インドで増加している風力

2005年900月までに、インドはタミルナドゥ州のサンカネリにアジア最大の風力発電所を持つと予想されています。 計画総出力500MWの1150基のタービンが、サヒャドリの丘の標高80mに設置されます。 インドの会社SuzlonEnergy Ltdは、高さ88 m、直径2 m、生産能力3500 MWのタービンを開発および製造し、ヨーロッパ以外で最大のタービンを構成しています。 XNUMX MWを超えるインドは、風力発電の世界第XNUMX位の生産国です。

コンタクト:
http://www.suzlon.com/index.htm
出典:The Economic Times、25 / 12 / 2004
エディター:ROBIC Erwan

また読みます:  ドイツの洪水

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *