インフレーションのしくみ1

インフレ、お金、金融のいくつかの概念…(1/3)


キーワード:お金、コスト、フリードマン、ケインズ、シカゴボーイズ、為替、中央銀行、ECB、政策金利

誰がお金を支配しているのかを知ることが重要なのは、お金が世界を支配しているからです...

賃貸システムの概要

インフレ、お金、これらは私たち全員に馴染みのある用語ですが、それでも私たちは本当に何を知っていますか? 第一に、私たちはしばしばメディアでそれについて耳にします(必ずしもそれが何に対応するかを正確に理解する必要はありません)、第二に、その日常の使用は私たちに本質を無視させます:誰がそれを作成し、どの原則とどの規則に従って?

現在の通貨システムは、過去の表現とは非常に異なる原則に基づいて動作します。 今、お金は何もないところから(専門家はex nihiloと言う)、金属的な対応​​物なしで作られていることを誰が知っていますか? はい、現代の「お金」(通貨)はXNUMX年以上の間金に変換できませんでした!

私たちは今でも、お金を使うか貸す前に、お金を「稼いで」節約しなければならないと考えています。 しかし、この新しいお金の大部分を知っている人は、この新しい通貨は、中央銀行(ヨーロッパ)から「卸売価格で」供給される銀行によって(気まぐれで)付与されたクレジットによって作成されます、ECB、ユーロの場合、またはアメリカ人、FED、ドルの場合)?

いわゆる「借り換え」金利に基づいて行動することにより、選出されていない男性のグループ(「知事」)が、次の場合に誰に対しても正当化する必要がないことを誰が知っていますか。 ECB(後者は金銭的政策の選択において完全に独立していると宣言されているため)そして密室で決定し、内部の議論や立場の書面による記録がない場合、この新しいお金の卸売価格に影響を与えますか?

また読みます:  ADXインジケータとの取引方法

したがって、彼らは「経済を上から操縦する」ことができ、人々の経済活動の真の現代の指揮者です...

現代経済が失業とインフレの間にどのような関係を確立するかを知っている人はほとんどいません。(…)しかし、確かなことは、インフレはXNUMX年以上もの間、現代経済学者の絶対的な執着でした…失業のずっと前から!

では、インフレーションはどのように機能しますか?

実際には、インフレとの戦いへのこの執着は、60年代の終わりに、リベラルなエコノミスト、モネタリスト、特にミルトンフリードマンと彼の「シカゴボーイズ」の流れによって推進されました。

フリードマンにとって、インフレ、つまり経済における価格の一般的なレベルの上昇(本質的な定義、私たちはそれに戻ります)は、彼の有名な定式化を使用することです、  「常に、金銭的性質のすべての場所で、お金の過剰のため」 。 交換するには少なすぎる商品を追いかけるお金が多すぎると、必然的に価格が一般的に上昇します。 彼の有名なイメージの50つを使用するために、ヘリコプターが社会に50%以上のお金をこぼした場合(紙幣のシャワー)、人々はそのすべてに対して豊かになることはなく、経済活動もそうではありません。必然的に刺激されます(一時的ではなく、一般的に陶酔感ではないにしても、富の心理的影響によって)。 一方、多かれ少なかれ長期的には、一般的な価格レベルは50%上昇します(40%のインフレが発生します)。 言い換えれば、全員がCAC 1000のボスの給料を稼いだ場合、バゲットの費用はXNUMXユーロになります。 見かけの富は非常に相対的です。 これは、このサイトで開発された論文の意味を完全に理解するために瞑想する絶対的な事実であるため、富は相対的なものにすぎません...

また読みます:  炭素奨学金

フリードマンは州と政府に(民主的な投票の結果として...)インフレの歴史的責任を帰します:彼らが通貨を管理する力(「コインマネー」の有名な特権)を持っている限り、彼らは資金を調達するためにそうします彼らの「赤字」、つまり彼らの政策の費用を支払うこと。 この赤字が国の補助的支出(電力の贅沢、浪費)によるものであれ、社会への有用な支出(社会的インフラや設備、失業やその社会的影響との戦い)によるものであれ、これらすべてが同じように置かれますバッグ:これはインフレーションを生成します!

しかし、それは確かな事実です。インフレは、お金をほとんどまたはまったく持っていない人よりも、お金をたくさん持っている人(資本の保有者)にとってより問題です。 そしてそれは借りる人よりも貸す人にとっても問題です...
「インフレーションは年金受給者の安楽死です」 ケインズが言ったように。 お金の価値を食い尽くすことによって、インフレは賃貸人によって富への課税として見られます。 それはまるで彼らが溶ける通貨を持っていたかのようであり、インフレが高いのでますます溶けます...

ここ数十年に国際レベルで実施された新しい金銭的および財政的秩序は、もはや賃借人の安楽死ではないように正確に設計されています。 まったく逆です...インフレを低水準で安定させるために必要な最低失業率、安楽死は側面を変えました:それは今、収入を得るために仕事をしているだけの人々、そして失業者と不安定なのは、それを達成するための圧力と恐れの手段です。

また読みます:  インフレの仕組み3

この新しい金銭的および財政的秩序は、フリードマンと彼のアコライトの教訓に従って実施されました。 間違いなく、これらの教訓は、ミントの静かなクーデターに似ているものの疑似科学的保証として役立ったと言わなければなりません...

したがって、通貨の絶対的かつ全能の守護者である中央銀行の「完全な独立」の原則が維持された。 ヨーロッパでは、上記のように誰に対しても責任を負わないため、現在、世界で最も独立した中央銀行があります。 この原則により、私たちの支配者の手から、お金の管理に関連するすべての力(「経済学」が支配する社会では計り知れない)を撤回することが可能になりました。 このように、バロットボックスや街頭で表現された場合、労働条件が悪化したり、失業率が上昇したりするなどの理由で、大衆の圧力に屈する可能性が排除されます。 権力の支配はひそかに手を変えました、私たちの支配者は投票する群衆のために「教育」をするためにそこにいるだけです。 (…)

もちろん、通貨の管理を独立中央銀行に委託する場合、この決定の創設者および正当化者として提示されたXNUMXつのフリードマニアの原則を大声で表示することによって行われます。

  • 「インフレとの戦い」と「価格の安定」の絶対的な優先事項
  • 「お金の供給」、つまりこの中央銀行が経済に流通させる金額の厳格な管理。

それは、再選のたびに彼らの民族のうなり声にとても敏感なこれらのいまいましい支配者よりもはるかにうまくやることの問題です...

部分を読む2


Nairu Webサイトからの抜粋

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *