バイオ燃料に関する研究:農業投入


この記事を友達とシェア:

アランZANARDOによるインターンシップ論文。 アグロ産業は2005-2006を変換します。 アジャンの大学学科。

キーワード:バイオ燃料、歩留まり、生産、比較、費用、入力、肥料、流れ、衝撃、CO2、エネルギーバランス。

エネルギーの観点からトリミング入力の研究では、この回顧録の対象です。
「エネルギー入力の評価と農業と森林生産。 「
エネルギー作物の収量にこれらの入力とその効果に代わるものでは対処されます。 社会的側面は、基礎となるであろう農民の世界に焦点を当てています。

コンテンツ:

ヒマワリやトウモロコシ収穫入力の15のエネルギー評価。

エネルギー等価バンクを作成します 作物のエネルギー効率を計算するための各入力のために。



エネルギー作物のためのアプリケーション:
1)直接燃焼の種子
2)純粋な植物油
3)油エステル
4)エタノール燃料

エタノール生産を並列接続 アメリカとフランス。

はじめに:

この研究は、二人の科学者、1990中1で仮想会議から生まれたときの主要作物に彼の作品(1972ダイス)の出力に燃料アルコールへの調査を公開するときに2005の他USAは、より低いエネルギー収量の1を示します。 エネルギー生産のピーク。
「農業生産:ドミニクSoltner(DS)17 1990ページの6éme版の作品を読むことは、彼が検索番号47 1974 7〜8月にジョエル・デ・Rosnayの引用デビッド・ピメンテル(DP)の仕事を知っていたことを示しています。エネルギーバランスが悪化しています。」 版の2005ではなくなりましたDPの作業を指します。
DDGS-CGF-CGM:DPの仕事は燃料エタノール生産は、我々はエネルギーの副産物を占めるに2006ダイスの歩留まりを有していることを示しているアレクサンダー・ファレル(AF)1月1,2で物議を自分自身を発見しました。

2002 ADEMEで2よりも高い収率で被写体に研究を報告します。

12月に2005 INRAは、IPCCがADEMEに補正数値を報告し、我々はビート用小麦エタノールと1,18のため1,28を見つけます。
月2005でフランスECOBILANにおけるトウモロコシのバイオエタノール部門の外部の評価は、エネルギー効率1,35または1,88になります。
最後に、2月2006で、10億ユーロは科学者によるので、論争のこの分野ではフランス政府によって注入されます。

農業生産からのエタノール生産の弱いエネルギー効率は明らかです。 何この疑問を作ることは、これらの作品のために使用されるエネルギー入力で性能に密接に依存しています。 評価や不作為の下での性能に致命的かもしれません。 DSは(1990に)書かれているもので、DP(2005)。 これは、平均収穫量と最終エネルギーへの変換のいずれか誇張でも同じです。

研究の限界:

工業用の変換は考えも温室効果ガスされていません。
各入力の数量化は、加害者に依存します。 彼らはしばしば離れている:このメモリに作られたトレードオフが決定的にすることはできません。 時の入力と農業生産に手帳へ?


(ダウンロードしてくださいメンバーの)研究のうち: こちらをクリック

Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *