風力発電:成長はヨーロッパで継続


この記事を友達とシェア:

欧州の風力発電所の成長は2004で安定していた:設備容量は5.678 MWの成長前年(+ 19,7%)、以下、5.411 MW(+ 23,1%)が増加しています。 初めて、スペインがインストールされた新しい能力の面でドイツを抜いて:イベリアはドイツ2.065(+ 33%)に対して、その2.037 MWの風力発電所(+ 14%)が増加しています。 それにもかかわらず、後者の国は、ヒスパニック系の挑戦者である16.620に対して、8.263 MWのキャパシティを持つヨーロッパで大きく先行している。 フランスは386 MWを持つこれらの2つの指導者から非常に遠いですが、公園の成長は1年で52,6%に達しました。 最後に、欧州風力エネルギー協会(EWEA)によって公表統計は、欧州連合(EU)の新たに10カ国が132 MWの総容量を持つ風力発電所のほぼ完全に欠いていることを示しています。

注エコノロジー:ドイツ、インストールMW(16 000)における欧州のリーダーは、実際に3200 3 MWよりまたは原子炉についての平均有効電力です。 実際、風力タービンは1 / 5時間よりも、定格電力で動作します。

リマインダーフランス自分のニーズを満たすために57反応器を有します。


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *