EVS21:パラドックスと必然性の間?

この第21版では、EVSが不思議なことにモナコで開催されました。大型車で展示するのがファッショナブルで、印象的で可能な限り最近の場所ですが、約400g CO2 / kmで比例して他の汚染物質!!

ニコラス・フロットが彼の優れた著書「ル・シンドローム・デュ・タイタニック」に正しく書いているように、エゴイズム、無慈悲、そして極端な傲慢さの素晴らしい例です。

要約すると、さまざまな技術ソリューションは、持続可能なモビリティの「人工」マイクロマーケットに同時に参入しているため、互いに競合しているように見えます。 最善の解決策は、逆電解を実行する燃料セルのようです。 ハイブリッドは中間的な解決策にすぎません...しかし、すぐに現在の車に匹敵しますが、汚染の犠牲者はすべて、戦前の車で使用されていたフリーホイールを「忘れて」しまいました。

この明白で非常に単純な解決策は、現在の大型車の慣性または勢いで無料で運転することを可能にします...受け取ったアイデアが変わるのを待っている間、フリーホイーリングは曲がり角で危険ではないので、逆に、解放された状態で運転しましょうできるだけ早くニュートラル!

また読みます:  成功の身代金!

個人的には、単に外すだけで、私は都市の大きな利益を測定しました  そして道路上で! 要するに ! しかし、製造業者や他の公的機関にとって価値のあるINSAメカニカルエンジニアの提案は何ですか、それとも複雑になる可能性があるのになぜそれを単純にするのですか?

ハイブリッドLPGカーに関する記事を読む

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *