MEGテスト


この記事を友達とシェア:

18 1月2006。 ClimensAimé:MEGマシンの最終更新。

キーワード:MEG、Bearden、surunity、電気、磁気、磁石。

概要

BeardenのMEGは、永久磁石のエネルギーを「ポンピング」するアセンブリです。 実験は複数ありますが、私たちの知る限り、持続可能に利用可能なエネルギーを生成することはできませんでした。

これが実験者の証言です。 画像をクリックして拡大します。



著者の説明。

最初は、永久磁石から自由エネルギーを抽出しようとします。

最初の実用的な要件は、消磁磁場が
強制フィールド。 この状態は、最近では磁石で可能です

鉄ホウ素ネオジム合金を使用しているような「レアアース」へ。

Beardenの賢いアイデアは、長さが共通で、この二重磁気回路のどの場所でも断面が均一な二重磁気回路を使用することです。


永久磁石は、両方の回路に共通の長さにあります。

このシステムで電気エネルギーを生成するには、2つの磁気回路のそれぞれに電力収集コイルを設置する必要があります。 これらのコイルはそれぞれ、エネルギーの生成を表す「負荷」に接続されます(たとえば電球)。

磁気回路に挿入されたコイルは、回路内の流れの強度が一定の時間内で変化する場合にのみ電気エネルギーを生成できます。


システムの残りの部分では、永久磁石は、適切な構造のために磁気抵抗が等しいため、2つの磁気回路に均等に磁束を分配します。



メカニズムが永久磁石の磁束を単一の分岐に強制的に流す場合
二重磁気回路は、この回路の流れを変えるため、
この磁束の増加に関係するコイルでのエネルギーの生成。

一方、流れも変更されますが、逆さまになっているため、流れが消える回路のコイルもエネルギー生産の席になります。 だからの意味
このコイルに流れる電流は、他のコイルとは逆になります。

永久磁石の磁束分布を変化させるメカニズムは何ですか?

二重回路の分岐の1つにおけるリラクタンスの変動。 このリラクタンスの変動を得るには、飽和したフラットコイルを使用します。 実際、磁気回路の材料は、それを通る磁気誘導によって変化する透磁率を持っています。 この回路の短い長さでフラットコイルを使用して「飽和」誘導を得ると、透磁率が空気の透磁率であるようなギャップを作成します。 そのため、関連する回路に強い抵抗を生じさせます。 磁石の磁束
したがって、永久は不本意に分配され、したがって不飽和回路に有利になります。


鉄磁気回路に挿入されるフラットコイルは、その巻き数と磁気回路の断面と長さの2乗の関数となるインダクタンスを持ちます。 このインダクタンスは、磁束の瞬間的な変動に対抗します。



したがって、制御コイルの飽和磁場の確立の持続時間は、エネルギー受信コイルに現れる電気パラメータを構築します。 制御コイルの巻き数が少ないほど、エネルギー収集コイルに誘導される電圧が高くなります。 しかし、生産時間も短くなります。

MEGの効率はいくつかのパラメーターに依存します。

まず、制御コイルの飽和点を正確に計算して、コイルのオーム損失を節約する必要があります。 次に、高透磁率で渦電流による損失が少ない磁気回路材料を使用することは興味深いです。 高い透磁率を使用して、より少ない消費エネルギーで飽和アンペアターンを取得します。

平らな制御コイルは特定の直径を超えてはなりません。これにより効率が低下する可能性があります。これにより、温度が上昇しないようにオイルで冷却する必要がある高電流密度コイルが使用されます。オーミック損失と絶縁体を劣化させる可能性があります。


この時点で、制御コイルの順列がある場合、MEGはそのパワーを表現することに注意する必要があります。 実際、最初の制御コイルが直流に接続されている場合、永久磁石の変位した磁束は全磁束の半分に等しくなります。

しかし、他のコイルで切り替えられた場合、移動するのは磁束の全体であるため、エネルギー収集コイルで最大エネルギーを得ることができます。
制御コイルの費用が増加します。

エネルギー回収の実際的な理由から、同じ方向のダイオードが各収集コイルに挿入され、これにより、たとえばコンデンサやバッテリーの充電に適した同じ「パルス連続」方向の電流を得ることができます。 そうしないと、各コイルに、成長とフローの減衰に起因する一連の逆電流が流れます。 1つのコイルですべてのエネルギーを交互に取得してから、もう1つのコイルで取得します。

現時点では、接点の機械的圧力によって最適な順列が得られます
アンペアの通過は、オーム損失を抑制するための接点間の距離の逆数に関連しているためです。

最後の非常に重要な問題は、エネルギー受信コイルに誘導される逆流の管理です。 実際、受信機のコイルが負荷に接続されると、それを生成した可変流量に対抗する電流が確立されます。 この「逆流」発行
したがって、エネルギーの生成は、レシーバーコイルから来る磁束を生成します。この磁束は、二重磁気回路に道を見つける必要があります。 2パスは、このフローの通過に使用できます。永久磁石が配置されているパスと、制御コイルが配置されているパスです。 両方のパスに高いリラクタンスがあります。 磁石の経路は、外国の磁束が横切る永久磁石が
空気のかろうじて透過性はmu = 1,05です。

私たちの構造では、回路内のこの磁石の長さは25です。mmは非常に不本意です。 回路内の制御コイルの長さは10 mmであるため、制御コイルの経路の抵抗は小さくなります。

そのため、磁石を通過する制御コイルの約3倍の逆流を制御コイルに流します。または、制御コイルの誘導運動を低下させて電流を引き込む「トランス」効果飽和に戻るために外。

実際、制御コイルでは、直流の導入により飽和磁束が発生し、同時に反対の電流が発生するため、入力エネルギー消費が制限されます。 システムの制御コイルは、定常状態では4アンペア、過渡状態では1アンペアを消費しますが、
20ワットの充電。 したがって、生産の逆流は消費の逆流に対抗します。

問題を回避できます。 したがって、受信コイルでのエネルギーの生成は、それを作成した人への逆流を作成する電流の作成につながります。 このフローは
リールが出てきて、何らかの方法で戻ってくる必要があります。 したがって、低抵抗で特定のパスを作成できます。

たとえば、2番目の外部回路を受信コイルの磁気回路に取り付けることができます。その部分は、永久磁石からの磁束をあまり多く吸収しないように小さくなりますが、磁石を通過する経路よりもはるかに少ないリラクタンスの経路を持つには十分です。制御コイルの磁石。 比率は、最大エネルギーを得るために実験によって確立されたままです。 このシステムは、最小のリラクタンスに対する磁束の選好のために、逆流のごく一部がそれを通過するため、制御コイルの「トランス効果」を排除することに注意する必要があります。

レシーバーコイルで生成される強度は、生成される反対の流れの弱さによって遅くなることはないため、この新しいパラメーターは確実にユニットの状態です。

サヌリの希望?

木曜日2 2月2006。 ClimensAimé:MEGのパフォーマンスについて

昨日、彼は好奇心を持って、「マトリックス」針で12ボルトのバッテリーに接続された制御コイルの1つで電圧を測定しました。

制御コイルの順列がない場合、これらのコイルを通過する強度は4アンペア、48ワットです。 20ワットの負荷(電球12ボルト、ヨウ素20ワット)でコイルを切り替えると、制御コイルで消費される2アンペアの強度が得られます。 どちらか...

これにより、24ワットの生産で20ワットが消費されます。
パワーコイルの出力。 歩留まりは83%になります。

驚いたことに、接続された制御コイルの入力と
負荷が20ワットの順列スキームは6ボルトです。これは、12ワットの生産では20ワットの電力消費です。 これで、消費された電力がアクティブなシステムの端末で測定されることが明らかになりました。 これまでバッテリーの電圧を測定しましたが、良好な状態で充電されたバッテリーの12ボルト以外は見つかりませんでした。 バッテリーと反対の「逆電圧」は、MEGの動作からのみ発生し、受動システムが消費する(接点のオーム損失による)スイッチングからは発生しません。

したがって、歩留まりは166%であり、ユニット上での物質的な現れです。

したがって、8のフリーワットのままになります。

デバイスの体積あたりのユニット電力の弱さの問題はまだ解決されておらず、電源コイルの流れに対するバイパス回路のテストを続けています。

継続するには

Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *