ロンドンの詳細における燃料貯蔵所の爆発


この記事を友達とシェア:

ここで昨日の朝の破局についてのいくつかの詳細があります。 ウェブサイトから取ら抜粋 LeMonde.fr

平時のヨーロッパで燃料庫の最大の爆発が巨大な火災を引き起こした(...)»

"(...)すべては、これが事故であることを示唆している。 それにもかかわらず、英国のメディアは、エジプトのアイマン・ザワヒリ2号が、9月に石油施設に命中した "誰の収入の大部分がイスラムの敵に利益をもたらすのか"アルジャジーラのテープで放送され、最近インターネットで流通している。 "

消防長(...)は、火曜日が月曜日に含まれることを期待していました。 (私たちの非常に楽観与え、直接炎における仮説今日の午後) (...)»

灰色の煙のカーテンは、日曜日にロンドンの空を覆い、非常に晴れた日の真中に暗闇を引き起こしました。 月曜日、この雲はフランスに向かっていた。 いくつかの専門家によれば、これらの「わずかに有毒」なフュームは、主に一酸化炭素および二酸化炭素を含む。 喘息患者や慢性肺疾患の人々が自分自身を守るように求められているにも関わらず、彼らは健康に直ちに危険をもたらすものではありません。

生態学的には、現在の乾燥気候は「黒い雨」の現象であるとは考えにくい。 環境庁は、特に、敷地から燃料が流入する場合の河川からの汚染のリスクを懸念しています。 しかし、彼女は日曜日にはないと判断された。 "

Buncefieldは150 000トンの燃料および石油デリバティブ、または国の要件の5%を保管します。 これは、国内で5番目に大きい50リポジトリです。 (...)«

フルで記事を読みます


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *