風:ヨーロッパで成長が続く

欧州の風力発電所の成長は2004で安定していました。設置容量は、前年の5.678 MWの成長(+ 19,7%)の後、5.411 MW(+ 23,1%)増加しました。 スペインは、新たに設置された容量の面で初めてドイツを追い越しました。イベリア半島は、ドイツの2.065(+ 33%)に対して2.037 MW(+ 14%)の艦隊を増やしました。 それにもかかわらず、後者の国は、そのヒスパニックの挑戦者のための16.620に対して、8.263 MW能力で、ヨーロッパの大部分をリードしています。 フランスは、386 MWでこれら2つのリーダーから非常に遠いままですが、公園の成長は1年で52,6%に達しました。 最後に、欧州風力エネルギー協会(EWEA)が公開したこれらの統計は、EUの10か国に風力発電所がほぼ完全になく、総容量が132 MWであることを示しています。

エコノミーノート:MWレベル(16 000)のヨーロッパのリーダーであるドイツは、実際には3200 MW、または3原子炉の平均有効電力しかありません。 実際、風力タービンは、1 / 5時間だけ公称電力で動作します。

また読みます: Lot-et-Garonneのバイオ燃料:実験は継続され、県からの反対

念のため、フランスには自立するための57原子炉があります。

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *