EVS21:パラドックスと必然性の間?


この記事を友達とシェア:

この21番目のエディションでは、EVSは不思議なことにモナコで開催されました:重い車で表示するのがファッショナブルな場所、印象的で可能な限り最近ですが、400g CO2 / km比例して他の汚染物質!!

Nicolas HULOTが優れた本「The Titanic Syndrome」で非常に適切に書いているように、エゴイズム、非敵意、および極端なextreme慢の美しい例です。

要約すると、異なる技術ソリューションは、持続可能なモビリティのための「人工」マイクロ市場に同時に到着するため、互いに競合するようです。 最良の解決策は、逆電気分解を行う燃料電池のようです。 ハイブリッドは中間ソリューションにすぎません...しかし、現在の車にすぐに匹敵しますが、公害の犠牲者はすべて戦前の車で使用された場合、フリーホイールを「忘れて」しまいました!

この明白でシンプルなソリューションにより、私たちの大電流車の慣性や勢いに自由に乗ることが可能になります...受信したアイデアが変わるまで待機します。デッドポイントをできるだけ早く!

個人的には、単に外すだけで、私は都市の大きな利益を測定しました そして道に! 要するに! しかし、建築業者や他の公的機関の前にエンジニアINSA機械工学の提案は何ですか、それが複雑になる可能性があるのになぜ単純にするのですか?



ハイブリッドLPGカーに関する記事を読む

Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *