていない方法です。 したがって、適切に「投資」と呼ばれるものの価格は、計算から慎重に除外されます。

慎重に考えてみてください。消費財は、定義上、時間の経過とともにその価値を失います(間違いなく、購入時よりもXNUMX年以内に販売することになります)が、投資は定義上(または定義上)です。コンベンション?)逆に対応することになっています。 しかし、それはなぜですか? 私は冗談で答えます:ある人が金持ちになるためには、他の人が金持ちでないか、さらに貧しいことが不可欠だからです(覚えておいてください:定義上、富は相対的です)。

投資する人は(年金受給者を安楽死させないシステムで)消費するだけの人よりも裕福になるでしょう! これは実証されることになっていた。

なぜ不動産価格が高騰し、公式のインフレが有名な2%を超えないのか理解できませんか? もう探す必要はありません。住宅の購入価格(新旧)はインフレーションでは考慮されていません。 通常、エコノミストに答えてください、私たちはそれが投資であると考えています! ただし、フランス人の55%は自分の家を「所有」しています(実際、お金を貸してくれた銀行家の入居者が多いのです!)。 突然、そして静かに、この疑似インフレーションの計算では、「住宅、水、ガス、電気」の部分が最小限に抑えられます。

また読みます:  意見操作戦略

それがどれだけ高く考慮されているか知りたいですか? 答えはINSEEのウェブサイトにあります。 こちらをクリック

ええ、もしあなたがたまたま住宅、水、ガス、電気にすべて一緒に費やしているなら、あなたの総支出の13,4%以上、そして...あなたは批判的に耳を傾け始めるべきです午後20時のニュースキャストに与えられたインフレの数値。 そして何よりも、最後の増加のサイズについてあまりにも明確な結論を出さないでください!

非常に深刻な経済問題ジャーナルの2879年2005月号30で、エコノミストに最初に掲載された記事は、「インフレの測定は依然として物議を醸している」と冷静に題されました。 物議を醸すのは弱い言葉です! 米国では、HSBC銀行のエコノミストが、世界の消費者価格指数の13,4%の重みを不動産に割り当てて調査を行ったことがわかりました(わずかな5,5と比較してください)。 、XNUMX%)。 その結果、インフレは年間XNUMX%以上に跳ね上がり、群衆を対象とした公式のインフレーションレベルのXNUMX倍以上になりました。 どちらか非常にわずかな違い! もちろん、すべての金融資産、特に金融分野の株式や製品の価格も含めた場合のインフレの数値はどうなるか想像してみてください...

投資(またはおそらくそのような)であるすべてを除外する(大文字のIを使用した)インフレのこの制限的な解釈は、結果がないわけではないからです。 不動産価格だけでなく、金融圏が支配的になった時期の金融資産(株式、さまざまな投資、金融商品など)のすべての価格もストローではなく、ビームです。 ! そして明らかに現在の金融資本主義の支持ビーム...言い換えれば、それは(ほとんど)何でもです!

これは、上記の経済問題の記事でも思い出されます。

「中央銀行が資産価格の変化に従うべきであるという考えは新しいものではありません。 「ThePurchasingPower of Money」というタイトルの本の中で、アメリカのエコノミスト、アーヴィング・フィッシャーは... 1911年に、金融政策立案者は、以下を含む幅広い商品とサービスのバスケットに基づく価格指数を採用すべきであると主張しました。また、金融株と不動産」。

したがって、95年から1911年後、何よりもそれに対処しないように、特にそうではないように、問題は臆病に提起されます。そのような仮定のために、現代の資本主義はまだそれを望んでいません。世紀。 現在の(意図的な)措置によって偏ったいわゆるインフレとの戦いは、あえてその名前を話さない本当の詐欺です。

記事が指定するように、そのような価格指数を確立するという考えは、中央銀行(金融市場や「投資家」サークルを含む真に独立した)の側で価格の上昇を暗黙のうちに想定しますこれらの資産のうち、インフレを生み出すことにより、「有害」になる可能性があります。 しかし、このインフレは、金融市場から独立していると主張する人々でさえ、あまり気にしないようです。 しかし、彼らは本当に、文化的に、そして個人的にですか? アーサー・アンデルセンのような金融監査会社の想定される独立性は、とりわけENRON事件において、クロニズムと相互利益に長く抵抗しませんでした...

はい、しかしいいえ…インフレーションとインフレーションがあるので、私の愛する人。 不動産が空に向かって上昇している場合でも、40年にCAC 25が2005%上昇したためにジャン・ピエール・ガイヤールが喜びで窒息している場合でも、これはインフレではありません。 まあ、悪くはない、これはない、それは良い、私の良い先生。 年金受給者を安楽死させないもの、そして正当な理由で:これは収入を生み出します!

悪いことは、下層の人々が見るものであり、それは彼らをうなり声を上げさせ、彼らの購買力を維持するために賃金を要求します。 これは悪いです、私たちはあなたに言います。 主張しないでください、そうです、そしてそれは最終的に理解できます...

また読みます:  インフレの仕組み3

2番目のポイント:資金供給の管理:いつでもどこでもインフレは金銭的起源であるため、経済にあまりお金をかけないでください。

経済政策や金融政策と同じくらい厳格で、おそらく科学的な分野には、確かにいくつかの非常に奇妙なことがあります。 ECBの例を見てください。 1998年に正式に開始され、それ自体が目標を設定しました(私たちが知っている測定条件下で、インフレーションを2%未満に制御することに加えて)、プログラムされた固定された資金供給の進化、つまり-ミルトン・フリードマンの教訓に従って、ユーロ圏で流通しているお金の量について言います。目標の成長に加えられた目標のインフレーションに等しい、一定の予測可能な値で資金供給を成長させること。 したがって、この資金供給(M3と呼ばれる)を年間約4,5%(2%のインフレ+ 2%の成長+ 0,5%の修正期間)成長させるという目標が定義されました。

2005年に、私はこの問題のデータを調べました(もちろん、これはあまり公表されておらず、一見しただけでも理解しにくいので、そうする必要があります)。 そして、私たちが発見したことを推測してください: 2005では、ヨーロッパでマネーサプライがほぼ8%増加しています。

孤立したケースを教えていただけますか? いや。 ECBは、発売以来、4,5年も、XNUMX年も、目標のXNUMX%を維持しているためです。 常に上にあり、少しだけではありません。

結果:1998年に目標とされた理論的進歩と比較して、「過剰な」ユーロの約20%が作成され、流通しました。これは、約1000の総資金供給のうち約6000億ユーロです。十億。

部分を読む3

続きを読みます

著者のウェブサイト
消費者価格指数とは何ですか?
欧州中央銀行のウェブサイト

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *